Photoshop養成ギプス

選択範囲の作成

-
psgips
選択範囲の作成
【Photoshop基本操作】選択範囲とは、パソコン操作でいう「何をどうする?」といった「何」にあたる部分です。「アリの行進」と形容される「動く破線」の領域を「どうするか」で、すべての作業が始まるといっても過言ではありません。選択範囲の作成には、用途によりさまざまなツールや方法があります。まず、やりたいことに適した方法を判断しましょう。
選択ツールは「補助」として考えよう!
選択範囲の作成は、用途に応じた各種選択ツールを使用することが初歩となります。これにより、選択範囲のあらましは理解することができるでしょう。しかし、これだけでは、思いどおりの選択範囲を作成するには至りません。プロの仕上がりを求めるには、選択ツールを補助的に使い、[アルファチャンネル]や[ペンツール]などをメインとして、活用することをオススメいたします。
選択ツールの種類
ほとんどの操作は、まず、ツールを選ぶことから始まります。画面左にある[ツール]パネルには、表示されているツールのほかに、サブツール(隠れたツール)があり、選択系ツールのグループは、[ツール]パネルの上部に配置されています。
長方形選択ツール
長方形選択ツール
ドラッグした範囲内に、四角形の選択範囲を作成します。
楕円形選択ツール
楕円形選択ツール
ドラッグした範囲内に、円形の選択範囲を作成します。
一行選択ツール
一行選択ツール
クリックした個所に、横方向に1pixel幅の選択範囲を作成します。
一列選択ツール
一列選択ツール
クリックした個所に、縦方向に1pixel幅の選択範囲を作成します。
なげなわツール
なげなわツール
ドラッグした形に選択範囲を作成します。
多角形選択ツール
多角形選択ツール
クリックした点をつないで、直線で構成される選択範囲を作成します。
マグネット選択ツール
マグネット選択ツール
ドラッグした画像内の境界線を自動的に感知し、選択範囲を作成します。
クイック選択ツール
クイック選択ツール
選択したい画像の上を大まかにドラッグして、自動的に選択範囲を作成します。
自動選択ツール
自動選択ツール
クリックしたピクセルの近似値で、自動的に選択範囲を作成します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
その他の選択範囲作成方法
選択系ツールの他に、画像の色域や明度の情報から選択範囲を作成する機能や、詳細なブラシやパスから選択範囲を読み込む方法があります。ピクセルの自然な階調を表現できたり、形状を正確にコントロールできるので、プロの現場では、頻繁に活用されている選択範囲の作成方法です。
演算
画像内から明度の情報を抽出して、さまざまな合成結果から最適な選択範囲を作成します。
色域
画像内の指定した色の許容量を調整して、選択範囲を作成します。
レイヤー
透明ピクセルを含むオブジェクトの形状で選択範囲を作成します。
アルファチャンネル&レイヤーマスク
補助的に作成した画像の濃淡により、柔軟かつ正確な選択範囲を作成します。
クイックマスクモード
各種ペイントツールで、柔軟かつ正確な選択範囲を作成します。
ペンツール
ベクトル図形を作成するパスから、柔軟かつ正確な選択範囲を作成します。
オプションバーの主な設定項目
各種選択ツールを選択すると、オプションバーに[ぼかし]や[アンチエイリアス]など、さまざまな設定項目が表示されます。基本的な操作では初期設定がオススメです。
オプションバー
オプションバー
選択範囲の組み合わせ
初期設定は[新規選択]で、複数の選択範囲を組み合わせる場合に設定するオプションです。
ぼかし
初期設定は「0 px」で、ピクセル単位で選択範囲の境界をぼかすオプションです。
アンチエイリアス
初期設定は「有効」で、境界の周囲が滑らかな選択範囲を作成します。
スタイル
初期設定は[標準]で、サイズや比率に制限されません。
選択範囲の基本操作
選択する位置を中央から開始したい場合は、[option(Alt)]キーを押しながらドラッグします。正方形や正円の範囲を作成するには、[shift]キーを押しながらドラッグし、選択する位置を中央から開始したい場合は、[shift]+[option(Alt)]キーを押しながらドラッグします。
[option(Alt)]+ドラッグで中心から作成
[option(Alt)]+ドラッグで中心から作成
[shift]+ドラッグで正方形、正円を作成
[shift]+ドラッグで正方形、正円を作成
関連記事
psgips
Posted bypsgips