色温度

-
psgips
色温度
【デジタルカメラ】色温度とは、光の色を「K(ケルビン)」という単位で表したもので、実際の「色の温度」ではありません。早朝や日陰などで撮影した写真が青みがかっていたり、屋内でのストロボ撮影が赤みがかっていたりするのは、この色温度のズレによるもので、写真フィルムの種類である「ディライト(昼光用5500K)」や「タングステン(電球用3200K)」などは、用途に応じた色温度の違いを表しています。
適切なホワイトバランスを設定しよう!
ホワイトバランスとは、光源の色温度によって変色した白色を、適切な白色になるように補正する機能です。自動的に調整するものや、プログラムされた補正値を選ぶ方法もあります。色温度の特性を知っておけば、色かぶりなんてカンタンに予防できます。
光の色を単位で表すK(ケルビン)
色温度は、小さな値になるほど赤く、大きな値になるほど青い光の「波長」を放ちます。たとえば、ロウソクの炎は赤色、電球は黄色、太陽光は白色という、大まかな目安を持っておくといいでしょう。太陽光の基準値は白色で5500K〜6500Kです。しかし、実際の太陽光は黄みがかって見えるので、少し青みがかる方が白色と認識される傾向があります。
[太陽光]に設定
光源と色温度の概念図
K(ケルビン)とは、熱力学的温度の単位で、光源から発せられる「光の色」を数値化したものです。しかし、色の感じ方は対象物や条件などで変化するものなので、参考値として概念的なチャートに用いられることが多いです。グラフィックデザインの現場では、写真撮影に使用される「ディライト」が5500Kなので、この数値を白色の基準とすることが多いです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
色温度のズレによる撮影例
色温度の値が低い「電球下」という同じ撮影条件で、デジタルカメラの[ホワイトバランス]の設定を変えて、色温度のズレを確認してみましょう。
[太陽光]に設定
電球下で[太陽光]に設定
[蛍光灯]に設定
電球下で[蛍光灯]に設定
[電球]に設定
電球下で[電球]に設定
電球下の撮影で、ホワイトバランスを[電球]に設定すると、黄色の光を放つ電球を白色に近づけるため、色温度(プログラムされている補正値)が大きい値(青くなる方)に補正されます。しかし、電球とは異なるホワイトバランスの設定[太陽光]、[蛍光灯]では、色温度(プログラムされている補正値)のズレが生じて色かぶりを起こしてしまいます。光源の種類によって、適切なホワイトバランスの設定を行いましょう。
カメラにおまかせが一番?
自動的にホワイトバランスを調整してくれる機能があれば、色温度なんて気にする必要ないですよね。問題があるとすれば、いろいろな光源の種類が混ざっている場合です。測光する箇所によって色味が大きく変わってしまいます。このような色かぶり画像では、色調補正するのも難しくなります。
関連記事
psgips
Posted bypsgips