Photoshop養成ギプス

パスの描き方(パスの概要とペンツールの基本操作)

-
psgips
パスの描き方(パスの概要とペンツールの基本操作)
【Photoshop基本操作】Photoshop で使う「パス」とは、[ペンツール]で描く細い線のことをいいます。専門的には「ベジェ曲線」といわれる、摩訶不思議な線や塗り面を作成するための「セグメント」で、その働きや用途、描き方において、もっとも習得が困難なものとされています。
アンカーポイントの位置をピタリと予測する!
[ペンツール]の操作は、「クリック」、「ドラッグ」、「+[option(Alt)]キー」の3つの操作で基本的には構成されています。複雑な操作を最初から覚える必要はありません。
Photoshop では、トレース(画像の輪郭をなぞる)することが多いため、まず、その形を構成する「アンカーポイント」がどこにあるべきなのか? を考えることから始めます。解説の簡単な操作を試みてください。きっと、そうだったのか! と思うハズです。苦手意識を捨てて、パスと向き合いましょう! でないと、未来はないですよ?
パスの概要とペンツールの基本操作
[ペンツール]とは、アンカーポイントとベジェ曲線で構成された「パス」を描くツールです。パスを利用する機能には、シェイプレイヤーやベクトルマスク、クリッピングパスなどがあり、用途はベクトル図形の編集、画像の型抜き(切り抜き)など、主に明瞭な境界線を求める場合に威力を発揮します。
パスを構成する要素
パスの操作は、杭に張ったロープのような感覚で行うといいでしょう。各部の名称や働きも、杭に張ったロープに置き換えると覚えやすいかも知れません。
パスを構成する要素
アンカーポイント
パスの曲がり角を示す点で、[パス選択ツール]でクリックすると、そのアンカーポイントの方向線が表示されます。
セグメント
2つのアンカーポイントをつなぐ線です。
方向線
アンカーポイントからセグメントが伸びる方向と、その強さを長さで示します。
方向点(ハンドル)
方向線の終端を示す点で、[パス選択ツール]や、[アンカーポイントの切り替えツール]でドラッグして編集できます。
ペンツールとは?
総称して「パス」と呼ばれることの多い[ペンツール]は、代表的なドロー系ソフト「Adobe Illustrator」の高機能が、そのまま Photoshop に移植されているようなものです。ペンツールの基本操作は、Illustrator とまったく同じ。Illustrator をマスターされている方なら、なんの問題もなく使えますし、Photoshop の[ペンツール]が使えたら、Illustrator の基本はマスターしたも同然です。このことで、パスを制することがいかに有意義であるか、おわかりいただけると思います。
閉じたパスとは?
パスの作成方法を大きく2つに分けると、「閉じたパス」と「開いたパス」があります。「閉じたパス」とは、パスの開始点と終了点を連結させたものです。「クローズドパス」とも呼ばれ、パスの開始点と終了点が連結していないものを「開いたパス」、または「オープンパス」といいます。
閉じたパスと開いたパス
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!パスの作成と使い方
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
パスを作成する大まかな操作の流れ
「閉じたパス」は、実際に鉛筆やペンで線を描く感覚にはないことなので、最初は戸惑う方も多いとは思いますが、このような線の閉じ方は重要な意味を持っています。「閉じたバス」でドーナツ型に中身をくり抜く、基本的な操作を追って行きましょう。
ペンツールを選択する
[ツール]パネルから、[ペンツール]を選択します。オプションバーで、[ツールモードを選択]に[パス]を選択します。[パスの操作]をクリックし、メニューから[シェイプを結合]、バージョン CS 5 以前では、[パス範囲に合体]を選択します。
ペンツール
ペンツール
[シェイプを結合]を選択
作成前に[パス]を選択!
[ツールモードを選択]には、[シェイプ]、[パス]、[ピクセル]の3種類があります。切り抜き用のパスや[ベクトルマスク]を作成する場合は、パスを作成する前に[パス]を選択します。
オブジェクトをトレースする
オブジェクトの形状をトレースし、最後はパスの開始点まで戻り「閉じたパス」にするのが一般的です。
「閉じたパス」を作成(概念図)
「閉じたパス」を作成(概念図)
ここでは、パスの具体的な操作方法を省略しています。パスの表示は概念的に示したもので、パスを閉じると自動的に選択が解除(セグメントのみの表示)されます。
オブジェクトの一部を型抜きする
2つめの「閉じたパス」を作成するため、外形パスの選択を解除します。オプションバーで、[パスの操作]をクリックし、メニューから[前面シェイプを削除]、バージョン CS 5 以前では、[パス領域から一部型抜き]を選択します。
[前面シェイプを削除]を選択
オブジェクトを型抜きする内側の形状をトレースし、2つめの「閉じたパス」を作成します。
2つめの「閉じたパス」を作成(概念図)
2つめの「閉じたパス」を作成(概念図)
オブジェクトの型抜きを行う場合、[パスの操作]は、パスを作成してからでも適用できます。その場合は、先に作成したパスに対して、どのような組み合わせを行うかを設定します。
作成したパスを管理する
作成したパスは、[パス]パネルで管理します。パスを作成すると自動的に「作業用パス」として保存され、そのまま[ベクトルマスク]に活用したり、名前を付けて保存すると、編集や複製などが行えます。
[パス]パネル
[パス]パネル
閉じたパスを組み合わせて輪郭を形成する
オブジェクトの形状をトレースする場合は、必ず終了点を開始点と連結させてパスを閉じます。オブジェクトの形状が複数に分裂していたり、ドーナツ型をトレースする場合も、それぞれのパスを「閉じたパス」にする必要があります。複数の「閉じたパス」を作成する場合は、その順序も考える必要があります。
最初に作成した「閉じたパス」に対して、次に作成した「閉じたパス」が、どのような重なり方をするのか? という「演算オプション(パスの操作)」を円滑に操作するためです。「閉じたパス」を面として捉え、それぞれの「閉じたパス」を順序よく組み合わせていくことで、ひとつの輪郭を形成していくものだと考えるといいでしょう。
続きは↓下の番号をクリック!
関連記事
psgips
Posted bypsgips