Photoshop養成ギプス

【切り抜きツール】切り抜きサイズを指定する方法【幅 x 高さ x 解像度】

-
psgips
【切り抜きツール】切り抜きサイズを指定する方法【幅 x 高さ x 解像度】
【Photoshop講座】画像から必要な部分だけを切り抜く場合、あらかじめ、切り抜きサイズが指定されていることがあります。表示される座標値を確認しながら切り抜くこともできますが、それでは適切なトリミングができないし、仕上げサイズの単位や解像度が違っていたら、切り抜きのほかに複数の操作を組み合わさなければなりません。[切り抜きツール]の[幅 x 高さ x 解像度]を使用すれば、任意の[幅]、[高さ]、[解像度]を設定して、一度の操作で正確に切り抜くことができます。
バウンディングボックスが指定サイズと同じ比率になる!
画像のトリミングは、仕上げサイズあってのトリミングです。仕上げサイズを指定しない切り抜きって存在するの? って思うくらい、[幅]、[高さ]、[解像度]は、重要なレギュレーションです。[切り抜きツール]の[幅 x 高さ x 解像度]を使用すると、指定サイズと同じ比率のバウンディングボックスで調整できるので、正確なサイズと思い通りのトリミングが一度に行えます。
1 2 3 4 5
幅 x 高さ x 解像度の操作方法
たとえば、プロフィールに使う画像の仕上げサイズが、[幅:400 pixel]、[高さ:400 pixel]、[解像度:72 pixel/inch]に規定されていたとします。デジカメやスマホで撮影した上半身までが含まれている元画像は、それよりもずっと大きいサイズです。このような条件で、顔の部分だけをトリミングしたい場合は、[切り抜きツール]の[幅 x 高さ x 解像度]を使用しましょう。
元画像→指定された画像サイズでトリミングする
スマートオブジェクトに変換する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1065 pixel]、[高さ:1600 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
素材画像が開けたら、[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換]を適用すると、[背景]やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、切り抜き後の画像が再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】切り抜きサイズを指定する方法
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
切り抜きツールを選択する
[ツール]パネルから、[切り抜きツール]を選択します。
[切り抜きツール]を選択
[切り抜きツール]を選択
[切り抜きツール]を選択すると、画像の周囲にバウンディングボックスが表示されます。
バウンディングボックスが表示される
バウンディングボックスが表示される
指定サイズでそのまま切り抜くと?
指定された画像サイズを「400 x 400 pixel」と仮定すると、作例では指定サイズから顔がはみ出してしまいます。指定サイズ以内に顔を収めるには、画像を縮小しなければなりません。[切り抜きツール]の[幅 x 高さ x 解像度]モードを使用すると、任意の[幅]、[高さ]、[解像度]を設定して、一度の操作で正確に切り抜くことができます。
指定サイズから顔がはみ出す
指定サイズから顔がはみ出す
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
[幅 x 高さ x 解像度]を設定する
オプションバーで、[縦横比のプリセットまたは切り抜きサイズを選択]をクリックし、プリセットメニューから、[幅 x 高さ x 解像度]を選択します。
[幅 x 高さ x 解像度]を選択
[幅 x 高さ x 解像度]を選択
バージョンCS6の場合!
バージョン CS 6 の場合は、[サイズと解像度]を選択します。オプションバーで[サイズと解像度]を選択すると、[切り抜き画像のサイズと解像度]ダイアログが表示されます。ダイアログで設定後、オプションバーで再入力することも可能です。
[サイズと解像度]を選択
[サイズと解像度]を選択
[切り抜き画像のサイズと解像度]ダイアログを設定
[切り抜き画像のサイズと解像度]ダイアログを設定
オプションバーで、[切り抜く画像の幅を設定]、[切り抜く画像の高さを設定]、[切り抜く画像の解像度を設定]に任意の数値を入力します。
切り抜きサイズと解像度を入力
切り抜きサイズと解像度を入力
切り抜きサイズを設定!
作例で想定している切り抜きサイズは、400 x 400 pixel です。解像度の指定がない場合は、「72」px/in、または「96」px/in を入力してください。
切り抜きサイズと解像度を設定すると、バウンディングボックスに比率が反映されます。
バウンディングボックスに比率が反映される
バウンディングボックスに比率が反映される
反映されるのは比率のみ!
この時点では、画像に対して Max 値のバウンディングボックスが表示されるので、設定した数値に反映されているのは、[幅]、[高さ]の「比率」のみです。オプションバーの設定は、以降の操作に反映されます
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
バウンディングボックスを操作する
右下のコーナーハンドルを[option(Alt)]キーを押しながら、左上にドラッグします。
コーナーハンドルを[option(Alt)]+ドラッグ
コーナーハンドルを[option(Alt)]+ドラッグ
中心点をアンカー!
コーナーハンドルを[option(Alt)]+ドラッグすると、バウンディングボックスの中心点を固定したコントロールができます。トリミングする部分が中央にある場合に効率的です。
バウンディングボックスの内側をドラッグして、切り抜き領域を移動します。トリミングの目的が顔なので、中心点が顔の中心になるように移動します。
バウンディングボックスの内側をドラッグ
バウンディングボックスの内側をドラッグ
バウンディングボックスの背後が動く!
図では、バウンディングボックスが移動しているように見えますが、Photoshop 上では、バウンディングボックスの位置はそのままで、背後にあるドキュメントの方が移動します。
切り抜きバウンディングボックスを作成→ドキュメントを移動して切り抜き領域に合わせる
切り抜き領域を調整する
バウンディングボックスの右下のハンドルを、[option(Alt)]キーを押しながらドラッグして、切り抜き領域を調整します。
コーナーハンドルを[option(Alt)]+ドラッグ
コーナーハンドルを[option(Alt)]+ドラッグ
大きさを変えても比率をキープ!
オプションバーで設定した比率がキープされるので、どのハンドルをドラッグしても同じように調整は行えます。
切り抜き領域が調整できたら、オプションバーで、[現在の切り抜き操作を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、現在の切り抜き操作を確定します。
[現在の切り抜き操作を確定]をクリック
[現在の切り抜き操作を確定]をクリック
切り抜きサイズを指定したトリミングができた(100%表示)
切り抜きサイズを指定したトリミングができた(100%表示)
トリミング位置を移動してもOK!
あらかじめ、スマートオブジェクトに変換しておくと、切り抜き以外の領域がドキュメント内に保存されているので、[command(Ctrl)]+ドラッグ、または[移動ツール]でドラッグすると、隠れていた画像が現れます。
切り抜き後の移動が可能になる
切り抜き後の移動が可能になる
切り抜いたピクセルを削除
オプションバーで、[切り抜いたピクセルを削除]にチェックマークを入れると、切り抜いたピクセル(切り抜き以外の領域)が削除されます。無効(初期設定)の場合は、切り抜いたピクセルが保存され、[移動ツール]で画像を移動すると、切り抜き以外の領域がドキュメント内に現れます。
[切り抜いたピクセルを削除]が無効の場合→[切り抜いたピクセルを削除]が有効の場合
無効の場合:「背景」はレイヤー に変換される→有効の場合:「背景」はレイヤーに変換されない
有効はキケン!
[切り抜いたピクセルを削除]オプションは、トリミングによって不要になったドキュメント領域外のピクセルを削除するものですが、「非破壊編集」という考え方においては、有効にしておくと危険な存在になります。[スマートオブジェクトに変換]→トリミングした画像(PSD 形式)からの出力で対応することをオススメします。
オーバーレイオプションを設定
[切り抜きツール]のバウンディングボックスには、画像を切り抜く際に構図を確認できる、さまざまな形式のオーバーレイガイドが用意されています。作業中に何度も切り替えることができるので、複数を組み合わせて最適な画面構成の切り抜きが行えます。
【操作方法】
オプションバーで、[切り抜きツールのオーバーレイオプションを設定]をクリックし、メニューから、オーバーレイガイドの形式を選択します。
オーバーレイガイドの形式を選択
オーバーレイガイドの形式を選択
バージョンCS6の場合!
バージョン CS 6 の場合は[切り抜きツールの表示オプションを設定]をクリックし、メニューから、オーバーレイガイドの形式を選択します。
オーバーレイガイドの形式を選択
オーバーレイガイドの形式を選択
三分割法
画像の幅と高さを均等に三分割したオーバーレイガイドを表示します。
三分割法
グリッド
表示倍率に関係なく48×48 pixel グリッドのオーバーレイガイドを表示します。
グリッド
対角線
45°で交差したオーバーレイガイドを縦横の比率で相対的に表示します。
対角線
三角形
対角線上に黄金比分割した焦点を相対的に表示します。
三角形
黄金比
水平垂直に黄金比分割したオーバーレイガイドを表示します。
黄金比
黄金螺旋
黄金比でつないだ曲線(対数螺旋)のオーバーレイガイドを表示します。
黄金螺旋
オーバーレイの向きを変える!
[三角形]と[黄金螺旋]のオーバーレイガイドは、上下左右の向きを変えることができます。オプションバーで、[切り抜きツールのオーバーレイオプションを設定]クリックし、メニューから[向きを切り替え]を選択します。バージョン CS 6 の場合は[切り抜きツールの表示オプションを設定]をクリックし、メニューから[オーバーレイの向きを切り替え]を選択します。
続きは↓下の番号をクリック!
1 2 3 4 5
関連記事
psgips
Posted bypsgips