Photoshop養成ギプス

Category逆引きリファレンス 1/7

【選択範囲】明るさの違いで幅広い階調を選択する【演算】

【Photoshop講座】画像の特定の領域を選択したいとき、どのような考え方で挑みますか? 大まかには色の違い(色域)で選択する方法と、明るさの違い(明度)で選択する方法に分けられます。色の違いはわかるけど、明るさの違いはその方法も含めて、あまりピンと来ませんよね? 色の影響を受けずに明るさの違いだけで、幅広い階調の選択範囲を作成しましょう。 グレースケールで領域を分ける! 色の違いには色相、...

  •  -
  •  -

【レタッチ】細部の修正と全体確認を同時に行う【ウィンドウの2アップ】

【Photoshop講座】[コピースタンプツール]などで画像修正を行うとき、修正結果を確認するため、ウィンドウのズームイン・ズームアウトを頻繁に繰り返すことが多いです。作業用(拡大)と確認用(縮小)のウィンドウを同時に表示しておけば、全体の仕上がりを確認しながら、細部の修正が効率よく行えます。 同じドキュメントを複数開く! [ウィンドウ]メニューの[アレンジ]には、同じドキュメントを複数開く...

  •  -
  •  -

【レタッチ】人物を移動して背景を穴埋めする【コンテンツに応じた移動ツール】

【Photoshop講座】ひとつの画像内で、人物などを切り抜いて移動させると、移動元の箇所にポッカリ穴が開いてしまいます。[コンテンツに応じた移動ツール]は、選択範囲をドラッグするだけで、移動元の穴埋めと移動先の境界線を何もなかったように自動修復する驚くべきツールです。 境界線の拡大を定義しよう! 魔法のようなツールと言えども、対象となる素材により万能ではありません。そのパフォーマンスを最大...

  •  -
  •  -

【レタッチ】青空に飛ぶ不要な鳥を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【Photoshop講座】比較的に大きな対象物を消したい場合は、[コピースタンプツール]を活用することが多くなりますが、修正個所が青空のようなグラデーションで変化した色だと、微妙な濃淡が合わせにくく、消し跡が残ってしまうことがあります。そんなときは、適切なブラシの設定を行った[スポット修復ブラシツール]を試してみましょう。 1.5倍のブラシ直径を設定する! 対象物の大きさが違うのに、同じサイズの...

  •  -
  •  -

【画像合成】テレビ画面にぴったりはめ込む【スナップ】

【Photoshop講座】テレビ画面などのはめ込み合成では、[選択範囲内へペースト]を使用して、領域内の画像を変形する手法がポピュラーですが、これだと目測に頼る細かい位置合わせが必要になります。これからご紹介するのは、オブジェクトのスナップ機能を利用して、ぴったりスピーディに変形する方法です。テレビの映り込みもリアルに表現できて一石二鳥です。 画面比率を合わせておく! 私は何百回とはめ込み合...

  •  -
  •  -

【画像編集】足りない背景を一瞬で増やす【コンテンツに応じて拡大・縮小】

【Photoshop講座】決められた仕上げサイズに対して、主体を活かした適切なトリミングを行おうとすると、素材画像の幅や高さが少し足りないことがあります。そんなときは[コンテンツに応じて拡大・縮小]を活用すると、背景のサイズを簡単に拡大して、足りない部分を増やすことができます。 変形から主体を保護しよう! [コンテンツに応じて拡大・縮小]は、足りない部分をよく似たピクセルで穴埋めする機能です...

  •  -
  •  -

【カラー設定】埋め込まれたプロファイルの不一致の対処法【sRGB】

【Photoshop講座】ドキュメントを開くと、[埋め込まれたプロファイルの不一致]というアラートが表示されて、そのまま[OK]をクリックしていませんか? 埋め込みプロファイルを使用することが原則とされているので、これはこれで間違ってはいませんが、なんか不安ですよね? 実はプロファイルを保持することって、時と場合によることなんです。 中身を変えて外身を合わせる!? カラープロファイルの設定を簡単に...

  •  -
  •  -

【効果】特定画像の色調に一発変換する【カラーの適用】

【Photoshop講座】たとえば、全体的に赤味や青味を強くする色調補正は可能ですが、そこに存在しないカラーを部分的に強くすることは大変難しいです。[カラーの適用]を使用すると、静寂の青い海をエネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。 調整ではなく変換する機能! ほとんどの色調補正ツールは、カラーの成分を増減させて調整するものです。[カラーの適用]の特徴が大きく異なっているところは、別...

  •  -
  •  -

【選択範囲】レイヤー内でオブジェクトを複製する【移動ツール】

【Photoshop講座】画像をコピー&ペーストすると、レイヤーは自動的に作成されます。画像編集には欠かせないレイヤーですが、それがわずらわしい場合もありますよね? そんなときは、[移動ツール]のショートカットキーを試してみましょう。移動した箇所に元画像を残し、新しいレイヤーを作成することなく、複製画像を自由に配置することができます。 複製と移動を同時に行う! たとえば、同じ画像をスタンプのよ...

  •  -
  •  -

【色調補正】一部のカラーを残してモノクロにする【色域指定】

【Photoshop講座】白黒写真の主体だけをカラーにするには、面倒な選択範囲やマスクを作成しなければなりませんが、処理する画像のカラー構成によっては、その領域を簡単に抽出することができます。色の系統で選択範囲を指定できる[色域指定]を活用して、違和感のない自然な型抜きを表現しましょう。 色の系統で残す! 選択ツールなどで、残したいカラー領域をフリーハンドで作成すると、境界線が不自然になった...

  •  -
  •  -