Photoshop養成ギプス

調整レイヤーの種類と作成方法

-
psgips
調整レイヤーの種類と作成方法
【Photoshop基本操作】調整レイヤーとは、ドキュメントやレイヤー単位で色調補正が行えるオプション機能です。調整レイヤーを作成すると、元画像の内容をそのまま保つことができ、設定した後でも再編集が加えられるので大変便利です。
クリッピングとマスクで広がる表現力!
調整レイヤーにクリッピングマスクを設定すると、下のレイヤーの透明部分、またはレイヤーマスクで隠された部分には、影響を与えない調整が可能となります。調整レイヤーにも、レイヤーマスクの領域を作成することができるので、さらに詳細な調整範囲の指定が行えます。たとえば、下のレイヤーマスクで型抜き、調整レイヤーのレイヤーマスクでグラデーションを設定するなどの組み合わせが行えるようになります。
調整レイヤーの作成方法
調整レイヤーを作成するには、[レイヤー]メニューから選択する方法や、[色調補正]パネルでアイコンをクリックする方法などがありますが、初級ユーザーの方には、調整レイヤーの種類を確認しながらすばやく作成できる、[レイヤー]パネルから選択する方法をオススメいたします。
調整レイヤーの種類を選択する
[レイヤー]パネルで、調整レイヤーを作成したいレイヤーを選択します。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[(調整レイヤーの種類)]を選択します。メニューは上段から、塗りつぶしレイヤー、階調系の色調補正ツール、色域系の色調補正ツール、その他の効果に分けられています。
[レイヤー]パネル
[新規レイヤー]ダイアログの表示
レイヤー名や描画モードなどの設定項目をひとつのダイアログで行える[新規レイヤー]ダイアログを表示するには、[レイヤー]メニューから、[調整レイヤー]→[(調整レイヤーの種類)]を選択、または[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックし、メニューから[(調整レイヤーの種類)]を選択します。
メニューから選択した[(調整レイヤーの種類)]が作成されました。
調整レイヤーの作成を確認
調整レイヤーの作成を確認
新規調整レイヤー作成時は、レイヤーマスクが選択された状態で、[属性]パネルの[色調補正](調整レイヤーの種類)のダイアログが自動的に表示されます。
調整レイヤーを設定する
調整レイヤーの設定は、[属性]パネルの[色調補正](調整レイヤーの種類)のダイアログで行います。設定方法は選択した調整レイヤーの種類によって異なります。ここでは、調整レイヤーの種類に共通した設定をご紹介しましょう。
バージョン CS 5 以前では、[色調補正]パネル内にダイアログ(調整レイヤーの種類)が自動的に表示され、[マスク]は独立した[マスク]パネルを表示して設定を行います。
[色調補正]と[マスク]の切り替え
[属性]パネルに表示される[色調補正](調整レイヤーの種類)のダイアログの[マスク]をクリックすると、作成したレイヤーマスクの[濃度]や[ぼかし]を調整できる[マスク]ダイアログが表示されます。
[レイヤー]パネル
[属性]パネルを非表示にした場合や、作業中に別のパネルを表示した場合は、[レイヤー]パネルの調整レイヤーサムネールをクリックすると、[色調補正](調整レイヤーの種類)のダイアログが表示され、レイヤーマスクサムネールをクリックすると、[マスク]ダイアログが表示されます。
[レイヤー]パネル
レイヤーサムネール、またはレイヤーマスクサムネールをクリックすると、現在選択中であることを示す2重枠表示になります。
クリッピングマスクを作成
[属性]パネルに表示される[色調補正](調整レイヤーの種類)のダイアログの[この色調補正はレイヤーにクリップされます(クリックすると下のすべてのレイヤーに影響します)]をクリックすると、クリッピングマスクが作成されます。
[クリッピングマスクを作成]を確認
[クリッピングマスクを作成]を確認
クリッピングの解除方法!
[クリッピングマスクを作成]を解除するには、[属性]パネルに表示される[色調補正](調整レイヤーの種類)のダイアログの[この色調補正はレイヤーにクリップされます(クリックすると下のすべてのレイヤーに影響します)]をクリック、または[レイヤー]メニューから、[クリッピングマスクを解除]を選択します。ショートカットメニューは、[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[G]キーを押します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
調整レイヤーの種類
調整レイヤーには、色調補正に関する詳細な設定ができる、さまざまなメニューが用意されています。[イメージ]メニューから、[色調補正]を選択した場合のダイアログ形状は少し違いますが、調整できる機能も設定方法も同じです。再編集可能な調整レイヤーをできるだけ活用しましょう。
明るさ・コントラスト
明るさ・コントラスト
画像の明るさとコントラストをそれぞれのスライダーで調整できます。
レベル補正
レベル補正
画像のピクセル分布をヒストグラムで表示し、階調を総合的に調整できます。
トーンカーブ
トーンカーブ
レベル、明るさ、コントラストなどの調整点を曲線でコントロールし、階調や色域を総合的に調整できます。
露光量
露光量
画像の明るさをRGB値のガンマ(光の強さ)で調整できます。
自然な彩度
自然な彩度
彩度の増減によるクリッピング(階調が失われる現象)を抑え、自然な彩度に調整できます。
色相・彩度
色相・彩度
画像の色相、彩度、明度をスライダーで調整できます。
カラーバランス
カラーバランス
RGBカラーの色情報を個別に調整して、色調を総合的に補正できます。
白黒
白黒
色の系統別パラメーターで、カラー画像をグレースケールへ変換できます。
レンズフィルター
レンズフィルター
暖色系や寒色系など、物理的なカラーフィルターの効果を擬似的に再現できます。
チャンネルミキサー
チャンネルミキサー
RGBカラーチャンネルの明度を調整し、色調を総合的に補正できます。
カラールックアップ
カラールックアップ
選択した3D LUT(3次元空間のカラーテーブル)の色調に変換できます。
階調の反転
階調の反転
画像の階調を反転します。
ポスタリゼーション
ポスタリゼーション
画像の階調数を減少させるポスタリゼーションの効果を調整できます。
2階調化
2階調化
2階調化したモノクロの境界(しきい値)を調整できます。
グラデーションマップ
グラデーションマップ
グレースケールの濃淡に対してグラデーションを設定できます。
特定色域の選択
特定色域の選択
画像内にある特定の色域をCMYKカラーで調整し、色調を総合的に補正できます。
関連記事
psgips
Posted bypsgips