Photoshop養成ギプス

【スタイル】レイヤースタイルの画像サイズと解像度

-
psgips
【スタイル】スタイルの画像サイズと解像度
【Photoshop基本操作】「レイヤースタイルの解像度って、どうなってんの?」という疑問をよく耳にしますが、CS 以上のバージョンでは、基本的に画像サイズを基準に設計されているので、解像度の概念は持っていないと判断する方が妥当です。
レイヤースタイルの「設定解像度」を知ろう!
レイヤースタイルを設定する[レイヤースタイル]ダイアログに「解像度」らしき項目はありません。しかし、適用する画像には必ず解像度が存在するので、レイヤースタイルの効果には、その適用する画像の解像度が割り当てられます。これが、レイヤースタイルの「設定解像度」になります。レイヤースタイルは解像度に依存しませんが、パターンやテクスチャなどのビットマップ画像が含まれている効果もあるので、「画像サイズ」と「解像度」の相互に関係し合う特性を知る必要があるでしょう。
適用画像の基本設定
Photoshop に搭載されている、またはサードパーティー等で配布されている[レイヤースタイル]プリセットファイルの多くは、[解像度:72 pixel/inch]、[カラーモード:RGB カラー]で作成されています。Photoshop では、画像サイズと画像解像度が相互に関係し合う特性があるので、指定した設定で行うようにしてください。
[新規]ダイアログ
[新規]ダイアログ
作例の[新規]ダイアログは、従来型を使用しています。CS 以降のバージョンでは、新規画像作成時の「画像サイズ」が優先されます。
【スタイル】ガラス・板ガラス【フリー】
大好評!「板ガラス」レイヤースタイル公開中!
「Photoshop養成ギプス」のオリジナルレイヤースタイルをダウンロードすると、文字や図形に多彩な効果がワンクリックで適用できます。
psgipsオリジナルレイヤースタイルの場合
当サイトで配布している[レイヤースタイル]プリセットファイルは、画像解像度が 72 pixel/inch で再現されることを想定して設計しています。使用フォントの大きさは 100 pt が推奨です。これらの設定が適切に行われていないと、サンプルと同様の効果が再現されない場合があります。
72 pixel/inch の適用例→300 pixel/inch の適用例→
CS 以降のバージョンでは、新規画像作成時の「画像サイズ」が優先されます。
商業印刷にも使えるクオリティ
72 pixel/inch、100 pt の基本設計は、これを限定するものではありません。レイヤースタイルの設定解像度は、便宜上、初期設定値に合わせているだけです。下記の「商業印刷 350 pixel/inch の適応方法」では、ピクセルパターン(テクスチャ)を含むレイヤースタイルの適応方法をご紹介していますが、ピクセルパターンを含まないレイヤースタイルは、どんな画像サイズにも対応させることが可能です。レイヤースタイルの効果に制限はありません。
パターン設計は2倍の大きさまで対応
ピクセルパターン(テクスチャ)を使用したレイヤースタイルは、幅:256 pixel × 高さ:256 pixel、または幅:128 pixel × 高さ:128 pixel のタイル状に繰り返されるので、そのピクセル数より画像サイズが上回ってもかまいません。また、ピクセルパターン本来の許容量は、初期設定値より2倍の大きさまでクオリティが保てるように設計していますので、レイヤースタイルの効果を2倍まで拡大することができます。
等倍の効果を優先したスタイルや、基本機能のテクスチャを使用したスタイルなどには、一部例外があります。
商業印刷 350 pixel/inch の適応方法
ピクセルパターン(テクスチャ)を含むレイヤースタイルを商業印刷 350 pixel/inch の高解像度に適応させたい場合は、フォントサイズを推奨値より小さく設定したテキストレイヤーに、スタイルを適用した後、レイヤースタイルの効果を縮小します。以下の設定値は、画像の劣化を最小限に抑えたい場合に有効です。
●適切なフォントサイズは?
100(pt)× 0.41(倍)= 41(pt)
●適切なスタイルの縮小値は?
72(pixel/inch)÷ 350(pixel/inch)× 2(倍)= 0.41(倍)
●スタイルの適正値は?
0.41(倍)× 100(%)= 41(%)
「適切なフォントサイズ」は便宜上の平均値です。たとえば、スタイルの効果が最適なフォントサイズが 120 pt だった場合は、100 pt の個所に 120 pt を置き換えて数値を算出してください。
【まとめ】
新規画像を[解像度:350 pixel/inch]で作成し、[フォントサイズ:41 pt]で任意のオブジェクトを作成します。スタイルを適用した後、[レイヤー]メニューから、[レイヤースタイル]→[効果を拡大・縮小]を選択して、[比率:41 %]で実行します。
スタイル適用後の画像解像度を変更
スタイル適用後に[画像解像度]を変更する場合は、[イメージ]メニューから、[画像解像度]を選択して、[画像解像度]ダイアログで、[解像度]に任意の数値を入力してください。
[画像解像度]ダイアログ
[画像解像度]ダイアログ
[画像解像度]ダイアログの右端にある歯車アイコンをクリックホールドすると、[スタイルを拡大・縮小]のオプションが選択できます。初期設定では、チェックマークが入り有効とされています。[スタイルを拡大・縮小]を無効にすると、画像解像度を変更しても、スタイルの効果は変わりません。バージョン CS 6 以前では、[画像解像度]ダイアログの左端に[スタイルを拡大・縮小]のチェックボックスがあります。
[スタイルを拡大・縮小]
[画像解像度]ダイアログ(部分)
設定上の注意
ピクセルパターン(テクスチャ)を含んだレイヤースタイルの場合は、任意の解像度設定により画像が劣化する場合があります。ピクセルパターン(テクスチャ)を含んだレイヤースタイルの解像度設定は72 pixel/inch(フォントサイズ:100 pt 使用時)が推奨です。
[スタイルを拡大・縮小]オプションは、CS 以降のバージョンに搭載されている機能です。バージョン 6.0 ~ 7.0 の場合は、あらかじめ、変更後の解像度比率を算出しておき、[レイヤー]メニューから、[レイヤースタイル]→[効果を拡大・縮小]を選択して、その比率で対応してください。
関連記事
psgips
Posted bypsgips