Photoshop養成ギプス

色分解(プロセスカラー)

-
psgips
色分解(プロセスカラー)
【印刷】色分解とは、カラー印刷の製版時に行われる作業で、写真や文字などを含む印刷面を、一般的な4つの色である CMYK(プロセスカラー)に分解することをいいます。
K(ブラック)の特別な働きに着目しよう!
CMYKの「K」は、特色版(キー・プレート)を意味し、一般的なプロセスカラーでは、黒色のインキを表しています。CMY の100%かけ合わせでも黒色は表現できますが、印刷物で黒色は使用頻度も高く、そのたびに3色インキを使うのは非常に効率の悪いことです。そのため特別に「K(ブラック)」が追加され、4色の CMYK が一般的なプロセスカラーとされています。
CMYKの概念
CMYK の3原色は、青(Cyan)、赤(Magenta)、黄(Yellow)の「色材の3原色」で、C、M、Y の色材がすべて重なると黒色、何もない部分が白色になる「減色混合」の特性があります。
減色混合(げんしょくこんごう)
減色混合とは、左図のように、C、M、Y の色材がすべて重なると黒色になり、何もない部分が白色になる特性で色を組み合わせる方法です。
減色混合の概念図
減色混合の概念図
カラー画像を4色(CMYK)に分解する
プロセスカラーは、減色混合の理論による3色、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)に、K(ブラック)を加えた計4色からなり、白色の紙に刷られることが前提となっています。色分解の際には、意図的に成分を変えることもあり、大別すると「ノックアウト」、「オーバープリント」、「リッチブラック」などの掛け合わせ方法があります。
ノックアウト(抜き合わせ)
ノックアウトとは、インクが重なる部分を抜いて合わせる処理を示します。主にスミ版「K(ブラック)」に対して用いられる方法で、プロセスカラー(CMYK)の重ね方としては大半を占めるため、DTPソフトの属性などに指定がない場合はノックアウト(デフォルト)となります。
元画像
元画像
C(シアン)
C(シアン)
M(マゼンタ)
M(マゼンタ)
Y(イエロー)
Y(イエロー)
K(ブラック)
K(ブラック)
ノックアウトの特徴は、K100%に設定した文字や図形などの領域が、CMY 版ではヌキ(0%白地)となり、K 版ではベタ(100%塗り)になっていることです。ノックアウトの状態で印刷された K 100%の部分は、背景色(写真部分)の掛け合わせが行われないので、純粋なスミ色(K 版で使用されているブラック)が再現されます。
オーバープリント(スミノセ)
オーバープリントとは、インクが重なる部分をそのままの状態で重ね合わせる処理を示します。主にスミ版「K(ブラック)」に対して用いられる方法で、プロセスカラー(CMYK)の重ね方としては特殊なため、DTP ソフトの属性で「オーバープリント」や「乗算」などに指定します。
元画像
元画像
C(シアン)
C(シアン)
M(マゼンタ)
M(マゼンタ)
Y(イエロー)
Y(イエロー)
K(ブラック)
K(ブラック)
オーバープリントの特徴は、K 100%に設定した文字や図形などの領域が、CMY 版では反映されず、K 版ではベタ(100%塗り)になっていることです。オーバープリントの状態で印刷された K 100%の部分は、背景色(写真部分)の掛け合わせがそのまま活かされて上刷りされるので、スミ色(K 版で使用されているブラック)は背景色に影響されます。
リッチブラック
リッチブラックとは、プロセスカラー(CMYK)の4色で掛け合わされた濃いブラックです。[C:50 / M:40 / Y:30 / K:100]などの掛け合わせ率が用いられ、DTP ソフトの属性でそれぞれの掛け合わせ率を指定します。
元画像
元画像
C(シアン)
C(シアン)
M(マゼンタ)
M(マゼンタ)
Y(イエロー)
Y(イエロー)
K(ブラック)
K(ブラック)
リッチブラックの特徴は、リッチブラックに設定した文字や図形などの領域が、CMYK 版にそれぞれ反映されていることです。この状態で印刷されたリッチブラックの部分は、背景色(写真部分)の掛け合わせが行われないので、リッチブラックの掛け合わせ率の濃いブラックがそのまま再現されます。
[色分解オプション]を覗いてみよう!
[編集]メニュー→[カラー設定]を選択して、[カラー設定]ダイアログを表示します。[作業スペース]の[CMYK]に[カスタム CMYK]を選択すると、[カスタム CMYK]ダイアログが表示されます。
[カスタム CMYK]ダイアログには、[印刷インキ設定]と[色分解オプション]のセクションがあり、それらの数多くの設定項目を見るだけで、印刷とは何か? 色分解とは何か? といった疑問点に気付くことができます。たとえば、インキの特性と刷紙(印刷用紙)の関係や、[墨版生成]といったキーワード。CMYK やプロセスカラーの概要が理解できたら、次のステップへ進みましょう!
関連記事
psgips
Posted bypsgips