Photoshop養成ギプス

グラデーションマップの作成方法

-
psgips
グラデーションマップの作成方法
【Photoshop基本操作】[グラデーションマップ]とは、画像の階調(グレースケール)に応じて色を付けられる機能で、詳細な色の指定は[グラデーションエディター]で行います。
階調の位置を見極めよう!
グラデーションで着色するって、いまひとつイメージが掴めませんよね。その用途は別として、写真やイラストのように多くの階調をもつ画像に対して、2色以上の色(グラデーション)を指定するだけで、さまざまな色が表現できてしまう…というのが、[グラデーションマップ]の最大の利点です。
指定するグラデーションの階調とリンクするからこその機能で、単発に色を指定したいときは使うべきではありません。でも、「ここはこの色にしたい!」のなら、そのピクセルの階調を調べ、百分率(%)に置き換えれば、簡単に指定することができます。[グラデーションマップ]の攻略は、元画像のそれぞれの階調が、「カラーバー」のどの位置にあるかを見極めることにあります。
グラデーションマップのしくみ
たとえば、カラー画像に[グラデーションマップ]を作成すると、元のカラー情報が破棄され、色相と彩度が明度に変換されたグレースケールの階調を基に、[グラデーションエディター]で設定したグラデーションの色が適用されます。
グレースケールの階調→虹色のグラデーションを適用
このレッスンの動画を配信中!
虹の卵のアブストラクト
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
グラデーションマップの作成方法
[グラデーションマップ]は、複数のダイアログを組み合わせて、詳細なグラデーションを設定する機能です。調整レイヤーで作成しておくと、設定後も再編集ができるので大変便利です。
調整レイヤーを選択する
[レイヤー]メニューから、[新規調整レイヤー]→[グラデーションマップ]を選択します。
[新規レイヤー]ダイアログを設定する
[新規レイヤー]ダイアログで、[レイヤー名]、[描画モード]などを設定して、[OK]をクリックします。
[新規レイヤー]ダイアログ
[新規レイヤー]ダイアログ
下のレイヤーだけに適用!
[下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成](バージョン6.0~7.0の場合は[下のレイヤーとグループ化])にチェックマークを入れます。
[新規レイヤー]ダイアログ(部分)
クリッピングマスクを有効にする
グラデーションエディターを開く
[グラデーションマップ]ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集]をクリックします。すると、詳細なグラデーションが設定できる[グラデーションエディター]ダイアログが表示されます。
[グラデーションマップ]ダイアログ
[グラデーションマップ]ダイアログ
バージョン 6.0 ~ CS 3 の場合は、[グラデーションマップ]選択時に[グラデーションマップ]ダイアログが開きます。
設定上の注意!
[グラデーションマップ]調整レイヤーは、[レイヤー]パネルからでも作成できます。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックして表示するポップアップメニューから選択すると、任意の調整レイヤーダイアログが表示されますが、[新規レイヤー]ダイアログは表示されません。クリッピングマスク(グループ化)や描画モードなどの設定は、調整レイヤー作成後に行ってください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
グラデーションマップの設定完了
[グラデーションマップ]の設定は、ほとんどの操作を[グラデーションエディター]ダイアログで行うので、[グラデーションマップ]ダイアログでの操作は、グラデーションプリセットを利用したい場合や、グラデーションを逆方向にする設定などに限られています。
設定したグラデーションを確認する
[グラデーションエディター]の設定が完了したら、[グラデーションマップ]ダイアログで設定したグラデーションを確認します。
グラデーションバーを確認
グラデーションバーを確認
バージョン 6.0 ~ CS 3 の場合は、[グラデーションマップ]ダイアログの[OK]をクリックします。
グラデーションを滑らかに!
[ディザ]にチェックマークを入れると、グラデーションに細かい粒子を発生させ、階調が縞状になってしまうことを防ぎます。
ディザを有効
ディザを有効
初期設定では無効とされている機能なので、そのままにしていることも多いかと思いますが、グラデーションが滑らかになるので、[ディザ]を有効にしておくことをオススメします。
調整レイヤーを確認する
[レイヤー]パネルで、[グラデーションマップ]調整レイヤーが作成されたことを確認してください。調整レイヤーが作成されると、自動的にレイヤーマスクが作成されます。すべての領域を表示するレイヤーマスクなので、作成時はドキュメントに何も影響を与えません。
no210_08.png
[レイヤー]パネル
レイヤーマスクが選択されているときは、レイヤーマスクサムネールが二重枠で表示されます。
クリッピングの確認と解除
クリッピングマスクを作成すると、サムネールの前に(カギ矢印)が表示されます。クリッピングの解除は、[属性]パネルの[色調補正]にある[この色調補正はレイヤーにクリップされます(クリックすると下のすべてのレイヤーに影響します)]をクリック、または、[レイヤー]メニューから、[クリッピングマスクを解除]を選択します。
[レイヤー]パネル(部分)
[レイヤー]パネル(部分)
バージョン 6.0 ~ CS 3 の場合は、[下のレイヤーとグループ化]を選択します。ショートカットキーの操作では、[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[G]キーを押します。
設定上の注意!
[グラデーションマップ]調整レイヤーは、下層のアクティブレイヤーすべてに影響を与えます。下のレイヤーだけに適用したい場合は、新規レイヤー作成時に[新規レイヤー]ダイアログボックスで[下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成](バージョン 6.0 ~ 7.0 の場合は[下のレイヤーとグループ化])をクリックします。
調整レイヤー作成後に変更したい場合は、[レイヤー]メニューから[クリッピングマスクを作成](バージョン 6.0 ~ 7.0 の場合は[下のレイヤーとグループ化])を選択します。
続きは↓下の番号をクリック!
関連記事
psgips
Posted bypsgips