Photoshop養成ギプス

描画色と背景色の操作方法

-
psgips
描画色と背景色の操作方法
【Photoshop基本操作】描画色は面を塗りつぶしたり線を描いたりする「指定色」です。背景色は一部の描画系のフィルターを除き、レイヤー上で反映されることは少ないですが、ドキュメントの下地である[背景]では、[消しゴムツール]や選択範囲の消去などを行った場合に、背景色で設定されたカラーが適用されます。背景色は通常、カンバスカラー([新規]ダイアログで設定する下地色)と同じ色を設定します。
消去した部分に背景色が適用される!
「消去すればカラーがなくなる」と思っていませんか? 透明ピクセルを持たない[背景]、つまりドキュメントの下地のカラーは、ホワイトが一般的です。たとえば、この[背景]をブラックで塗りつぶし、[消しゴムツール]で部分的に消去すると、下地のカラーであるホワイトが現れます。
これは初期設定の[背景色]にホワイトが設定されているためで、実は「塗って消す」動作が行われているのです。[背景色]にレッドを設定している場合では、消去した部分にレッドが適用されます。
描画色と背景色の操作方法
ここでは[ツール]パネルで行える設定方法をご説明いたします。[ツール]パネルの下にある2つの正方形は、描画色(左上)と背景色(右下)を示し、それぞれのボックス内をクリックして[カラーピッカー]ダイアログを表示させます。
描画色と背景色のカラーボックス
描画色と背景色のカラーボックス
描画色と背景色を初期設定に戻す
クリックすると、描画色と背景色を初期設定(黒と白)に戻ります。
描画色と背景色を初期設定に戻す
描画色と背景色を入れ替え
クリックすると、描画色と背景色が入れ替わります。
描画色と背景色を入れ替え
選択レイヤーによる表示の違い
背景、または描画レイヤーの選択時は、描画色に[ブラック]、背景色に[ホワイト]が設定されています。(初期設定)
描画レイヤーの選択時
描画レイヤー選択時
調整レイヤーなどレイヤーマスクの選択時は、背景色に[ホワイト]、描画色に[ブラック]が設定されています。(初期設定)
レイヤーマスクの選択時
レイヤーマスク選択時
描画色を設定
クリックすると、[カラーピッカー]ダイアログが表示され、描画色の設定が行えます。
描画色を設定
背景色を設定
クリックすると、[カラーピッカー]ダイアログが表示され、背景色の設定が行えます。
背景色を設定
スポイトツールでカラーを設定する
[ツール]パネルから、[スポイトツール]を選択、または[option(Alt)]キーを押しながら、ドキュメント内をクリックすると、クリックした箇所のカラーが描画色、または背景色に設定できます。
描画色を透明に?
描画色を透明にしたい…という疑問には、大まかに2通りの答えが考えられます。まず、描画色や背景色そのものを透明に設定することはできません。「透明色」というものはありません。しかし、オブジェクトの背景、またはオブジェクトを透明にすることはできます。
オブジェクトをレイヤー上に配置し、既存のピクセルを選択範囲や[消しゴムツール]などで消去すると、その部分が透明になります。ただし、実際は「透明」になるわけではなく、前面の画像が消去されて、背面の画像(色)が見えることになります。透明部分の確認は、[背景]を非表示にする方法が考えられます。
このような意味合いの「透明」なら、[レイヤー]パネルの[不透明度]や[塗りの不透明度]などでもできます。[グラデーションエディター]ダイアログで設定するグラデーションには、「描画色を透明」にあたる[不透明度]の設定があります。不透明度を設定したグラデーションをレイヤー上で描画すると、透明部分を含めたグラデーションが作成できます。
Web 用の表示は、透明部分をサポートしている保存形式「GIF」、または「PNG」のファイルなどがあります。
関連記事
psgips
Posted bypsgips