Photoshop養成ギプス

Categoryレイヤーの操作 1/1

調整レイヤーの種類と作成方法

【Photoshop基本操作】調整レイヤーとは、ドキュメントやレイヤー単位で色調補正が行えるオプション機能です。調整レイヤーを作成すると、元画像の内容をそのまま保つことができ、設定した後でも再編集が加えられるので大変便利です。 クリッピングとマスクで広がる表現力! 調整レイヤーにクリッピングマスクを設定すると、下のレイヤーの透明部分、またはレイヤーマスクで隠された部分には、影響を与えない調整...

  •  -
  •  -

クリッピングマスクの設定方法

【Photoshop基本操作】[クリッピングマスクを作成]とは、レイヤーのオプション機能のひとつです。[クリッピングマスクを作成]を設定すると、背面以外のレイヤーに影響を及ぼさないレイヤー(塗りつぶしまたは調整レイヤーを含む)を作成することができます。シェイプや文字などように、オブジェクト以外の領域に透明部分が含まれていると、その形状のみに前面のレイヤーが適用されるので、レイヤーマスクのような働きで表示領...

  •  -
  •  -

レイヤーをリンク

【Photoshop基本操作】[レイヤーをリンク]とは、複数のレイヤーに分かれたオブジェクトをリンクさせ、変形や移動などの編集を同時に行うことができる機能です。 複数のレイヤーを選択する操作を覚えよう! [レイヤーをリンク]という機能は、たとえば、同時に2枚のレイヤーを移動したいときに、リンクアイコンを付けておけば一緒に動かせるといったもの。機能はいたってシンプルですが、意外に苦戦するのはレイ...

  •  -
  •  -

描画モードの種類と特性

【Photoshop基本操作】レイヤーとレイヤーの重なり条件を選択できる高度な機能で、画像合成のさまざまな表現が設定できます。描画モードを設定できる画像は、Photoshop で現在作業中のレイヤーを含む画像、または Photoshop 形式(.psd)で保存されたレイヤーを含む画像に限られます。 特性を大別して知ろう! 描画モードは片っ端から変えてみる…捉え方は、人により画像により千差万別です。描画モードはカンタン...

  •  -
  •  -

レイヤーの作成と編集

【Photoshop基本操作】[レイヤー]パネルは、レイヤーに関するすべての操作が直感的に行えます。ドラッグ&ドロップで複製や削除を行ったり、レイヤーの重ね順を入れ替えたり、詳細な設定ができるダイアログを表示させたり自由自在です。 メニューコマンドは使わない? 操作方法を文章で解説する場合、正確に伝わるのでメニューコマンドを使用しているわけですが、レイヤーに関しては、ほとんど使うことはありま...

  •  -
  •  -

塗りの不透明度

【Photoshop基本操作】レイヤースタイルの効果には影響を与えず、ピクセルがある塗りの部分の不透明度だけを調整することができます。塗りの不透明度を調整できる画像は、Photoshop で現在作業中のレイヤーを含む画像、または、Photoshop 形式(.psd)で保存されたレイヤーを含む画像に限られます。 画像には実像と効果が存在する! 「フツウの不透明度とどこがちがうの?」とか、何かと難解な部分がある塗りの不...

  •  -
  •  -

レイヤーの不透明度

【Photoshop基本操作】レイヤー単位で不透明度を調整できます。不透明度の率を下げると透明度が増し、背景の画像とブレンドされます。レイヤーの不透明度を調整できる画像は、Photoshop で現在作業中のレイヤーを含む画像、または Photoshop 形式(.psd)で保存されたレイヤーを含む画像に限られます。 画像が透けると背景が見える! 「半調(はんちょう)」という、特殊な製版テクニックは昔からありましたが、非...

  •  -
  •  -

レイヤーの基本

【Photoshop基本操作】レイヤーとは、画像のパーツを層に分ける「透明シート」のようなものです。画像を含まない部分では、背面のレイヤーが透けて見えます。レイヤーに含まれる画像や、レイヤーマスク、レイヤーグループなどを視覚的に管理できるのが[レイヤー]パネルです。 直感的に操作してみよう! 操作のほとんどがココに集約されています。直感的に操作できる[レイヤー]パネルは、驚くほどのパフォーマ...

  •  -
  •  -