Photoshop養成ギプス

なげなわツールと多角形選択ツール

-
psgips
なげなわツールと多角形ツール
【Photoshop基本操作】[なげなわツール]とは、選択範囲をドラッグした形に作成できる選択ツールのひとつです。必要とする不規則なラインをトレースするように描く、そのシンプルな操作性と汎用性の高さは、数ある選択ツールの中でも際立っています。[多角形選択ツール]とは、クリックした点と点を直線でつないで選択範囲を作成するツールです。それぞれのツールは、互いに切り替えて使用できるキー操作があります。
ドロップで閉じる選択範囲!
[なげなわツール]の操作は、ドラッグ&ドロップするだけというカンタンさ。ところが、作業の途中でうっかりドロップしてしまい、開始点と終了点が直線で結ばれてしまった! という失敗談も多くあります。でも、この失敗の経験が、斜めの直線を選択する場合などに有効な「技」の発見につながるんですね。
なげなわツールの操作方法
[なげなわツール]を選択して、ドキュメントに直接ドラッグ&ドロップすると、ドラッグし始めた開始点から、ドロップした終了点までの軌跡に選択範囲が作成されます。開始点と終了点の間は、自動的に直線で結んで閉じられるので、必要な部分だけをドラッグして描き、マウスボタンを離すといったスピーディーな操作を身につけましょう。
[なげなわツール]を選択する
[ツール]パネルから、[なげなわツール]を選択します。
なげなわツール
なげなわツール
オプションバーで各設定を行う
初期設定は[選択範囲の組み合わせ]に[新規選択]、[ぼかし]に「0 px」が設定され、[アンチエイリアス]にチェックマークが入れられています。
オプションバーを設定
オプションバーを設定
選択範囲を作成する
選択したい部分を囲むようにドラッグ(マウスボタンを押しながら移動)し、開始点に戻ったところでドロップ(マウスボタンを離す)します。
ドラッグしてドロップ
ドラッグしてドロップ
開始点から離れた個所でドロップすると、開始点と終了点の間が直線で結ばれます。
ドロップした箇所から直線で結ぶ
ドロップした箇所から直線で結ぶ
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
多角形選択ツールの操作方法
[多角形選択ツール]には、[なげなわツール]のようなドラッグ操作がなく、クリックした点と点を自動的に直線でつないで選択範囲が作成されます。選択範囲を閉じるには、開始点と終了点を重ねてクリックするといった、どちらかといえば面倒な操作を行わなくてはならないので、開始点から離れた個所でダブルクリックして、選択範囲を閉じる操作方法もマスターしましょう。
[多角形選択ツール]を選択する
[ツール]パネルから、[多角形選択ツール]を選択します。
多角形選択ツール
多角形選択ツール
オプションバーで各設定を行う
初期設定は[選択範囲の組み合わせ]に[新規選択]、[ぼかし]に「0 px」が設定され、[アンチエイリアス]にチェックマークが入れられています。
オプションバーを設定
オプションバーを設定
選択範囲を作成する
選択したい部分を点で囲むようにクリック(マウスボタンを押す)していきます。
選択したい部分を点で囲むようにクリック
選択したい部分を点で囲むようにクリック
一周して開始点にオンマウス(マウスポインタを重ねる)すると、マウスポインタの表示が変わります。
マウスポインタの表示が変わる
マウスポインタの表示が変わった箇所でクリックすると、開始点と終了点が結ばれます。開始点から離れた箇所でダブルクリックすると、開始点と終了点の間が直線で結ばれます。
キー操作で併用する!
[なげなわツール]と[多角形選択ツール]は、互いに切り替えて使用できるキー操作があります。少し慣れが必要ですが…。いずれかのツールを使用中に、[option(Alt)]キーを押しながらドロップすると、マウスポインタの表示が変わります。そのままキーを押しながら、切り替わったツールの操作を行います。
キーを離せば、元のツールに戻りますが、[なげなわツール]から[多角形選択ツール]に切り替えてキーを離した場合、開始点と終了点の間が直線で結ばれ、選択範囲が確定されるので注意が必要です。切り替えて引き続き[なげなわツール]で作業する場合には、まず、クリックホールド(マウスボタンを押したまま)してからキーを離します。
関連記事
psgips
Posted bypsgips