Photoshop養成ギプス

カラーピッカーの設定方法

-
psgips
カラーピッカーの設定方法
【Photoshop基本操作】カラーピッカーとは、新しい描画色や背景色を作成するダイアログです。Photoshop の初期設定では、Adobe カラーピッカーを表示します。色を定義する形式には、RGB や CMYK などが選択でき、Web で使用する16進数のカラーコードも使用できます。スポイトツールやスウォッチパネルなどから、クリックするだけで簡単に新しい色を設定することもできます。
色相・彩度・明度を理解しよう!
正確な色を表すには、数値による設定が欠かせません。しかし、その数値から結果の色を想像するのは難しいですね。Photoshop のカラーピッカーでは、初期設定で HSB が選択されています。HSB は、色相・彩度・明度の数値から定義されるカラーモデルです。まずは H(色相)で、およその色の系統を知ることから始めましょう。 H(色相)の数値は、円環状のグラフ「色相環(しきそうかん)」に色が配列されているので、その角度と色の系統が理解しやすいです。
[カラーピッカー]ダイアログの概要
Photoshop のカラーピッカーは、クリックで直感的に色を指定できる大きなカラーフィールドを持っていることが特徴です。初期設定では「色相」が選択され、カラースライダーをドラッグすると、彩度と明るさを固定したまま色相が変化します。
[カラーピッカー]ダイアログ
[カラーピッカー]ダイアログ
カラーフィールド
選択されたカラーモデルの構成要素をグラデーションで表示し、任意の場所をクリックすると[新しい色]に設定されます。カラースライダをドラッグすると、選択されていない色の構成要素を固定したまま変化します。
選択ポインタ
カラーフィールド内の[新しい色]を示すポインタです。クリック、またはドラッグで変更します。
カラースライダー
選択されたカラーモデルの構成要素をグラデーションで表示し、レベルに応じた色をカラーフィルドに表示します。
カラーボックス
上段に[新しい色](カラーフィールドで選択した色など)を表示し、下段に[現在の色](以前に設定した色)を表示します。[現在の色]をクリックすると、[新しい色]に[現在の色]が適用されます。
色域外警告アイコン
このアイコンが表示されたら、選択した[新しい色]が[CMYKカラー]モードで再現が困難であることを示します。下の小さなカラーボックスをクリックすると、色域内の近似色を自動的に設定します。
非Webセーフ警告アイコン
このアイコンが表示されたら、選択した[新しい色]が[Web セーフカラー]モードでないことを示します。下の小さなカラーボックスをクリックすると、Web セーフカラーの近似色を自動的に設定します。
Webセーフカラーオプション
オプションを有効にすると、Web セーフカラー216色に制限されたカラーフィールドが表示されます。
カラーフィールド選択ボタン
カラーフィールド内に表示する色の構成要素を選択します。初期設定では HSB のH(色相)が選択されています。
カラー値
4つのカラーモデル(HSB、RGB、Lab、CMYK)の数値を表示します。数値はテキストボックスに直接入力することもでき、すべての数値は、他のカラーモデルと連動して割り当てられます。
カラーピッカーが使いにくい?
カラーピッカーの初期設定は「Adobe」カラーピッカーが使用されていますが、OS に組み込まれているカラーピッカーや、プラグインで追加したカラーピッカーなども使用することができます。設定は[Photoshop(編集)]メニュー→[環境設定]→[一般]で行います。
「Apple」カラーピッカー
「Apple」カラーピッカー
Photoshop のカラーピッカーが使いにくいとは思いませんが、[カラー]パネルと併用する方法もあります。また、[スウォッチ]パネルから色を選択できることや、[スポイトツール]で画面上のあらゆる色をサンプリングできることも意外に知られていません。
[カラーピッカー]ダイアログの[カラーライブラリ]をクリックすると、DIC、TOYO、PANTONE などがある[カラーライブラリ]ダイアログに切り替わります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
[カラーピッカー]ダイアログの操作方法
[カラーピッカー]ダイアログは、Photoshop のさまざまな機能に含まれるダイアログで、使用するカラーモデルの詳細な数値を設定したい場合に用います。カラーフィールドに表示されるカラーモデルは、HSB が初期設定されています。カラーフィールドの変更は、各カラーモデル名に付けられているラジオボタンをクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを表示する
各設定ダイアログにあるカラーボックスの[カラーを設定]、[ツール]パネルの描画色と背景色などのカラーボックスをクリックし、[カラーピッカー]ダイアログを表示します。
no207_04.jpg
描画色と背景色
テキストボックスに数値を入力する
HSB、RGB、16進コード、Lab、CMYK のカラーモデルからいずれかを選び、テキストボックスに数値を入力します。入力した数値は、他の形式にも自動的に変換されます。Photoshop では、初期設定に HSB が選択されています。
[カラーピッカー]ダイアログ
[カラーピッカー]ダイアログ
設定したカラーを適用する
[新しい色]にプレビューされた設定カラーなどを確認して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログ
[カラーピッカー]ダイアログ
カラーの設定は、[カラースライダー]をドラッグしてカラーモデルを表示し、カラーフィールド内をクリックしても設定できます。
設定したカラーを確認する
描画色と背景色などのカラーボックスが、設定したカラーに変更されていることを確認します。
描画色と背景色
描画色と背景色
HSBとは?
HSB(エイチ・エス・ビー)は、色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Brightness)によって色情報を数値化したものです。色相は「色相環」による角度で指定し、彩度、明度はパーセント(%)値で指定します。HSV(エイチ・エス・ブイ)とも言われ、「B」に変わる「V」は、同じく明度(Value)を表します。
パソコンのディスプレイを介して行う制約のもとでは、比較的に色をイメージしやすいカラーモデルなので、たとえば、CMYK を基本とする印刷媒体においても、パソコンでの作業は HSB を基本とされる場合が多いです。しかし、新規画像の作成時やモードの変更などに設定する[カラーモード]には使用できません。
関連記事
psgips
Posted bypsgips