Photoshop養成ギプス

Category画像の補正 1/1

【色調補正】ヒストグラムの読み方【階調の識別】

【Photoshop基本操作】ヒストグラムとは、画像内のピクセル分布を、明るさのレベル別にグラフ化したものです。画像内の階調をすばやく識別することによって、適切な補正を行うことに役立ちます。 黒ツブレと白トビに気をつけよう! ヒストグラムを気にせずに補正すると、暗い部分の階調が最小値になった「黒ツブレ」、明るい部分の階調が最大値になった「白トビ」を引き起こしてしまう可能性が大きくなります。こ...

  •  -
  •  -

色調補正の3つのポイント

【Photoshop基本操作】物体の形は陰影によって認識されます。明るい部分と暗い部分の陰影の差が大きくなれば、物体はより際立って見えるでしょう。逆に陰影の差が小さくなれば、物体の正確な形がイメージできなくなるかも知れません。Photoshop の色調補正ツールは、このような陰影のコントロールを基本として、色域のバランスを調整しています。陰影のコントロールポイントは、ハイライト、中間調、シャドウの3つに分けられていま...

  •  -
  •  -

色調補正ツールの概要

【Photoshop基本操作】色調補正とは、画像データをイメージどおりに調整することを示します。カメラやスキャナなどの入力機器から、パソコンへ取り込んだ「写真」に対して使われることが多く、専門的な知識やテクニックを要する作業領域です。Photoshop には、[色調補正]メニューから選べるさまざまな色調補正ツールがあります。 論理的なアプローチで挑もう! 「スライダをいじくればできる」と思っている方は...

  •  -
  •  -

特定色域の選択

【Photoshop基本操作】[特定色域の選択]とは、他の色に影響を与えることなく、特定の色だけを選んで補正することができる色調補正ツールです。カラーの構成要素はプロセスカラー(CMYK)が対象ですが、RGB 画像にも直感的な補正が簡単に行えます。 色の濁りを除去しよう! たとえば、風景写真の空を「キレイな青空にしたい」のなら、[特定色域の選択]で[シアン系]の色域を増やせば、薄く霞んだ空でも濃い青...

  •  -
  •  -

シャドウ・ハイライト

【Photoshop基本操作】[シャドウ・ハイライト]とは、画像を単に明るくしたり暗くしたりするだけでなく、設定したシャドウ部分、またはハイライト部分の領域で、それぞれを調整できる機能です。たとえば、逆光で被写体が暗くなった画像の影の部分を起こす場合に適しています。 基本がわかる!色調補正の考え方 基本がわかる!色かぶりの補正 レベル補正の操作方法 トーンカーブの操作方法 緑の葉を秋らしく紅葉させる ...

  •  -
  •  -

レベル補正の操作方法

【Photoshop基本操作】[レベル補正]とは、Photoshopの中核を担う色調補正ツールで、画像内のピクセル分布をグラフ化したヒストグラムを表示し、シャドウ、中間調、ハイライトの照度レベル(階調)をスライダで統合的に調整できます。 基本がわかる!色調補正の考え方 基本がわかる!色かぶりの補正 基本がわかる!シャドウ・ハイライト 特定色域の選択 トーンカーブの操作方法 ヒストグラムで現在を知る!...

  •  -
  •  -

トーンカーブの操作方法

【Photoshop基本操作】[トーンカーブ]とは、[レベル補正]の調整点(シャドウ、ハイライト)に加え、最大14個所のポイントを調整することができる「画像補正の最強ツール」です。 カーブ操作で感覚的に補正できる反面、機能が複雑で理解するのが難しいツールでもあります。 基本がわかる!色調補正の考え方 基本がわかる!色かぶりの補正 基本がわかる!シャドウ・ハイライト 特定色域の選択 レベル補正の操作方法 ...

  •  -
  •  -