Photoshop養成ギプス

色空間(カラースペース)

-
psgips
colorspace.jpg
【コンピュータ】色空間とは、移り変わる色の配列(混色)を座標で表したもので、定義された色空間の種類は数多くあります。RGB の一般的な色空間は、国際標準規格の「sRGB」と、sRGB よりも色再現領域の広い「Adobe RGB」です。
曖昧な「感じ方」の約束事である!
色の感じ方は人それぞれなので、数値(変数)で定義されたものが「色空間」です。しかし、その定義された色空間は、あらゆる用途で統一することが難しく、さまざまなものが存在しています。モニタを介して見る色は発光していて、機器による個体差も著しい…。だからせめて「カラープロファイル」くらいは、しっかり設定しておきましょう。
作業環境に応じた色空間を設定する
パソコン上での作業環境で「色空間」を設定する場合、大まかには二通りの選択肢に分かれます。それは、色空間に「sRGB」を設定するか、「Adobe RGB」を設定するかで、取り扱う画像データが「Web用」なら「sRGB」、「印刷用」なら「Adobe RGB」が適しています。基本的には[カラー設定]で、これらの「カラープロファイル」が含まれるプリセットを設定します。
色空間に「sRGB」が含まれる設定例
[Web・インターネット用-日本]は、主にインターネット関連の画像を扱う用途がある場合に推奨するプリセットです。ガンマ([Gray Gamma 2.2])がパソコン用モニタの標準値(1.00より明るい)に設定されていることと、違ったプロファイルを持った画像も「sRGB IEC61966」に変換することが特徴です。
[編集]→[カラー設定]
[shift]+[command(Ctrl)]+[K]
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラー設定]ダイアログ(部分)
初期設定の利便性とデメリット
[カラー設定]ダイアログの初期設定は、[設定]に[一般用-日本2]が設定されています。これには色空間に「sRGB」のプロファイルが含まれています。
[Web・インターネット用-日本]との主な違いは、取り扱う画像データに埋め込まれたRGBのプロファイルを保持することです。用途的には、「Web用」、「印刷用」に幅広く対応することができますが、[作業用スペース]が「sRGB」なので、印刷用データを作成する場合には、「Adobe RGB」に比べ色再現領域が狭くなります。
「Adobe RGB」をベースに使い分ける
取り扱う画像データが「印刷用」なら、色空間に「Adobe RGB」のプロファイルが含まれたプリセット、または印刷所の指示に従ったカスタム設定を行う必要があります。一般的には[設定]に「プリプレス用-日本2」を設定します。
「Adobe RGB」は「sRGB」に比べ色再現領域が広いので、「Web用」の画像データを作成する場合は、「sRGB」に変換するなどの「最適化」で対応させることも可能です。しかし、「プリプレス用-日本2」はプロ仕様なので、いろいろな面で取り扱いが難しいです。
印刷用の画像データを扱わない場合は、[一般用-日本2]、または[Web・インターネット用-日本]がオススメです。カラー設定に迷ったら、これらの代表的なプリセットを設定しておきましょう。
このアイコンが表示されたら?
非同期:Creative Cloud アプリケーションが一貫したカラー設定に同期されていません。何のことやら、さっぱりわかりませんね(笑)。
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラー設定]の非同期を示すこのアイコンは、Creative Cloud にあるそれぞれのアプリケーションの[カラー設定]が、違う設定になっていると表示されるもので、Photoshop単体で使う分には影響ないようです。それでも気になる方は、Bridge を起動し、[編集]メニューから、[カラー設定]を選択して、[カラー設定]ダイアログで、Photoshop と同じプリセットを選択してください。
関連記事
psgips
Posted bypsgips