Photoshop養成ギプス

【絵画調】水彩画の風景スケッチ【1】

-
psgips
【絵画調】水彩画の風景スケッチ【1】
【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、吸水性がよい紙に顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩(ウォーターカラー)という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法と大きく違っているところは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。画仙紙の粗い風合いとにじみを表現しながら、一枚の風景写真を絵手紙などに描く素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。
鉛筆下書きを加える!
水彩画は絵の具を薄く塗るので、鉛筆などで下書きした線が残っている場合があります。これをあえて演出に加えます。写真をスケッチ風にする技法を彩色の下地に敷き、上から絵の具を重ねていく感覚で、水彩画の独特なタッチをつくって行きましょう。
素材画像を開く
素材画像の「大阪市中央公会堂」を開きます。素材画像は、[幅:1600 pixel][高さ:1200 pixel][解像度:72 pixel/inch][モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像「大阪市中央公会堂」
素材画像「大阪市中央公会堂」
色彩を多く含む風景写真がベスト!
加工する素材は、色彩を多く含む風景写真が好ましいです。作例のような赤いレンガの建物は、木々の緑や青空と補色関係にあるので、写真を水彩画っぽく見せやすいでしょう。
背景を複製する
後の手順で、同じ画像を合成して加工するため、[背景]を複製します。[レイヤー]パネルで、[背景]を[新規レイヤーを作成]にドラッグします。すると、[背景 コピー]が作成されます。つぎに、[背景 コピー]を非表示にして、[背景]を選択します。
[背景]を複製
[背景]を複製
[背景]を選択
[背景]を選択
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】風景写真を水彩画のスケッチ風にする
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
下書き風の画像を作成する
選択した[背景]を、白い紙に鉛筆で描いた下書き風に加工します。[フィルター]メニューから、[表現手法]→[輪郭検出]を選択して適用します。
続いて、[イメージ]メニューから、[色調補正]→[彩度を下げる]を選択して適用します。すると、画像から輪郭だけが検出され、わずかに残った色彩がモノクロに変換されます。
[輪郭検出]を適用
[輪郭検出]を適用
[彩度を下げる]を適用
[彩度を下げる]を適用
輪郭検出した結果、白い部分に不自然な斑点模様があるので、画像を補正して白黒のコントラストを強めます。[イメージ]メニューから、[色調補正]→[レベル補正]を選択します。[レベル補正]ダイアログで、[入力レベル]に[0/1.00/204]を入力し、[OK]をクリックします。
[レベル補正]ダイアログを設定
[レベル補正]ダイアログを設定
白い部分にあった不自然な斑点模様が消え、はっきりした線画になりました。
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
右側の調整点は白色を調整!
[入力レベル]の右側の調整点は、ハイライト(白色)点を調整するものです。ハイライト点を255階調レベルから204階調レベルに設定することで、画像内の204〜255階調レベルにあった階調が、すべて255階調レベルの白色に調整されます。
鉛筆のタッチを加える
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択し、[フィルターギャラリー]操作パネルで、[アーティスティック]→[色鉛筆]を選択します。[色鉛筆]ダイアログで、[芯の太さ]に「1」、[筆圧]に「8」、[用紙の明るさ]に「50」を入力して、[OK]をクリックします。
[色鉛筆]ダイアログ(部分)
[色鉛筆]ダイアログ(部分)
[色鉛筆]で、鉛筆のタッチを加えることができました。
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
[色鉛筆]設定のコツ!
[色鉛筆]の設定は、まず、[用紙の明るさ]を調整しましょう。[用紙の明るさ]は、初期設定に「25」が設定されています。これは、適用画像の白い部分を50%グレー(中性色)に調整するもので、「0」で黒、「50」で白に変換されます。ここでは、適用画像の白い部分をそのまま白にしたいので「50」を設定しました。
[芯の太さ]は、初期設定に「3」が設定されています。これは、交差しているタッチの明度を調整するもので、数値が大きくなるほど、コントラストが強くなります。ここでは、適用画像の明るい部分にできるだけタッチを残したいので、いちばん小さな数値「1」を設定しました。
[筆圧]は、初期設定に「8」が設定されています。これは、交差しているタッチの色をブレンドするもので、数値が大きくなるほど、ブレンド量が強くなり色の領域を増やします。ここでは、適用画像がモノクロなので、初期設定の「8」をそのまま設定しました。
トーンを淡くして鉛筆の質感に近づける
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[レベル補正]を選択して、[レベル補正 1]を作成します。
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
[レベル補正]ダイアログで、[出力レベル]に[38/255]を入力します。
[レベル補正]ダイアログ
[レベル補正]ダイアログ
黒い部分が濃いグレーに補正され、鉛筆で描いたような色になりました。
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
左側の調整点は黒色を調整!
[出力レベル]の左側の調整点は、シャドウ(黒)点を調整するものです。シャドウ点を0階調レベルから38階調レベルに設定することで、画像内の0〜38階調レベルにあった階調が、すべて38階調レベルの濃いグレーに調整されます。
彩色用の画像を表示する
[レイヤー]パネルで、[背景 コピー]を表示して選択し、描画モードに[比較(暗)]を選択します。
[背景 コピー]を選択
[背景 コピー]を選択
[比較(暗)]を選択
[比較(暗)]を選択
すると、部分的に鉛筆のタッチが現れます。
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
[比較(暗)]とは?
描画モードの[比較(暗)]は、RGBのチャンネルごとに、背面と前面のレイヤーのカラーを比べて、数値の合計が低い方の色(暗い色)を表示します。
水彩画のぼかし効果を加える
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択し、[フィルターギャラリー]操作パネルで、[アーティスティック]→[ドライブラシ]を選択します。[ドライブラシ]ダイアログで、[ブラシサイズ]に「10」、[ブラシの細かさ]に「0」、[テクスチャ]に「1」を入力して、[OK]をクリックします。
[ドライブラシ]ダイアログ
[ドライブラシ]ダイアログ
[ドライブラシ]フィルターで、水彩画のぼかし効果を加えることができました。
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
[ドライブラシ]が適用できたら、[レイヤー]パネルで、[背景 コピー]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[背景 コピー 2]を作成します。複製した[背景 コピー 2]を非表示にして、[背景 コピー]を選択します。
[背景 コピー]を複製
[背景 コピー]を複製
[背景 コピー]を選択
[背景 コピー]を選択
[ドライブラシ]設定のコツ!
[ドライブラシ]の設定は、まず、[ブラシサイズ]を調整しましょう。[ブラシサイズ]は、初期設定に「2」が設定されています。これは、ピクセルをブレンドする大きさを調整するもので、数値が大きくなるほど、単純化される範囲が広くなり、大きなブラシで描いたようなタッチになります。ここでは、できるだけ大まかなぼかし効果を加えたいので、最大値の「10」に設定しました。
[ブラシの細かさ]は、初期設定に「8」が設定されています。これは、ブラシを強調するエッジの幅を調整するもので、数値が大きくなるほどエッジの幅が小さくなり、適用画像のディテールを残せます。ここでは、ディテールを大きく崩したいので、最小値の「0」に設定しました。
[テクスチャ]は、初期設定に「1」が設定されています。これは、ブラシのハロー(光りがぼやけて見える現象)を調整するもので、数値が大きくなるほどハローが強くなり、ランダムなタッチが現れます。ここでは、できるだけフラットな彩色を表現したいので、最小値の「1」に設定しました。
関連記事
psgips
Posted bypsgips