Photoshop養成ギプス

カラーマネジメント

-
psgips
term199a.jpg
【コンピュータ】カラーマネジメントとは、IEC(国際電気標準会議)が定めたカラープロファイルによって、モニタやプリンタなど、個々の機器による色再現の違いを統一的に管理することをいいます。
「なにもしない」を理解しよう!
Photoshop の[カラーマネジメントポリシー]を要約すると、画像ファイルを開いたときに、プロファイルが一致しなかったらどうするのか? という設定です。「なにもしない」というのも、意外にポピュラーな設定だったりします。これって、正しいの?
カラーマネジメントをしないとこうなる!
カラーマネジメントに関する知識を持たなかったり、アラートが頻繁に表示されることを嫌い、わざと設定を無効にしていたりすると、以下のようなトラブルが起こる可能性があります。
モード変換で正しい色が再現できない
[RGB カラー]モードから[CMYK カラー]モードへ、異なる「色空間(カラースペース)」で変換する場合に、正確な色情報が伝わりにくくなります。
モニタとプリンタの色が合わない
加色混合で表現されるモニタと減色混合で表現されるプリンター、まったく違う性質を持ったもの同士なので、色の再現も困難になります。
[RGB カラー]モードと[CMYK カラー]モード、モニタとプリンターなど個々の機器間、その仲介役を果たすのがカラープロファイルです。
カラープロファイルを運用するさまざまな設定は、カラーマネジメントによる、機器ごとの色調整(キャブレーション)、色変換などを効率よく管理していくことで、単にキレイな色を表現することではありません。また、自分だけで完結する事柄でもなさそうです。
このアイコンが表示されたら?
非同期:Creative Cloud アプリケーションが一貫したカラー設定に同期されていません。何のことやら、さっぱりわかりませんね(笑)。
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラー設定]の非同期を示すこのアイコンは、Creative Cloud にあるそれぞれのアプリケーションの[カラー設定]が、違う設定になっていると表示されるもので、Photoshop 単体で使う分には影響ないようです。それでも気になる方は、Bridge を起動し、[編集]メニューから、[カラー設定]を選択して、[カラー設定]ダイアログで、Photoshop と同じプリセットを選択してください。
関連記事
psgips
Posted bypsgips