Photoshop養成ギプス

【エフェクト】風景写真に霧を発生させる【3】

-
psgips
【エフェクト】風景写真に霧を発生させる【3】
【Photoshop講座】冴えない風景写真に幻想的な霧を発生させて、空気感や遠近感などにこだわった、旅情あふれる演出を施してみましょう。
レイヤーマスクを編集しよう!
素材画像に合わせた霧の濃淡は、レイヤーマスクで差を付けます。レイヤーマスクモードへの切り替えは、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]+クリックするといったキー操作です。レイヤーマスクの編集作業は、画像描画モードとの切り替えを頻繁に行って、効果を確認しながら行いましょう。
橋桁の向こうに見える風景を霞ませる
[レイヤー]パネルで、[レベル補正 1]レイヤーマスクを[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。すると、ドキュメントウィンドウが、レイヤーマスクモードに切り替わります。
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
ドキュメントウィンドウが、レイヤーマスクモードに切り替わったことを確認してください。
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
[レイヤー]パネルで、[パス]タブをクリックして[パス]パネルを表示し、[パス 1]を[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックします。すると、[パス 1]の選択範囲が作成されます。
[パス]パネル
[パス]パネル
ドキュメントウィンドウに[パス 1]の選択範囲が作成されたことを確認してください。
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
[ツール]パネルから、[長方形選択ツール]を選択し、オプションバーで、[現在の選択範囲から一部削除]をクリックして選択します。
長方形選択ツール
長方形選択ツール
オプションバー
オプションバー
右側の選択範囲の外側を囲むようにドラッグします。すると、選択範囲が削除されます。
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
右側の選択範囲が削除されたことを確認してください。
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択し、[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[ホワイト]を選択して、[OK]をクリックします。
[塗りつぶし]ダイアログ
[塗りつぶし]ダイアログ
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。選択範囲が白色で塗りつぶされました。
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
霞ませる位置の座標を読む
手順【5】と同じ要領で、[パス 1]の選択範囲を作成し、次は右側の選択範囲だけを残します。
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
ドキュメント(レイヤーマスクモード)
[パス]パネルで、[レイヤー]タブをクリックして[レイヤー]パネルを表示し、[レベル補正 1]レイヤーマスクを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントウィンドウを画像描画モードに切り替えます。
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
ドキュメントウィンドウが、画像描画モードに切り替わったことを確認してください。手前の海面を現状のまま、橋桁の向こうの風景だけを霞ませたいので、その境界にグラデーションを施しマスクする作業を行います。
ドキュメント
ドキュメント
あらかじめ、特定する位置の座標を読み取っておく必要があるため、[ウインドウ]メニューから、[情報]を選択し、[情報]パネルを表示しておきます。
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
霞が始まるポイントは、いちばん手前(右側)の橋桁が海面に没している位置と定め、その個所にマウスポインタを置きます。[情報]パネルで、[Y](垂直軸の座標)の数値を確認し、「727」をメモします。
[情報]パネル
[情報]パネル
選択中のツールにより、マウスポインタの形状は異なりますが、何でもかまいません。
関連記事
psgips
Posted bypsgips