Photoshop養成ギプス

レイヤーの作成と編集

-
psgips
レイヤーの作成と編集
【Photoshop基本操作】[レイヤー]パネルは、レイヤーに関するすべての操作が直感的に行えます。ドラッグ&ドロップで複製や削除を行ったり、レイヤーの重ね順を入れ替えたり、詳細な設定ができるダイアログを表示させたり自由自在です。
メニューコマンドは使わない?
操作方法を文章で解説する場合、正確に伝わるのでメニューコマンドを使用しているわけですが、レイヤーに関しては、ほとんど使うことはありませんね。詳細な設定ができるダイアログを表示させることもしません。すべて解説用です(笑)。それほどに、レイヤーの操作は頻繁に行うので、[レイヤー]パネルでの操作が充実されているのでしょう。およその仕組みがわかったら、ショートカットキーなどを利用した時短技を身につけましょう。
レイヤーの作成方法
レイヤーの作成方法には、用途によりさまざまなアプローチがあります。基本的には、[レイヤー]パネルの[新規レイヤーを作成]と[option(Alt)]キーを併用すれば、すばやく作成できます。
[新規レイヤー]ダイアログを表示する
[レイヤー]メニューから、[新規]→[レイヤー]を選択、または[レイヤー]パネルの[新規レイヤーを作成]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。すると、[新規レイヤー]ダイアログが表示されます。
[新規レイヤーを作成]を[option(Alt)]+クリック
[新規レイヤーを作成]を[option(Alt)]+クリック
[レイヤー]パネルメニューでも同様に選択できます。
[新規レイヤー]ダイアログを設定する
表示された[新規レイヤー]ダイアログで、各設定を行います。各設定項目の内容は以下です。
[新規レイヤー]ダイアログ
[新規レイヤー]ダイアログ
レイヤー名
作成するレイヤーの名前を入力します。名前を入力しない場合は、「レイヤー 1」、「レイヤー 2」、「レイヤー 3」…のように自動設定されます。
下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成
チェックマークを入れると、これから作成するレイヤーが、下(背面)のレイヤーの塗り部分だけに影響を与えます。
描画モード
作成するレイヤーの描画モードを設定します。初期設定は[通常]が設定されています。
カラー
[レイヤー]パネルでレイヤーを見分けやすくするカラーラベルを選択します。初期設定は「なし」が設定されています。
不透明度
作成するレイヤーの不透明度を設定します。初期設定は[100 %]が設定されています。
[新規レイヤー]ダイアログを実行する
[新規レイヤー]ダイアログの設定ができたら、[OK]をクリックします。すると、設定した名前のレイヤー(透明ピクセル)が作成されます。
新しく作成されたレイヤーを確認
新しく作成されたレイヤーを確認
[新規レイヤー]ダイアログを表示させる必要がない場合や、後で設定を加える場合は、[レイヤー]パネルの[新規レイヤーを作成]をクリックするだけで、初期設定の新規レイヤーがすばやく作成できます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レイヤーの削除と複製
[レイヤー]パネルの操作で、いらなくなったレイヤーを削除する方法はカンタンです。直感的に「ゴミ箱のポイ!」ですから(笑)。この、レイヤーサムネールをアイコンボタンにドラッグする操作方法は、レイヤーを複製する場合にも使えます。レイヤーを削除する方法とレイヤーを複製する方法を関連付けて覚えておくといいでしょう。
レイヤーを削除する
[レイヤー]メニューから、[削除]→[レイヤー]を選択、または[レイヤー]パネルで、削除したいレイヤーサムネールを[レイヤーを削除]へドラッグ&ドロップします。
[レイヤーを削除]へドラッグ&ドロップ→レイヤーの削除を確認
[レイヤー]パネルメニューでも同様に選択できます。[レイヤーを削除]をクリックすると、「(選択中の)レイヤーを削除しますか?」というアラートが表示されます。
レイヤーを複製する
[レイヤー]メニューから、[レイヤーを複製]を選択、または[レイヤー]パネルで、複製したいレイヤーサムネールを[新規レイヤーを作成]へ[option(Alt)]キーを押しながらドラッグ&ドロップします。すると、[レイヤーを複製]ダイアログボックスが表示されます。
[新規レイヤーを作成]へドラッグ&ドロップ→レイヤーの複製を確認
[レイヤー]パネルメニューでも同様に選択できます。
[レイヤーを複製]ダイアログ
[レイヤーを複製]ダイアログ
複製元
[レイヤー]パネルで選択、または[新規レイヤーを作成]へ[option(Alt)]+ドラッグ&ドロップしたレイヤー名が表示されます。
新規名称
複製されるレイヤーの名前を入力します。名前を入力しない場合は、複製元と同じ名前、保存先が同じ画像(ドキュメント)の場合は、「〜のコピー」が自動設定されます。
ドキュメント
現在、開いている画像(ドキュメント)から保存先を選択します。[新規]の場合は、新規で作成する画像(ドキュメント)の名前を入力します。名前を入力しない場合は、「名称未設定」が自動設定されます。
ここでは、レイヤーを複製する際に[レイヤーを複製]ダイアログを表示させる方法を解説していますが、もちろん、[レイヤーを複製]ダイアログを表示させず、スピーディーにレイヤーを複製することもできます。操作方法は、[レイヤー]パネルで複製したいレイヤーサムネールを[新規レイヤーを作成]にドラッグします。
コピー&ペーストでもレイヤーは作成される!
他のドキュメントから画像をコピー&ペーストしたり、ドラッグ&ドロップしたりすると、新規レイヤーは自動的に作成されます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レイヤー名の変更
レイヤー名の変更は、コマンドメニューからの操作で行えますが、あらかじめ対象のレイヤーを選択しなくてはならないので、すべての操作を[レイヤー]パネルで行う操作方法をマスターした方が効率的です。
レイヤーを選択する
コマンドメニューから操作する場合は、必ずレイヤー名を変更したいレイヤーを選択します。[レイヤー]メニューから、[レイヤー名の変更]を選択します。[レイヤー]パネルで操作する場合は、あらかじめレイヤーを選択する必要はありません。選択されていないレイヤーでも、レイヤー名を直接ダブルクリックすると、レイヤーの選択と、テキストボックスのアクティブが同時に行えます。
対象のレイヤーを選択
対象のレイヤーを選択
操作方法は、ご使用のバージョンにより異なります。バージョン CS 6 以降では、[レイヤーのプロパティ]コマンドが廃止されているので、レイヤー名の変更は、[レイヤー名の変更]コマンド、またはダイレクト入力のみとなります。
レイヤー名を入力する
新しいレイヤー名の入力は、レイヤーサムネールのレイヤー名がアクティブ状態でなければ行えません。レイヤー名をダブルクリックします。すると、テキストボックスがアクティブ状態になります。新しいレイヤー名を入力します。入力できたら、[enter]キーを押して確定します。
レイヤー名をダブルクリック→新しいレイヤー名を入力
バージョン CS 5 の場合は、[option(Alt)]+ダブルクリックで、[レイヤーのプロパティ]ダイアログを表示することができます。
レイヤー名の変更を確認する
入力を確定したら、レイヤー名のテキストボックスがなくなり、通常のレイヤーサムネールの表示に戻ります。レイヤー名を変更することができました。
レイヤー名の変更を確認
レイヤー名の変更を確認
入力の確定は、他の操作をしても確定されるので、複数のレイヤー名を一度に変更する場合などは、入力の確定を省略して、次のレイヤー名をダブルクリックすれば効率化できるでしょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レイヤーの重ね順を入れ替え
新規レイヤーを作成したり、他の画像をドキュメントにコピー&ペーストした場合は、現在、選択しているレイヤーの前面に作成されます。レイヤーを作成した後で、レイヤーの重ね順を入れ替えるには、直感的に操作できる[レイヤー]パネルが便利です。
背面のレイヤーを最前面へ入れ替える
現在のドキュメントでは、テープの画像がポラロイド写真の下に隠れて見えなくなっています。レイヤーの重ね順を入れ替えて、テープの画像を最前面に入れ替える操作を行います。
テープがレイヤーの背面になっているドキュメント→テープをレイヤーの最前面へ
[レイヤー]メニューから、[重ね順]→[(入れ替える層)]を選択、または[レイヤー]パネルで、重ね順を入れ替えたいレイヤーサムネールをドラッグ&ドロップします。レイヤーをドラックして、入れ替えたい層に二重線が表示されたらマウスボタンを離します。マウスボタンを離すと、レイヤーの重ね順の入れ替えが完了します。目的の階層にレイヤーが入れ替えできたことを確認します。隠れていたテープの画像が表示されました。
レイヤーを移動させたい層へドラッグ&ドロップ→レイヤーの重ね順を入れ替えることができた
複数のレイヤーの重ね順を同時に入れ替えるには、[command(Ctrl)]キーを押しながら、対象のレイヤーを選択してアクティブ状態にし、入れ替えたい層にドラッグ&ドロップします。
関連記事
psgips
Posted bypsgips