Photoshop養成ギプス

パスから選択範囲をつくる3つの方法

-
psgips
パスから選択範囲をつくる3つの方法
【Photoshop基本操作】正確で細密な選択範囲を作成したい場合は、まず、[ペンツール]でパスを作成し、パスの境界線を選択範囲に変換する方法を取ります。操作方法は大きく分けて3つ。いずれの方法も、用途に応じた効率的な使い分けをするためのもので、この方法でなければならないとか、結果が異なるものではありません。
Photoshopの「常識」を身につけよう!
選択範囲の作成は、用途に応じた方法を取ることが前提となりますが、あらゆる場面で最も多用する方法はパスからの変換です。なぜパスなのか? それは正確な境界線を得ることはもちろん、編集可能なパスを保存することで、さまざまな作業が効率よくコントロールできるからです。なにはなくともパス。それがプロの常識です。
選択範囲に境界のぼかしを設定する方法
正確で細密な境界線を描けるパスですが、選択範囲からオブジェクトをコピーしたり、レイヤーマスクを作成してみると、境界がはっきりしすぎることもあります。[選択範囲を作成]ダイアログでは、[ぼかしの半径]や[選択範囲の組み合わせ]オプションなどが設定できます。
パスを選択する
[パス]パネルで、作成したパス、または[作業用パス]を選択します。
[パス]パネルでパスを選択
[パス]パネルでパスを選択
[選択範囲を作成]ダイアログで設定する
[パス]パネルメニューから、[選択範囲を作成]を選択します。
[選択範囲を作成]を選択
[選択範囲を作成]ダイアログで、[境界]の[ぼかしの半径]に任意の数値を入力し、[OK]をクリックします。
[ぼかしの半径]に任意の数値を入力
[ぼかしの半径]に任意の数値を入力
パスから選択範囲が作成できました。
作成したパスを表示→パスから選択範囲が作成できた
継続される設定値に注意!
すべてのコントロールをダイアログで確認しながら操作できるメリットはありますが、設定の使用頻度があまりない場合は、初期設定のままにしておくことをオススメします。
初期設定は[ぼかしの半径:0 pixel]、[アンチエイリアス]が有効です。[ぼかしの半径]で設定した数値は、後の操作にも継続して適用されるので注意が必要です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ワンクリックで選択範囲に変換する方法
パスから選択範囲へ変換する最もポピュラーな方法です。[パス]パネルの[パスを選択範囲として読み込む]では、ワンクリックでパスを選択範囲(デフォルト値のみ)に変換できます。
パスを選択する
[パス]パネルで、作成したパス、または[作業用パス]を選択します。
[パスを選択範囲として読み込む]をクリックする
[パス]パネルで、[パスを選択範囲として読み込む]をクリックします。
[パスを選択範囲として読み込む]をクリック
[パスを選択範囲として読み込む]をクリック
パスから選択範囲が作成できました。
作成したパスを表示→パスから選択範囲が作成できた
ダイアログも表示できる!
[パスを選択範囲として読み込む]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックすると、[選択範囲を作成]ダイアログを表示して、[ぼかしの半径]や[選択範囲の組み合わせ]オプションが設定できます。
【スタイル】金属・鉄錆2【フリー】
大好評!「鉄錆2」レイヤースタイル公開中!
「Photoshop養成ギプス」のオリジナルレイヤースタイルをダウンロードすると、文字や図形に多彩な効果がワンクリックで適用できます。
選択範囲をスピーディに操作する方法
[パス]パネルで、さまざまなショートカットキーと組み合わせ、パスサムネールをクリックする方法です。選択範囲(設定値)に変換、[選択範囲の組み合わせ]オプションが効率よくスピーディに操作できます。
サムネールからダイレクトに作成する
[パス]パネルで、パスサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックします。
パスサムネールを[command(Ctrl)]+クリック
パスサムネールを[command(Ctrl)]+クリック
パスサムネールから、ダイレクトに選択範囲が作成できました。
作成したパスを表示→パスから選択範囲が作成できた
主なショートカットキーは以下です。
新しい選択範囲
[command(Ctrl)]+クリック
選択範囲に追加
[shift]+[command(Ctrl)]+クリック
現在の選択範囲から一部削除
[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+クリック
現在の選択範囲との共通範囲
[shift]+[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+クリック
非表示パスからでも作成できる!
パスサムネールをクリックする方法では、[パス]パネルでパスが未選択の場合、つまりドキュメントウィンドウにパスが表示されていなくても、選択範囲を作成することが可能です。
ショートカットキーで、選択範囲の組み合わせ操作はできますが、[選択範囲を作成]ダイアログの[ぼかしの半径]で設定した数値が、そのまま、作成した選択範囲に適用されるので注意が必要です。
パスを描く適切な位置は?
素材の大きさ(解像度)や境界線のボケ方によって変化することもありますが、オブジェクトの 1 ~ 2 pixel 内側、境界線がぼけている場合は、ボケ幅の中心から 1 ~ 2 pixel 内側を目安としてパスを作成すると、仕上がりによい結果がでるでしょう。
ドキュメント(拡大表示)
ドキュメント(拡大表示)
関連記事
psgips
Posted bypsgips