Photoshop養成ギプス

フォーマット(保存形式)

-
psgips
フォーマット(保存形式)
【Photoshop基本操作】フォーマット(保存形式)とは、アプリケーションソフトやパソコンなどの異なる環境において、互換性・汎用性を持たせるためのファイル形式です。[別名で保存]ダイアログには、さまざまなフォーマットが用意されています。
まずは「Photoshop形式」で!
Photoshop のすべての機能が保持できる「Photoshop 形式」に勝るものはありません。「Photoshop 形式」で保存したファイルを元データにして、各フォーマットへ変換することが最もポピュラーです。しかし「Photoshop 形式」は、ファイル容量が大きくなることが多く、最大 2 GB までしかサポートされていませんので注意が必要です。
ドキュメントの保存
新規に作成したドキュメントの保存、編集を加えた画像を上書き保存したい場合は、次の操作を行います。
[ファイル]→[保存]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[S]
別のファイル名や別の保存形式などに変更して保存したい場合は、次の操作を行います。
[ファイル]→[別名で保存]
ショートカットキー:[shift]+[command(Ctrl)]+[S]
どちらのコマンドを選択しても、[別名で保存]ダイアログが表示されます。[別名で保存]ダイアログで、まず、ドキュメントを保存する場所を設定します。保存形式を設定する項目は[フォーマット]です。
[別名で保存]ダイアログで[フォーマット]を設定
[別名で保存]ダイアログで[フォーマット]を設定
初期設定では[Photoshop]が設定されています。保存形式に何を設定していいかわからない場合は、[Photoshop]のままにしておいてください。[保存]に保存オプション(任意)、[カラー]にカラープロファイルの埋め込み(任意)を設定し、[保存]をクリックします。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
設定できる主なフォーマット
[別名で保存]ダイアログには、画像ファイルの保存に関するさまざまなフォーマットが用意されています。フォーマットには、専門的なものや特殊なものも含まれているので、すべてを知る必要はありません。まずは、一般的によく使われているフォーマット形式の名前(ファイル名の後に付く拡張子)と用途を確認しておきましょう。
Photoshop
Photoshop
Photoshop の標準的な保存形式で、作成したレイヤーやアルファチャンネル、パスなどが、ひとつのファイルに保存できます。拡張子は「.psd」。
CompuServe GIF
CompuServe GIF
GIF(ジフ)とは、保存できる色を256色(8ビット)以内に制限することで、ファイルサイズを小さくできる保存形式です。拡張子は「.gif」。
Photoshop EPS
Photoshop EPS
EPS(イーピーエス)とは、ベクトル画像、ビットマップ画像の両方のデータを保持できる、主に印刷用の保存形式です。拡張子は「.eps」。
JPEG
JPEG
JPEG(ジェイペグ)とは、連続した階調を持つカラー画像を対象とした、ファイルを圧縮する最もポピュラーな保存形式です。拡張子は「.jpg」、または「.jpeg」。
Photoshop PDF
Photoshop PDF
PDF(ピーディーエフ)とは、コンピュータ間でファイルを電子的に配布するための、ISO により標準化された保存形式です。拡張子は「.pdf」。
PNG
PNG
PNG(ピング)とは、フルカラーの表現と透明部分の属性を備えた、画質がまったく損なわれない可逆圧縮方式のファイル保存形式です。拡張子は「.png」。
TIFF
TIFF
TIFF(ティフ)とは、符号化方式が異なるものをひとつのファイルにまとめた、アプリケーションソフトに依存しない保存形式です。拡張子は「.tif」。
選択した[フォーマット]により、有効な保存オプションは異なります。
関連記事
psgips
Posted bypsgips