Photoshop養成ギプス

【フォント】フォントファミリー

-
psgips
【フォント】フォントファミリー
【グラフィックデザイン】フォントファミリーとは、タイプフェイス(書体デザイン)が同じものをひとつにまとめたフォント名(書体名)の総称です。和文書体では、「明朝体」や「ゴシック体」に代表されるような書体が持つ印象があり、紙面をデザインする上で、イメージに合った書体を選ぶことは、極めて重要な作業となります。
代表的なデザイン要素を知ろう!
星の数ほどあるフォント。デザインの現場では、すばやい意思疎通のために、具体的なフォント名よりも、フォントファミリー(フォント名)を区分する総称がよく使われます。まず、フォントを形成する代表的なデザイン要素を知っておきましょう。
フォントファミリーを形成する主な系統名
フォントファミリーは、書体デザインの系統名で区分されています。そのルーツを大別すると、和文書体では「ゴシック体」と「明朝体」。欧文書体では、「サンセリフ」と「セリフ」があり、フリーハンドで描いた筆跡からデザインされたものや、シンプルな直線や曲線を用いてデザインされたものなどが存在します。フォントファミリーの大まかな系統名が使用される場合も多いので、まず、代表的な区分を覚えておきましょう。
ゴシック体
ゴシック体とは、セリフやウロコの付いていない書体を示し、主に和文書体で区分される名称です。単純化された図形的要素で可視性が高く、本文や見出しに広く使われています。(反)明朝体
明朝体
明朝体(みんちょうたい)とは、和文書体で区分される名称で、ウロコが付いた横線より縦線が太いのが特徴です。形状にメリハリがあるので可読性が高く、新聞や雑誌など比較的小さな文字を扱う本文に多く使われています。(反)ゴシック体
ゴシック体と明朝体
ゴシック体と明朝体
サンセリフ
サンセリフとは、セリフの付いていない書体のことをいい、単純化された図形的要素の高い書体に多く用いられ、現代的でシャープなイメージを持ちます。欧文書体はセリフとサンセリフに大きく区分されます。和文書体の明朝体はセリフ、ゴシック体はサンセリフと区分してもいいでしょう。(反)セリフ
セリフ
セリフとは、欧文書体の文字の端に付くインク溜めのような部分で、「ひげ飾り」と呼ばれることもあります。和文書体ではウロコと呼ばれ、古典的な書体イメージには欠かせないデザイン要素です。セリフの発祥は紀元前にもさかのぼり、石彫された文字にできる亀裂が原型だとする説が有力です。(反)サンセリフ
no139_02.jpg
サンセリフとセリフ
アルファベットの起源は?
紀元前1050年頃にフィニキア人が使用していた「フィニキア文字」が起源とされているようです。海洋商業民族の彼らは、22個の簡略図形を用いて伝達方法とし、現代の文字体系の多くに派生したそうです。
スクリプト
スプリクトとは、欧文書体のフリーハンドで書いたようなデザインに区分される名称です。カリグラフィと呼ばれることもあり、和文書体では「行書体」や「草書体」に該当します。
スクリプト
スクリプト
ブラッシュ
ブラッシュとは、欧文書体の筆や刷毛で書いたようなデザインに区分される名称です。和文書体では「楷書体」や「隷書体」に該当します。
ブラッシュ
ブラッシュ
ブラックレター
ブラックレターとは、西洋の書道的な「カリグラフィ」が発祥とされる、装飾的な筆記体のことをいいます。
ブラックレター
ブラックレター
オールド・フェイス
オールド・フェイスとは、セリフ系書体の古典的なデザインで、優雅で気品のあるイメージと、セリフの中央部分が少し窪むなど、全体にゆるやかな曲線で構成されているのが特徴です。
オールド・フェイス
オールド・フェイス
トラディショナル
トラディショナルとは、オールド・フェイスとモダン・フェイスの中間に位置するセリフ系書体です。本文、見出しを問わず、最も広く活用されているスタンダードデザインです。
トラディショナル
トラディショナル
モダン・フェイス
モダン・フェイスとは、セリフ系書体を幾何学的にデザインしたもので、セリフ部分が細い直線で構成されているのが特徴です。
モダン・フェイス
モダン・フェイス
クラレンドン
クラレンドンとは、セリフ系書体にゴシック体の要素を加えたような力強いデザインで、セリフ部分が矩形で構成されているのが特徴です。
クラレンドン
クラレンドン
続きは↓下の番号をクリック!
関連記事
psgips
Posted bypsgips