Photoshop養成ギプス

レベル補正の操作方法

-
psgips
レベル補正の操作方法
【Photoshop基本操作】[レベル補正]とは、Photoshopの中核を担う色調補正ツールで、画像内のピクセル分布をグラフ化したヒストグラムを表示し、シャドウ、中間調、ハイライトの照度レベル(階調)をスライダで統合的に調整できます。
ヒストグラムで現在を知る!
たとえば、少し薄暗い部屋で本を読んでいても、文字や写真に違和感を持つようなことはありませんよね。視界に入るすべてのものが、その照度に合わせてバランスを取っているので、純粋な白が薄暗くなっていたとしても、それを白として認識できているからです。
画像にもよく似た現象が起こります。ひとつの画像内では気にならなかったことも、別の画像と比べると極端に暗かったり、トーンが浅かったり…。これらを統一できる感覚をサポートするのが[レベル補正]の「ヒストグラム」です。
[レベル補正]の概要
[レベル補正]は、設定した後でも編集できる調整レイヤーを利用する方が一般的です。基本的な操作は、補正する画像の「ヒストグラム」に対して行い、カラー画像の色調は、各チャンネルごとに調整を加えます。
no369_01.png
[レベル補正]ダイアログ
プリセット
あらかじめ設定されたメニューが用意されています。
チャンネル
メニューから補正したいチャンネルを選択します。
ヒストグラム
画像内のピクセル分布を、明るさのレベル別にグラフ化して表示します。
入力レベル
現在のヒストグラムにシャドウ点、中間点、ハイライト点を設定します。
出力レベル
階調の範囲をグレースケール値で設定します。
サンプリング
シャドウ点、中間点、ハイライト点のカラーを設定します。
自動補正
[自動カラー補正オプション]の設定値で補正が行われます。
[option(Alt)]+クリックすると[自動カラー補正オプション]ダイアログが表示されます。
自動補正とは?
「自動」と名が付くものは魅力的ですが、[レベル補正]の場合は、それぞれの画像に応じた調整が必要なため、[自動補正]での解決は、ほとんど望めません。それでも奇跡的に適合する場合もあるので、そんなときは[フェード]や[不透明度]で調整してみるのもひとつの手段であると思いますが、初級ユーザーの方にはオススメできません。
[自動補正]の特徴は、明度、階調、色調の3つのアルゴリズムで高度な補正ができるので、同じ条件で「色かぶり」を起こした大量の画像を処理する場合や、誇張した色調効果などのストックに威力を発揮します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レベル補正の操作方法(明度・階調の補正)
画像の補正を大きく分類すると、明るさやコントラストを調整する「明度の補正」、明度のバランスを調整する「階調の補正」、色相や彩度を調整する「色調の補正」に分けられます。カラー画像の場合、いかなる補正も、色調には大きく影響を与えるものですが、まず、色があまり感じられない素材を使用して、「明度の補正」、「階調の補正」を理解することから始めましょう。
[レベル補正]調整レイヤーを作成する
素材画像([RGBカラー]モード)を開きます。
元画像
元画像
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]ボタンをクリックし、メニューから[レベル補正]を選択して、[レベル補正 1]を作成します。
[レベル補正 1]を作成
[レベル補正 1]を作成
補正する[チャンネル]を選択する
[チャンネル]メニューから、補正するチャンネル(ここでは[RGB]デフォルト)を選択します。以下の項目では、シャドウ点、中間点、ハイライト点に設定を加えていきます。
3つのポイントに設定を加える
3つのポイントに設定を加える
調整範囲を見極める!
ヒストグラムは画像によって異なりますが、通常では階調「0」レベル、または「255」レベルからヒストグラムの山型が開始されているところまでを調整範囲とします。
スライダーを山型の開始点までドラッグすると、黒点(シャドウ点)から白色点(ハイライト点)までの階調に補正されます。この設定を最大とする範囲で調整を行うようにしましょう。
また、黒ツブレ、白トビを起こさない調整も重要です。下図に表したグレーのヒストグラムは、「設定後」の理想的な状態を示すものですが、これには、階調「12」レベル分のアソビ(空白)が設けられています。
no396_05.png
調整範囲が「32」レベルの概念図
調整範囲が「32」レベルの「現在のヒストグラム」では、 初期値の「0」レベルのシャドウ点を、32-12=「20」レベルに調整すると、12レベル分のアソビを設けた適正値になります。また、入力レベルを最大(「32」レベルの調整位置)にして、出力レベルで「12」レベルを設定することもできます。
たとえば、調整範囲が含まれていない(階調「0」レベル、または「255」レベルからヒストグラムが開始されている)画像は、すでに黒ツブレ、または白トビを起こしている可能性があるので、通常では中間調を除き、[レベル補正]での調整を行うべきではありません。その場合は、[トーンカーブ]を利用するなど、別の方法で補正を試みてください。
シャドウ部分を調整する
シャドウ点のスライダーをドラッグして、画像内のもっとも暗い部分を調整します。階調「0」レベルからヒストグラムの山型が開始されているところまでが調整範囲です。
シャドウ点をドラッグ
シャドウ点をドラッグ
ヒストグラムが細かく途切れている部分は無視してもかまいませんが、深く入りすぎると「黒ツブレ」を起こすので注意が必要です。
出力レベルの設定(シャドウ)
商業印刷の入稿用画像では、インクのにじみを回避するため、シャドウ部分にアソビ(空白)を設ける場合があります。アソビは256階調中の約5%、階調「12」レベルを目安に設定しておくとよいでしょう。
[出力レベル]を調整してアソビを設ける
[出力レベル]を調整してアソビを設ける
アソビは、黒ツブレや白トビを防止する目的がありますが、デジカメで撮影された画像のように、出力機器側ですでに補正されているものは、階調「0」レベルからいきなり、ヒストグラムの山型が始まっている例も多くあります。
RGBカラーモードで使用する場合は、さほど問題にはなりませんが、CMYKカラーモードの印刷結果では、黒ツブレの部分が際立ってしまう特性があるので、ヒストグラムの状態をよく確認しておきましょう。
ハイライト部分を調整する
ハイライト点のスライダーをドラッグして、画像内のもっとも明るい部分を調整します。階調「255」レベルからヒストグラムの山型が開始されているところまでが調整範囲です。
ハイライト点をドラッグ
ハイライト点をドラッグ
ヒストグラムが細かく途切れている部分は無視してもかまいませんが、深く入りすぎると「白トビ」を起こすので注意が必要です。
出力レベルの設定(ハイライト)
商業印刷の入稿用画像では、スペキュラハイライト(光源などの輝き部分)を除き、明るい部分の微妙な階調が失われないようにするため、ハイライト部分にアソビ(空白)を設ける場合があります。アソビは256階調中の約5%、階調「243」レベルを目安に設けておくとよいでしょう。
[出力レベル]を調整してアソビを設ける
[出力レベル]を調整してアソビを設ける
スペキュラハイライトのピクセル分布が極端に多いヒストグラムでは、すでに白トビが起きてしまっています。白トビの部分は階調が失われているので、あらゆる補正ツールを使用しても回復することはできません。
中間調(ガンマ)を調整する
中間点のスライダをドラッグして、シャドウとハイライトのバランスを調整します。画像を明るくしたい場合は左(シャドウ側)へ、暗くしたい場合は右(ハイライト側)へドラッグします。
中間点をドラッグ
中間点をドラッグ
中間点は「1.00」がデフォルトで、シャドウ点とハイライト点の中間にあります。
no369_11.png
[レベル補正]で「明度」と「階調」を補正した画像
シャドウとハイライトの位置を知りたい!
ヒストグラムが表すシャドウとハイライトの位置を知りたい場合は、いずれかの入力スライダを[option(Alt)]+ドラッグします。するとドキュメントが[黒点/白色点の限界を表示]モードに切り替わり、シャドウとハイライトの位置が表示されます。
no369_12.png
[黒点/白色点の限界を表示]モード
関連記事
psgips
Posted bypsgips