Photoshop養成ギプス

【画像合成】2次平面から起こす立体イラスト【1】

-
psgips
【画像合成】2次平面から起こす立体イラスト【1】
【Photoshop講座】Illustratorで作成した2次平面イラストを、Photoshop上で立体イラスト風に加工します。立体イラストとは、粘土や樹脂などの材料を使って立体的な表現がされたアートです。輪郭を象ったパスをシェイプレイヤーでパーツに分け、それぞれにレイヤースタイルの効果を加えて立体化しましょう。
レイヤースタイルの効果をコントロールする!
レイヤースタイルは、[ベベルとエンボス]などの立体的な効果を簡単に適用できます。しかし、レイヤーオブジェクトの領域に対して、エッジの設定が均等に適用されるため、異なるテクスチャが重なり合う境界部分では、なかなか思うような表現ができないものです。そんなときは、レイヤーマスクを活用しましょう。効果の小さいものと効果の大きいものを段階的に作成して、その境界をレイヤーマスクでなじませれば、ひとつのオブジェクトに異なったエッジが表現できます。
no418_01_01.png
Illustratorのドキュメント
パスをコピー&ペーストする
Illustratorで作成したイラストのパスをすべて選択してコピー、Photoshopのドキュメントにペーストします。
[ペースト]ダイアログ
[ペースト]ダイアログ
[ペースト]ダイアログで、[ペースト形式]に[シェイプレイヤー]を選択します。
1102×827ピクセルのRGB画像で新規画像を作成、あらかじめ背景色を塗りつぶしておきます。Illustratorのパスが[シェイプレイヤー]でペーストされると、現在、設定されている描画色で塗りつぶされた[シェイプ 1]が作成されます。
ドキュメント
ドキュメント
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネルには、ひとつのシェイプレイヤーが作成されていますが、このレイヤーの中に、Illustratorで作成したすべての塗り面(閉じたパス)が含まれています。
COLUMN
Photoshopで作成したイラストでもOK!
作例では、Illustratorで作成したイラストを素材にしていますが、もちろん、Photoshopで作成したイラストでも、同じ工法を用いて立体イラスト風に加工できます。しかし、ピクセルで構成されたビットマップ画像では、拡大・縮小などの変形を加えると画素が劣化してしまうので、仕上げサイズの自由度がありません。シェイプは、どんなサイズにしても劣化することはないので、その特性を活かして、レイヤースタイルの効果を最大限に発揮させましょう。
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
複数のシェイプレイヤーにパーツを分ける
[シェイプ 1]のパスは、複数の閉じたパスが重ねられているので、最背面のパスから順にシェイプレイヤーを作成し、複数のパーツに分けていく作業を行います。
パスをパーツに分けると、15のグループになるので、まず、[シェイプ 1]を15枚複製し、それぞれのシェイプレイヤーから不要なパスを取り除いていくといいでしょう。
この際、シェイプレイヤーの[塗り]を設定し、重ね合わせの順番や、シェイプの名前などを変更して整理していきます。
シェイプレイヤーの[塗り]の変更は、[レイヤー]パネルでシェイプレイヤーを選択し、ダブルクリックで[カラーピッカー]を表示、または[ツール]パネルでいずれかのシェイプツールを選び、オプションバーの[塗り]で、シェイプの塗りを設定します。
ドキュメント
ドキュメント
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
レイヤースタイルを適用する
[レイヤー]パネルで、[シェイプ 1]を選択します。[レイヤースタイルを追加]をクリックして、メニューから[ベベルとエンボス]を選択します。
[レイヤースタイル]ダイアログで、[構造]の[サイズ]に「4」px、[陰影]の[角度]に「120」°、[高度]に「30」°、[シャドウのモード]の[不透明度]に「50」%を設定します。
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログ
[スタイル]メニューから、[テクスチャ]を選択します。[エレメント]の[パターン]に「泡」、[比率]に「50」%、[深さ]に「+15」%を設定します。
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログ
[スタイル]メニューから、[パターンオーバーレイ]を選択します。[パターン]の[描画モード]に「オーバーレイ」、[パターン]に「泡」、[比率]に「50」%を設定し、[OK]をクリックします。
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログ
「シェイプ 1」にレイヤースタイルが適用されました。[ベベルとエンボス]に[テクスチャ]を設定したので、立体的な効果が泡状に適用されました。
ドキュメント
ドキュメント
ドキュメント
ドキュメント
後の作業で、すべてのシェイプレイヤーにレイヤースタイルを適用するので、[レイヤー]パネルの内容を省スペースにして確認しやすくするため、[fx]アイコン右の[▲]をクリックして、展開している[レイヤー効果]を閉じておきます。
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
関連記事
psgips
Posted bypsgips