Photoshop養成ギプス

CategoryPhotoshop講座 1/14

【ロゴ】フォントでつくる!コピー機でつぶれたタイプ文字

【Photoshop講座】既成書体を劣化させる手法は、タイトルや商品名などに幅広く使われています。比較的簡単に作成でき情緒的なイメージを演出できますが、可読性が低くなるというデメリットも持ち合わせています。何度もコピー機を通して文字がかすれつぶれてしまったようなロゴを作成しましょう。 複数のフィルタで文字を劣化させよう! 全体のフォルムを[はね]フィルタで崩して、[メゾティント]フィルタで「...

  •  -
  •  -

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキのエンブレム

【Photoshop講座】たとえば、実際の製品に付けられたロゴをグラフィック表現しなければならない場合、その材質や質感のイメージを損なうことなく、アレンジするテクニックが求められます。乗用車や家電製品に多く見られる「メッキのエンブレム」は、その代表的なものです。リアルなメッキの光沢感をグラフィック表現しましょう。 エッジの側面に乱反射をつくる! 金属メッキの大半は、グラデーションによる平面的...

  •  -
  •  -

【テクスチャ】ゼロからつくる!豪華な天然大理石【2】

【Photoshop講座】ランダムに生成される[雲模様 1]をベースに、大理石風のマーブル模様を抽出して、[ラップ]で重厚な結晶の質感を加えます。ギリシャ建築のような贅を尽くした高級石材をイメージして仕上げましょう。 結晶の透明感を表現しよう! 重ね合わせたマーブル模様に、それぞれ異なる色を設定して、色の深みを出すとともに結晶の透明感を表現します。描画モードによって画像はカンタンに合成できます...

  •  -
  •  -

【テクスチャ】ゼロからつくる!豪華な天然大理石【1】

【Photoshop講座】ランダムに生成される[雲模様 1]をベースに、大理石風のマーブル模様を抽出して、[ラップ]で重厚な結晶の質感を加えます。ギリシャ建築のような贅を尽くした高級石材をイメージして仕上げましょう。 平坦な断面を意識しよう! ランダムに描かれた模様を際立たせることで、起伏を感じさせないベースをつくり、同様の模様を縦横無尽に重ね合わせ、より起伏感を分散させるよう意識して作成しま...

  •  -
  •  -

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた鉄扉【3】

【Photoshop講座】画像の粒子を[ベベルとエンボス]で隆起させ、塗料の剥がれたリアルな錆色を[グラデーションマップ]で表現します。グレースケール(モノクロ)画像を着色する観察力を身につけましょう。 レイヤースタイルをとことん使おう! 立体的な効果が簡単に作成できる[ベベルとエンボス]は、数値を探りながら最適な設定ができるゴキゲンな機能です。細かい粒子でも起きてくれます。...

  •  -
  •  -

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた鉄扉【2】

【Photoshop講座】画像の粒子を[ベベルとエンボス]で隆起させ、塗料の剥がれたリアルな錆色を[グラデーションマップ]で表現します。グレースケール(モノクロ)画像を着色する観察力を身につけましょう。 色付けのために階調を増やしておく! ゴツゴツした質感を出そうとすると、どんどん階調範囲は狭くなっていくものです。その対象が細かいノイズだったら、さらにその範囲は限定されてしまうでしょう。あら...

  •  -
  •  -

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた鉄扉【1】

【Photoshop講座】画像の粒子を[ベベルとエンボス]で隆起させ、塗料の剥がれたリアルな錆色を[グラデーションマップ]で表現します。グレースケール(モノクロ)画像を着色する観察力を身につけましょう。 フィルターの掛け合わせで質感をつくる! 粗い粒子と細かい粒子を組み合わせて、鉄錆特有のゴツゴツした質感をつくります。といっても、これは黒やら白への階調で表した「マップ」と呼ばれる平面的な画像...

  •  -
  •  -

【テクスチャ】ゼロからつくる!逆光の雲

【Photoshop講座】ランダムに生成される[雲模様1]フィルターをベースに、[トーンカーブ]と[グラデーションマップ]を活用して逆光の雲形を起こします。ポイントはズバリ空色。驚くほど簡単に、しかもリアルに作れる方法をご紹介しましょう。 観察力をカタチにしよう! 雲みたいだから「雲模様」なのだけれど、そこへ命を吹き込むには、日頃の観察力から得た「法則」が必要です。雲のどこが明るくてどこが暗い...

  •  -
  •  -

【ロゴ】フォントでつくる!飛び出す効果のシャドウ文字

【Photoshop講座】文字の立体的なシルエットを図形化したシャドウ文字は、既成書体でも見られるほどポピュラーな技法です。シャドウ幅を長くすることで文字列の一体感を高め、配色でより印象的なシャドウ文字を作成しましょう。 文字のシルエットからシャドウをつくろう! 立体的な押し出しは、文字のシルエットを[ぼかし(移動)]フィルターでぼかし、[レベル補正]で極端なコントラストをつけると簡単に作成...

  •  -
  •  -

【作業用パス】選択範囲からパスやシェイプを作成する【許容量】

【Photoshop講座】パスやシェイプで作成したベクトル画像は、データ容量を軽減でき、どんなドキュメントサイズでも劣化なく対応できるメリットがあります。しかし、パスやシェイプで複雑なアートワークを作成するのは、テクニックも必要ですし手間もかかります。たとえば、画像を2階調化する処理なら、選択範囲から簡単にパスやシェイプを作成できます。 曖昧な境界線を明確にできる! 選択範囲からパスを作成する...

  •  -
  •  -