Photoshop養成ギプス

【文字ツール】ワープテキストによる変形

-
psgips
【文字ツール】ワープテキストによる変形
【Photoshop基本操作】[ワープテキスト]とは、文字をさまざまな形に変形できる15種類のワープスタイルと、数値でゆがみをコントロールするスライダーが搭載された、テキストレイヤー限定のオプション機能です。
変形を維持したまま編集できる!
[ワープテキスト]のメリットは、ユニークな変形を維持したまま、テキスト内容が変更できることです。しっかり組んだロゴタイプやタイトルの訂正では大助かりですね。ダイアログには、3つの調整スライダーがありますが、最も影響力があるのは[カーブ]です。ワープスタイルを選んだら、まずは[カーブ]で調整してみましょう。
ワープテキストによる変形
[ワープテキスト]で変形できるのはテキストレイヤーだけです。テキストレイヤーの文字列すべてが変形の対象となり、一部の文字だけを変形することはできません。バージョン CS 2 以降では、[ワープ]コマンドで[ワープテキスト]機能(ワープモード)が併用できるようになりました。
文字を入力する
文字ツールで、ドキュメントに文字を入力します。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
[レイヤー]パネルで、対象のテキストレイヤーが選択されていることを確認してください。
テキストレイヤーを選択
テキストレイヤーを選択
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!文字の変形と回転
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
[ワープテキスト]ダイアログを表示する
オプションバーで、[ワープテキストを作成]をクリック、または[レイヤー]メニューから、[テキスト]→[ワープテキスト]を選択します。
[ワープテキストを作成]をクリック
[ワープテキスト]を設定する
[ワープテキスト]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[(任意のワープスタイル)]を選択、または効果の方向、カーブの適用量、ゆがみの効果を設定します。
[ワープテキスト]ダイアログ
[ワープテキスト]ダイアログ
15種類のワープスタイル
15種類のワープスタイル
スタイル
15種類のワープスタイルをメニューから選択できます。
[スタイル]に[なし]を選択すると、[ワープテキスト]の効果が解除されます。
水平(垂直)方向
ワープスタイル([カーブ])の適用方向を指定できます。「魚眼レンズ」、「膨張」、「ねじり」には指定できません。
カーブ
ワープスタイルの変形を%(パーセント)で設定できます。初期設定は「+50」%です。
水平方向のゆがみ
左右に視点を変えるような変形を%(パーセント)で設定できます。初期設定は「0」%です。
垂直方向のゆがみ
上下に視点を変えるような変形を%(パーセント)で設定できます。初期設定は「0」%です。
[ワープテキスト]ダイアログ
[ワープテキスト]ダイアログ
[ワープテキスト]が適用された
[ワープテキスト]が適用された
まず、[スタイル]から任意のワープスタイルを選択し、[水平方向]、または[垂直方向]のいずれかをクリックします。選択したワープスタイルの調整は[カーブ]で行います。[ワープテキスト]ダイアログの設定は、実行した後でも変更できます。また、テキストの再編集も可能です。[ワープテキスト]ダイアログを再表示するには、[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーサムネールをダブルクリックします。
[水平方向のゆがみ]、[垂直方向のゆがみ]の設定値は、たとえば「−25」、「+25」のように対比させて行うと、自然な傾きが得られるようになります。
単純な傾きに変形するには?
[ワープテキスト]で単純な傾きに変形させたい場合は、[スタイル]からワープスタイル(どれでも可)を選択して、[カーブ]の適用量を 0 % に設定します。そこから[水平方向のゆがみ]、または[垂直方向のゆがみ]を設定すれば OK。これなら、編集可能なテキストにも、簡単な動きがすばやく加えられますね。
[ワープテキスト]ダイアログ
[ワープテキスト]ダイアログ
ドキュメント
ドキュメント
[ワープテキスト]の[水平方向のゆがみ]で変形した文字は、[変形]コマンドの[遠近法]や[自由な形に]で作成される傾きとは異なります。どちらかと言えば、距離感のない不自然な傾きです。傾き角度を大きくしても文字幅が同じになるので、可読性を優先した文字列などには有効な表現になるのではないでしょうか。
続きは↓下の番号をクリック!
関連記事
psgips
Posted bypsgips