Photoshop養成ギプス

保存オプション

-
psgips
no18_00.png
【Photoshop基本操作】保存オプションとは、[別名で保存]ダイアログの設定項目です。アルファチャンネルやレイヤーを保持するなど、フォーマットに応じて有効なオプションを追加することができます。
レイヤーだけは見逃すな!
ありがちな失敗は、うっかり、レイヤーをサポートしていないフォーマットで保存してしまい、せっかく作成したレイヤーの情報が失われてしまった…ということです。保存するフォーマットの確認と、保存オプションの確認は、くれぐれもお忘れなく!
[別名で保存]ダイアログの保存オプション
[別名で保存]ダイアログの[保存]では、保存するドキュメントに含まれているオプションが確認できます。ほとんどの項目は、「Photoshop 形式」で有効になるもので、有効 / 無効の設定はチェックボックスで行います。
[ファイル]→[保存]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[S]
[ファイル]→[別名で保存]
ショートカットキー:[shift]+[command(Ctrl)]+[S]
[別名で保存]ダイアログ
[別名で保存]ダイアログ(部分)
複製を保存
オプションを有効にすると、ファイルのコピーを保存します。
アルファチャンネル
オプションを有効にすると、すべてのアルファチャンネルが保持されます。
レイヤー
オプションを有効にすると、すべてのレイヤーが保持されます。
注釈
オプションを有効にすると、すべての注釈テキストが保持されます。
スポットカラー
オプションを有効にすると、すべてのスポットカラーチャンネルが保持されます。
該当する項目に保持する情報がない場合は、チェックボックスが半調表示されて設定できません。
非対応のフォーマット形式
選択した[フォーマット]に保存オプションが対応していない場合は、該当する項目に警告マークが表示されます。たとえば、レイヤーとアルファチャンネルを作成したドキュメントを JPEG 形式で保存した場合は、レイヤーとアルファチャンネルが破棄されてしまいます。
[別名で保存]ダイアログ(フォーマット)
[フォーマット]に[Photoshop]を選択すると、すべての保存オプションを保持することができるので、ドキュメントを Photoshop 形式(PSD)で保存し、JPEG 形式で保存する必要がある場合は、[Web 用に保存]などで個別に出力することをオススメいたします。
関連記事
psgips
Posted bypsgips