Photoshop養成ギプス

選択範囲の組み合わせオプション

-
psgips
選択範囲の組み合わせオプション
【Photoshop基本操作】形状を選択する場合、1回の操作だけではできないケースがあります。また、不要な選択範囲を削除したり、修正したりする場合もあります。ここでは、選択範囲の追加と一部削除について、基本的な操作をマスターしましょう。
選択範囲の「あらまし」として知っておこう!
オプションバーで操作する[選択範囲の組み合わせ]オプションは、あまり実用的ではありません。なぜなら、Photoshop の作業では、各種選択ツールで簡単に作成できるような、四角形や円形といった幾何学的な選択範囲を編集することがほとんどないからです。
しかし、選択範囲の追加や一部削除を必要とする場面は頻繁に訪れます。そのときに[選択範囲の組み合わせ]オプションの構造的な「概略」が役立ちます。使わずとも必要な知識?…なにやら意味深な表現ですが、いずれお分かりいただけると思います。
[選択範囲の組み合わせ]の操作方法
[選択範囲の組み合わせ]オプションは、現在の選択範囲から、次に作成する選択範囲をどのように組み合わせるかを設定するものです。対象の選択範囲は、各種の選択ツールで作成されたものに限らず、オブジェクトやアルファチャンネルなどから読み取った、複雑で不明瞭な選択範囲も含まれます。まず、簡単な選択範囲を作成して、[選択範囲の組み合わせ]オプションの基本的な操作方法を知りましょう。
選択範囲を作成する
[ツール]パネルから[楕円形選択ツール]を選び、ドキュメント内をドラッグして、ひとつめの選択範囲を作成します。
選択範囲を作成
選択範囲を作成
どんな選択範囲にも対応!
ここでは概念的に示すため、[楕円形選択ツール]を使用した簡単な選択範囲を作成しています。その他の選択ツール、または編集した複雑な選択範囲でも、選択範囲の組み合わせオプションは同様に適用できます。
選択範囲の組み合わせを選ぶ
オプションバーで、[選択範囲の組み合わせ]オプションを選びます。
[現在の選択範囲との共通範囲]をクリック
[現在の選択範囲との共通範囲]をクリック
キー操作もできる!
ここでは[現在の選択範囲との共通範囲]を選択しました。組み合わせる選択範囲は、どの選択ツールを使用してもかまいません。選択ツール以外で作成する選択範囲でも有効ですが、選択ツールのオプションバーが表示されない(使用できない)こともあるので、その場合はショートカットキーで操作します。
新しい選択範囲を作成する
すでにある選択範囲に組み合わせる、新しい選択範囲を作成します。
選択範囲を追加
選択範囲を追加
ここでは、選択範囲との共通範囲(重なり部分)を設けて、その領域だけを残す方法を取りました。
選択範囲の組み合わせ完了
選択範囲の組み合わせオプションによる、選択範囲の追加と一部削除の基本的な操作が完了しました。
選択範囲を確認
選択範囲を確認
組み合わせの種類
オプションバーの[選択範囲の組み合わせ]は、[パスコンポーネント選択ツール]の[パスの重なり方(パスの操作)]オプションと考え方は同じです。2つ以上の選択範囲が重なる領域を加算、または減算して、ひとつの選択範囲という「形状」をつくる場合に用います。
新規選択
新規選択
新しい選択範囲を作成します。
新規選択
新規選択
ドラッグ
選択範囲に追加
選択範囲に追加
すでにある選択範囲に、新しい選択範囲を追加します。
選択範囲に追加
選択範囲に追加
[shift]+ドラッグ
現在の選択範囲から一部削除
現在の選択範囲から一部削除
すでにある選択範囲から、新しい選択範囲の重なり部分を削除します。
現在の選択範囲から一部削除
現在の選択範囲から一部削除
[option(Alt)]+ドラッグ
現在の選択範囲との共通範囲
現在の選択範囲との共通範囲
すでにある選択範囲と、新しい選択範囲の重なり部分を選択範囲にします。
現在の選択範囲との共通範囲
現在の選択範囲との共通範囲
[option(Alt)]+[shift]+ドラッグ
[選択範囲の組み合わせ]オプション、またはショートカットキーを操作すると、マウスポインタの表示も変化するので、それぞれの作業を確認しながら行うようにしましょう。
関連記事
psgips
Posted bypsgips