Photoshop養成ギプス

切り抜きツール

-
psgips
切り抜きツール
【Photoshop基本操作】[切り抜きツール]とは、画像を切り抜くためのツールです。ドラッグした範囲を四角形に切り抜き、回転や変形などを同時に行う機能を持っています。切り抜き確定後でも、トリミング領域の移動や仕上げサイズの変更といった再編集が可能です。
基本的な操作から課題が見えてくる!
切り抜き後の領域を表示するバウンディングボックスは直感的に操作できます。切り抜きツールって超カンタン!…でも、画像を切り抜く動機とは何でしょう?
ほとんどの場合、切り抜き後の仕上げサイズは確定しているもの。だったら、バウンディングボックスを直感的に操作するなんて、あまり意味のないことかも知れません。まず、画像を四角形に切り抜く基本的な操作を行い、そこから「切り抜く動機」を考えることを課題としましょう!
切り抜きツールの基本操作
元画像から必要な領域だけを切り抜く、基本的な操作を行いましょう。[切り抜きツール]を実行すると、切り抜いたピクセル(切り抜き以外の領域)が削除される場合もあるので、元画像のバックアップは必ず保存しておきましょう。
ドキュメントを開く
解説に使用するドキュメントは、JPEG 形式の RGB 画像です。
ドキュメントを開く
ドキュメントを開く
photo by ashinari.com
このページの解説は、バージョン CS 6 のキャプチャを使用しています。バージョン CC 2015 以降の場合は、メニューの名称や操作が若干異なっていますので、以下のページを参照してください。
切り抜きツールを選択する
[ツール]パネルから、[切り抜きツール]を選択します。
[切り抜きツール]を選択
[切り抜きツール]を選択
[切り抜きツール]を選択すると、画像の周囲にバウンディングボックスが表示されます。
バウンディングボックスが表示される
バウンディングボックスが表示される
オプションバーのプリセットメニューに[比率]、バージョン CS 6 の場合は、[制約なし](初期設定)が設定されていることを確認してください。
[切り抜きツール]のオプションバー
[切り抜きツール]のオプションバー(CS 6)
バウンディングボックスを操作する
右下のコーナーハンドルを左上にドラッグします。バウンディングボックスをドラッグすると、現在、オプションバーで設定されている[表示](初期設定は三分割法)のオーバーレイガイドが表示され、マウスカーソルの右側に現在の切り抜きサイズ(座標)が表示されます。
コーナーハンドルをドラッグ
コーナーハンドルをドラッグ
オプションバーのプリセットメニューに[比率]、バージョン CS 6 の場合は、[制約なし]が選択されていると、バウンディングボックスのサイズ変更が、縦横辺とも自由に設定できます。コーナーの外側でドラッグすると、バウンディングボックスを回転できます。
左側のセンターハンドルを右側にドラッグします。コーナーハンドルでは2辺が同時に操作できましたが、センターハンドルでは1辺のみです。
センターハンドルをドラッグ
センターハンドルをドラッグ
切り抜き領域を調整して確定する
各ハンドルを操作して、切り抜き領域を調整します。バウンディングボックスの調整は、現在の切り抜き操作を確定するまで何度でも行えます。
切り抜き領域を調整
切り抜き領域を調整
オプションバーで、[現在の切り抜き操作を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、現在の切り抜き操作を確定します。人物の顔を主体としたトリミングができました。
現在の切り抜き操作を確定
現在の切り抜き操作を確定
切り抜き後の画像は、オプションバーの[切り抜いたピクセルを削除]が無効(初期設定)の場合、「背景」から「レイヤー 0」の変換が行われます。
「レイヤー 0」に変換
「レイヤー 0」に変換
切り抜き後のサイズは、バウンディングボックスを操作中に確認することができますが、トリミングする領域と切り抜き後のサイズは、必ずしも合致するものではありません。
切り抜き後の仕上げサイズを任意の数値に合わせたい場合は、オプションバーの設定を[幅 x 高さ x 解像度]、バージョン CS 6 の場合は、[サイズと解像度]を選択して、任意の[幅]、[高さ]、[解像度]の数値を入力します。バージョン CS 6 の場合は、[切り抜き画像のサイズと解像度]ダイアログで設定することもできます。
[切り抜いたピクセルを削除]ってなに?
オプションバーで、[切り抜いたピクセルを削除]にチェックマークを入れると、切り抜いたピクセル(切り抜き以外の領域)が削除されます。無効(初期設定)の場合は、切り抜いたピクセルが保存され、[移動ツール]で画像を移動すると、切り抜き以外の領域がドキュメント内に現れます。
無効(初期設定)の場合
切り抜いたピクセルを保存し、「背景」はレイヤー に変換されます。
無効(初期設定)の場合
有効の場合
切り抜いたピクセルを削除し、「背景」はレイヤーに変換されません。
有効の場合
バウンディングボックスはそのまま移動できる!
バウンディングボックスの内側をドラッグすると、大きさを変更することなく、切り抜き領域が移動できます。正しくは、バウンディングボックスの位置はそのままで、ドキュメントの方が移動するのですが、窓から覗くような感覚で切り抜き領域が調整できます。
バウンディングボックスを移動
バウンディングボックスを移動
続きは↓下の番号をクリック!
関連記事
psgips
Posted bypsgips