Photoshop養成ギプス

色調補正の3つのポイント

-
psgips
色調補正の3つのポイント
【Photoshop基本操作】物体の形は陰影によって認識されます。明るい部分と暗い部分の陰影の差が大きくなれば、物体はより際立って見えるでしょう。逆に陰影の差が小さくなれば、物体の正確な形がイメージできなくなるかも知れません。Photoshop の色調補正ツールは、このような陰影のコントロールを基本として、色域のバランスを調整しています。陰影のコントロールポイントは、ハイライト、中間調、シャドウの3つに分けられています。
球体をイメージしよう!
色調補正を考える最も簡単な方法は、球体の陰影をイメージすることです。簡略的な図形でもかまいませんが、写真素材を扱うなら、陶器や石膏でできた少しリアルな球体を眺める感覚の方がいいです。陰影をつくり出す光には、輝きや環境光も含まれていて、それらの階調の違いが、形状や質感の違いを表現しているのです。
色調補正の3つのポイント
画像を補正する際に、そのポイントとなる部分は、どのようなものが考えられるでしょうか? 多くの場合は、画像をくっきり鮮明なイメージにするため、コントラストを高めたいと思うでしょう。では、コントラストとは、どこをどのように調整すれば表現できるのでしょうか? その補正ポイントを「原理」から探りましょう。
色調補正の3つのポイント
ハイライト
画像内のもっとも明るい領域を白に近付くよう調整します。スペキュラハイライト(光源などの輝き部分)を除き、白トビを起こさないように注意しなければなりません。ハイライトの領域は、256階調の数値で示すと、255レベルが最大値で、これを「ハイライト点」、または「白色点」といい、128レベルの中間点までを範囲とします。
中間調(ガンマ)
シャドウとハイライトの中間値でバランスを調整します。中間値がシャドウに近付くと全体が明るくなり、ハイライトに近付くと全体が暗くなります。中間調の領域は、256階調の数値で示すと、128レベルが中間値で、これを「中間点」、または「中点」といい、シャドウ点からハイライト点までを範囲とします。
シャドウ
画像内のもっとも暗い領域を黒に近付くよう調整します。黒ツブレを起こさないように注意しなければなりません。シャドウの領域は、256階調の数値で示すと、0レベルが最小値で、これを「シャドウ点」、または「黒点」といい、128レベルの中間点までを範囲とします。
白トビと黒ツブレを回避する!
白トビ、黒ツブレとは、階調を含んでいない真っ白な領域や真っ黒な領域を言います。画像を補正する最低条件として、これらを回避することは一般的な常識とされています。さまざまな階調を含む写真に白トビや黒ツブレがあると、その部分だけが単一の面になり不自然です。
色調補正による白トビと黒ツブレ
色調補正による白トビと黒ツブレ
たとえば、コントラストを高くした人物の額が、白色で丸く抜け落ちてしまっているような現象です。際立ったコントラストを好まれる風潮もありますが、 このような補正では、後の修復も不可能になりますので、最善の注意を払わなければなりません。
続きは↓下の番号をクリック!
関連記事
psgips
Posted bypsgips