Photoshop養成ギプス

欧文書体の基準線

-
psgips
欧文書体の基準線
【グラフィックデザイン】欧文書体の基準線とは、文字の構造を表すために引かれた仮想の線です。アルファベットの大文字と小文字には、それぞれ異なった高さや配置場所があるので、それらを統一して見やすくデザインするため、5つの基準線が定められています。
ベースラインの位置を知ろう!
欧文書体の「ベースライン」は、「フォントサイズ(文字の高さ)」の中間にあります。これは、小文字の「j」や「p」のように、下に飛び出した部分があるからです。大文字だけで構成された文字列の場合、下の部分はありませんが、このように見えない部分もフォントサイズに含まれていることを意識しましょう。
欧文書体の文字構造を知る
欧文書体とは、ラテン文字のアルファベットを指しています。アルファベットは他の文字体系に比べ、造形が最も単純化されている文字です。そのためデザインも成熟しているとされ、視覚的にアピールする場面では、世界中で広く使われています。ひとつの文字のデザインは、その他の文字と共通したルールで形成されています。その基本的なものに、欧文書体の基準線があります。
欧文書体の特徴的なデザイン要素
欧文書体の特徴的なデザイン要素
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
欧文書体の5つの基準線
アルファベットには大文字と小文字、さらには「x」、「h」、「y」のような高さの違いがあります。それらの高さに当てはまる5つの基準線を定め、文字の高さの統一を行い、文字列がスッキリ見えるように設計されています。これらの基準線の位置は、同じ書体で統一して用いられるもので、他の書体では、同じボディサイズでデザインされていても、ベースラインを除き、それぞれに異なっています。
欧文書体の基準線
欧文書体の基準線は、小文字の「x」を基準にした「x ハイト」を中心に定められています。
クロスバーの位置は「x ハイト」
小文字の「f」と「t」のクロスバーは、「x ハイト」の高さに設定されています。
ベースライン
ベースラインとは、欧文書体の基準となる線で、大文字の底部を示します。フォントを入力する際に表示される線が「ベースライン」にあたります。
アセンダライン
アセンダとは、欧文書体の小文字「b」、「d」、「f」、「h」、「k」、「l」、「t」の7文字の「xハイトライン」から、最高部までの領域を示し、その基準線を「アセンダライン」といいます。
ディセンダライン
ディセンダとは、欧文書体の小文字「g」、「j」、「p」、「q」、「y」の5文字の「ベースライン」から、最底部までの領域を示し、その基準線を「ディセンダライン」といいます。
x ハイトライン
x ハイトとは、欧文書体の小文字「x」の天地を基準とした高さを示します。「x ハイトライン」はその高さの基準線です。
キャップライン
キャップラインとは、欧文書体の「アセンダライン」より少し下に設ける、実質的な大文字の最高部を示します。
基準線とボデイサイズの関係
当然なことですが、欧文書体の基準線は、書体(フォント)をデザインするときに活用するものです。しかし、基準線には決まりがないので、それぞれに定義していかなければなりません。まず、ベースラインを引き、小文字の「x」を基準にした「x ハイト」を示す x ハイトラインを引きます。ここまでは簡単ですね。難しいのはここからです。
欧文書体の場合、大文字と小文字を含めた、アセンダラインからディセンダラインまでの高さがボディサイズです。たとえば、ボディサイズが72ポイントなら、25.4mm、1インチです。ボディサイズから文字がはみ出してはいけません。たとえば「C」や「G」のように、仮想ボックスから天地がはみ出すデザインであっても、アセンダラインからディセンダライン以内に収めなくてはなりません。小文字の文字幅は大文字の60〜80%くらいが一般的です。
関連記事
psgips
Posted bypsgips