Photoshop養成ギプス

ロゴタイプ

-
psgips
ロゴタイプ
【グラフィックデザイン】ロゴタイプとは、言葉の象徴を意味します。文字を使って企業名や商品名をデザインしたシンボルです。一般的には「ロゴ」と略されて使われていることが多いです。
コンセプトを視覚的に表現する!
ロゴを制作するとき、最初に何を考えるべきでしょうか?造形のユニークなアイデアやデザインセンス、色彩感覚も極めて重要ですが、まず、そのロゴに課せられた役割や目的を十分に知りましょう。企業に求められるイメージの多くは、伝統や安定感など「信頼」に結びつくもので、ブランドに求められるイメージの多くは、先進性やスピード感など、「衝動」に結びつくものと考えられます。
ロゴタイプとシンボルマーク
ロゴの形態を区分けすることは難しいですが、大別するとロゴタイプとシンボルマークに分けられます。ロゴタイプは、企業やブランド名などのデザインされた文字列のことをいい、シンボルマークはアルファベットや絵柄などを用いた象徴的な図案のことをいいます。これらを総称して「ロゴマーク」と呼ばれることもあります。
ロゴタイプとシンボルマーク
シンボルマーク
アルファベットや絵柄をモチーフにデザインされたマークです。
ロゴタイプ
企業名やブランド名などを象徴する可読性の高い文字列です。
ステートメント
スローガンやアピールポイントを簡潔にまとめた文字列です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ロゴとは何かを考える
「ロゴ」とは、ロゴタイプ(Logo:言葉 / type:活字)の省略語で、語源は活版印刷の「連字活字」に由来しています。連字活字は、よく使う固有名詞などの1単語分をつなげたもので、その目的は作業効率を図るためのものでしたが、1単語分のスペースを自由に使えるため、活字にはないユニークな表現が可能になりました。
文字列のデザインを定義する
ロゴは、企業名やブランド名などに幅広く用いられています。その目的は、他の対象物と差別化を図り、形のない考え方や価値観などをアピールすることにあります。語源から「書体デザイン」と混同されることもありますが、文字列全体の造形や空間などをデザイン、定義したものがロゴタイプです。
CIマニュアルによるロゴタイプの割り出し例
CIマニュアルによるロゴタイプの割り出し例
活版印刷(かっぱんいんさつ)
鉛でつくられた活字を1文字ずつ組んで刷版とする印刷方法。その歴史は古く、世界的なルーツは11世紀頃までさかのぼる。日本では江戸時代初期、木版から発展した書物が一部確認されている。
企業イメージを統一する
ロゴの役割として、その代表的なものにコーポレート・アイデンティティ(略称:CI)という考え方があります。社会に対して生活環境の価値を供給するのが企業の役割で、社会はその情報を一般化し共有します。これらの考え方に基づいて制作されたロゴは、企業や製品の特性、理念を簡潔に表現するものとして、視覚的にわかりやすく、記憶に残りやすいデザインが追求されています。
CI戦略の概念図
CI戦略の概念図
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ロゴ制作の流れを把握する
ロゴ制作のスタートは、クライアントからの発注コンペの告知を受け、諸条件の説明を聞くことから始まります。詳細な内容を詰めるヒアリング、現状の市場動向をリサーチすることを経て、いよいよラフ案の作成です。
ロゴ制作の場合、細かいニュアンスの表現が必要になることもあり、ラフ案と言えどもしっかり造形を整えなければなりません。プレゼンテーションでは、シグネチャーやコーポレートカラー、名刺や封筒、企画書などのデザイン展開例を加えると効果的な場合もあります。ラフ案の作成は極めて重要です。ラフ案を数多く作成することは、より良い結果を生む秘訣になるでしょう。
ロゴ制作の流れ・オリエンテーション
オリエンテーション
クライアントからの諸条件(対象物、理念、デザイン展開、スケジュール、予算など)が提示され受注、または複数のデザイナーで競うコンペに参加します。
コンペ
コンペティション(competition)の略語で、他者と競合して制作物や作品を提出し、優れたものが選出されること。一般公募のものもあるが、特定の業者、デザイナーによって競合されることが多い。
ロゴ制作の流れ・ヒアリング
ヒアリング
受注内容について、企業の担当者などから詳しく説明を受けたり、市場動向の現状や対策と照らし合わせ、コンセプトや制作意図、要望などの確認を行います。
ロゴ制作の流れ・リサーチ
リサーチ
市場ではどのようなロゴがあるか資料を集め、その効果やデザイン展開、イメージカラーなどを分析し、相対させて独自の方向性を探ります。
ロゴ制作の流れ・ラフ案の作成
ラフ案の作成
紙に鉛筆で描いたメモなどで複数の方向性を想定し、それぞれの方向性に対してデザインを派生、造形を整えながら最終案を絞り込んでいきます。
ロゴ制作の流れ・プレゼンテーション
プレゼンテーション
作成したラフ案に展開例なども加え、クライアントに提出し、それぞれの制作意図やポイント、予測される効果などを説明します。
ロゴ制作の流れ・システム構築
システム構築
ラフ案の中からクライアントがロゴを決定し、名刺や封筒などへの展開をデザインします。デザイン上の取り扱いを記したCIマニュアルも作成します。
ステートメントとシグネチャー
ロゴタイプとシンボルマークの他に、ロゴの主な構成要素として、企業のスローガンや製品のアピールポイントを挿入したものもよく見られます。これらは用途により、タテ組みやヨコ組みなどに構成して使い分けられます。このような組み合わせのバリエーションを「シグネチャー」といいます。
ロゴタイプとシンボルマークのシグネチャー例「不動産会社」
不動産会社のシグネチャー例
ロゴタイプとシンボルマークのシグネチャー例「不動産会社」
ロゴタイプとシンボルマークのシグネチャー例「コンサルタント会社」
コンサルタント会社のシグネチャー例
ロゴタイプとシンボルマークのシグネチャー例「コンサルタント会社」
コーポレートカラー
CI の考え方により定められた企業のイメージカラー。主にロゴタイプやシンボルマークに使用され、通常2〜3色が指定される。CI マニュアルで詳細な色見本(表色)や使い方などが記載される。
関連記事
psgips
Posted bypsgips