Photoshop養成ギプス

【ロゴ】フォントでつくる!飛び出す効果のシャドウ文字

-
psgips
【ロゴ】フォントでつくる!飛び出す効果のシャドウ文字
【Photoshop講座】文字の立体的なシルエットを図形化したシャドウ文字は、既成書体でも見られるほどポピュラーな技法です。シャドウ幅を長くすることで文字列の一体感を高め、配色でより印象的なシャドウ文字を作成しましょう。
文字のシルエットからシャドウをつくろう!
立体的な押し出しは、文字のシルエットを[ぼかし(移動)]フィルターでぼかし、[レベル補正]で極端なコントラストをつけると簡単に作成できます。シャドウ幅や角度は、[ぼかし(移動)]フィルターの数値で調節できます。
テキストを立体的なシャドウ文字に加工
これから行う操作は、入力したテキストを立体的なシャドウ文字に加工する方法です。ベースの文字列からシルエットをつくり、それを飛び出す方向にぼかして境界線をハッキリさせます。使用するフォントは任意で設定しますが、作例とは違うピクセルサイズの画像では、フィルターの効果が発揮できないことがあります。小さくしたい場合は、完成後にレイヤーを統合してリサイズしてください。
画像に入力したテキスト→テキストを立体的なシャドウ文字に加工
ベースのフォントを入力する
[ファイル]メニューから、[新規]を選択します。[新規ドキュメント]ダイアログで、[幅]に「800」pixel、[高さ]に「400」pixel、[解像度]に「72」pixel/inch、[カラーモード]に[RGB カラー]8 bit を設定して、[作成]をクリックします。
[新規ドキュメント]ダイアログを設定
[新規ドキュメント]ダイアログを設定
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントを作成
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。
[横書き文字ツール]を選択
[横書き文字ツール]を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に「150 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定]に「150 pt」を入力
[フォントサイズを設定]に「150 pt」を入力
任意のフォントを設定!
作例では、「Swis721 Rounded」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]を選択します。
[テキストの中央揃え]を選択します。
[テキストカラーを設定]に、任意のテキストカラーを設定します。
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]を選択
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]を選択
シャドウと対比するカラーを設定!
[テキストカラーを設定]をクリックすると、テキストカラーが設定できる[カラーピッカー]が表示されます。作例では、「H57° S100% B100%」を設定しました。
ドキュメント内をクリックして、文字を入力します。作例では、「FineBoy」を入力しました。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして、文字の位置を中央に移動します。
文字の位置を中央に移動
文字の位置を中央に移動
文字の間隔を均等にしよう!
シャドウ文字の効果は、文字形の周囲に影(立体的な側面)をつけるので、隣接する文字が近いとスペースが足りなくなり、離れすぎるとひとかたまりの文字列に見えなくなってしまいます。[文字のカーニングを設定]に[オプティカル]を選択すると、実質的な文字の間隔を均等にすることができます。
[オプティカル]を選択
[オプティカル]を選択
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】フォントでつくる!飛び出すシャドウ文字
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
境界線を設定する
[レイヤー]パネルで、[レイヤースタイルを追加]をクリックして、メニューから[境界線]を選択します。
[境界線]を選択
[境界線]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログで、[構造]セクションの[サイズ]に「5」pxを入力して、[OK]をクリックします。
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログ
[サイズ]に「5」pxを入力
[サイズ]に「5」pxを入力
文字列の周囲に境界線が作成されたことを確認します。
文字の境界線が作成されたことを確認
文字の境界線が作成されたことを確認
境界線のカラーは?
[境界線]の[カラー]は、初期設定のままでも、任意に変更してもかまいません。なぜなら、直接仕上がりに影響しないからです。文字色に対し認識しやすい色がよいでしょう。
[レイヤー]メニューから、[レイヤースタイル]→[レイヤーを作成]を選択します。
テキストレイヤーに[境界線]を設定→レイヤースタイルの効果をビットマップに変換
効果をビットマップ化!
文字列の周囲に作成された境界線は、レイヤースタイルの効果で、そこにはピクセルが含まれていません。これから行いたいことは、この境界線の選択範囲を得ることなので、レイヤースタイルの効果をラスタライズ (ビットマップ化)できる[レイヤーを作成]を適用します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
塗りつぶしレイヤーを作成する
[レイヤー]パネルで、[「FineBoy」の境界線(外側)]を選択します。
[レイヤーを表示 / 非表示]をクリックして、レイヤーを非表示にします。
境界線のレイヤーを選択して非表示
境界線のレイヤーを選択して非表示
[レイヤー]パネルで、[「FineBoy」の境界線(外側)]レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックします。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
すると、境界線の選択範囲が表示されます。
境界線の選択範囲を確認
境界線の選択範囲を確認
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[べた塗り]を選択して、[べた塗り 1]を作成します。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、任意の境界線のカラーを設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
カラーが変更できる境界線が作成できた
カラーが変更できる境界線が作成できた
境界線のカラーを自由に変更!
作例では、「H150° S100% B60%」を設定しました。文字と境界線(完成後のシャドウ部分)のカラーは、作成後も自由に変更することができます。操作方法は、[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]レイヤーサムネールをダブルクリックします。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
境界線を斜めに大きくぼかす
[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]レイヤーマスクサムネールをクリックし、二重枠表示の選択状態にします。
[べた塗り 1]レイヤーマスクを選択
[べた塗り 1]レイヤーマスクを選択
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(移動)]を選択します。[ぼかし(移動)]ダイアログで、[角度]に「-45」°、[距離]に「75」pixel を設定して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(移動)]ダイアログを設定
[ぼかし(移動)]ダイアログを設定
境界線を斜めに大きくぼかすことができた
境界線を斜めに大きくぼかすことができた
なぜ黒バックのプレビューなの?
[ぼかし(移動)]ダイアログに表示されるプレビュー画像は、手順3で選択した「べた塗り 1」レイヤーマスクです。ドキュメントウィンドウには、このレイヤーマスクによって型抜きされた緑色の塗り面(べた塗り)が表示されています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ぼかした境界線をハッキリさせる
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[レベル補正]を選択します。[レベル補正]ダイアログで、[入力レベル]に「0 / 1.00 / 8」を入力して、[OK]をクリックします。
[レベル補正]ダイアログを設定
[レベル補正]ダイアログを設定
ぼかした境界線をハッキリさせることができた
ぼかした境界線をハッキリさせることができた
階調をコントロール!
[レベル補正]では、[入力レベル]の3つの調整点で階調がコントロールできます。作例では、ぼかした境界線をハッキリさせるため、ハイライト点(白点)をシャドウ側へ移動させ、ぼかし幅を約 8 px まで縮小させる考えで設定を行っています。白黒のぼかし幅は、階調が少なくなるほどハッキリしますが、ジャギー(ギザギザの境界線)が発生するので注意してください。
テキストの位置を調整する
[レイヤー]パネルで、「FineBoy」レイヤー(テキストレイヤー)を選択します。
テキストレイヤーを選択
テキストレイヤーを選択
テキスト領域を[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして、テキストの位置を調整します。
[command(Ctrl)]+ドラッグ→テキストの位置を調整
飛び出す効果のシャドウ文字が完成
飛び出す効果のシャドウ文字が完成
ショートカットキーで移動!
[横書き文字ツール]の選択中に[command(Ctrl)]キーを押すと、一時的に[移動ツール]が使用できます。他のツール選択中も同様のショートカットキーなので、覚えておくと大変便利です。
関連記事
psgips
Posted bypsgips