Photoshop養成ギプス

【切り抜きツール】構図のオーバーレイガイドを切り替える【表示オプション】

-
psgips
【切り抜きツール】構図のオーバーレイガイドを切り替える【表示オプション】
【Photoshop基本操作】[切り抜きツール]のバウンディングボックスには、画像を切り抜く際に構図を確認できる、さまざまな形式のオーバーレイガイドが用意されています。作業中に何度も切り替えることができるので、複数を組み合わせて最適な画面構成の切り抜きが行えます。
安定した構図を定石とする!
構図とは、視覚的に安定した画面構成のことをいい、グラフィックデザインにおいては、大変重要なテクニックのひとつです。明確な答えというものがないので、古くから見識者によるさまざまな研究が行われ、いくつかの「定石」と言われるものが存在します。構図に迷ったら定石を使え!それをサポートするのが、[切り抜きツール]の表示オプションです。
切り抜きツールの表示オプションを切り替える
[切り抜きツール]のバウンディングボックスをドラッグすると、初期設定では、画像を三分割したオーバーレイガイド[三分割法]が表示されます。このオーバーレイガイドは、画像を切り抜く際に構図を確認するもので、オプションバーの[切り抜きツールのオーバーレイオプションを設定]、バージョン CS 6 の場合は[切り抜きツールの表示オプションを設定]で、さまざまな形式のものに切り替えることができます。
このページの解説は、バージョン CS 6 のキャプチャを使用しています。バージョン CC 2015 以降の場合は、メニューの名称や操作が若干異なっていますので、以下のページを参照してください。
[ツール]パネルから、[切り抜きツール]を選択します。
[切り抜きツール]を選択
[切り抜きツール]を選択
オプションバーで、[切り抜きツールのオーバーレイオプションを設定]、バージョン CS 6 の場合は[切り抜きツールの表示オプションを設定]をクリックし、メニューから、オーバーレイガイドの形式を選択します。
切り抜きツールの表示オプションを設定
三分割法
画像の幅と高さを均等に三分割したオーバーレイガイドを表示します。
三分割法
グリッド
表示倍率に関係なく48×48 pixel グリッドのオーバーレイガイドを表示します。
グリッド
対角線
45°で交差したオーバーレイガイドを縦横の比率で相対的に表示します。
対角線
三角形
対角線上に黄金比分割した焦点を相対的に表示します。
三角形
黄金比
水平垂直に黄金比分割したオーバーレイガイドを表示します。
黄金比
黄金螺旋
黄金比でつないだ曲線(対数螺旋)のオーバーレイガイドを表示します。
黄金螺旋
オーバーレイガイドの向きを変える
[三角形]と[黄金螺旋]のオーバーレイガイドは、上下左右の向きを変えることができます。オプションバーで、[切り抜きツールのオーバーレイオプションを設定]クリックし、メニューから[向きを切り替え]を選択します。バージョン CS 6 の場合は[切り抜きツールの表示オプションを設定]をクリックし、メニューから[オーバーレイの向きを切り替え]を選択します。
また、[オーバーレイを自動表示]を選択すると、バウンディングボックスを操作するときだけ、オーバーレイガイドが表示されるようになります。[切り抜きツール]を選択中に[O]キーを押すと、オーバーレイガイドの表示をメニューの順に切り替えることができます。
続きは↓下の番号をクリック!
関連記事
psgips
Posted bypsgips