Photoshop養成ギプス

【ロゴ】フォントでつくる!リアルな水滴の文字

-
psgips
【ロゴ】フォントでつくる!リアルな水滴の文字
【Photoshop講座】画像に入力したテキストをベースに、転がったコップから撒かれたような水の形に変形し、[レイヤースタイル]だけでリアルな質感を作り出します。テーブルにこぼれた水滴の文字を作成しましょう。
光源の入射角と逆の影!
光源の入射角とは、物体の表面がいちばん明るく反射している方向を角度で表すものです。水滴の場合も、この光源の入射角は存在しますが、透明の物体は屈折光が反対側に現れます。なので、不透明な物体とは法則が違うワケです。屈折光と反射光を使い分けることが、リアルな水滴の質感をつくるコツです。
テキストをこぼれた水滴風に加工
これから行う操作は、入力したテキストや塗りつぶしオブジェクトをこぼれた水滴風に加工する方法です。作例ではフォントを利用していますが、すべての形状をフリーハンドで描くことも可能です。ベースになるオブジェクトさえあれば、リアルな水滴の質感はどんな形にでも応用できます。
画像に入力したテキスト(拡大)→テキストをこぼれた水滴風に加工(拡大)
ベースのフォントを入力する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:2560 pixel]、[高さ:1712 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。背景に敷く素材は、水滴の質感が活かせる木目やタイル地など、コントラストが高く、濃い色相のものが好ましいです。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール]パネルで、[横書き文字ツール]を選択します。
[横書き文字ツール]を選択
[横書き文字ツール]を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に「250 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定]に「250 pt」を入力
[フォントサイズを設定]に「250 pt」を入力
任意のフォントを設定!
作例では、「Comic Sans MS」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
文字を入力
文字を入力
文字の間隔を空けよう!
こぼれた水滴の効果は、隣接する文字との距離が近いほどそれっぽく見えます。あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し詰めておくと効果的です。文字列が欧文の場合は、[選択した文字のトラッキングを設定]に[-10]を設定し、「W」と「a」など、間隔が広い組み合わせは、[文字のカーニングを設定]で個別に設定しておくといいでしょう。
カーニングとトラッキングを設定
カーニングとトラッキングを設定
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】テーブルにこぼれた水滴で文字を作成する
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
文字の垂直比率を拡大する
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリックして、[文字]パネルを表示します。
[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリック
[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリック
[文字]パネルで、[垂直比率]に「150%」を設定します。
[垂直比率]に「150%」を設定
[垂直比率]に「150%」を設定
STEP 1→文字の垂直比率を拡大することができた
遠近法のための変形!
素材画像のテーブルは、斜め上からの角度が付いているので、奥の方が小さく見える遠近法が存在しています。そのため、テーブル上に置かれたものは、正面から見るより細長く見えます。テキストレイヤーには、そのまま[遠近法]による変形ができないので、まず[垂直比率]で縦長に変形しておきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字を回転する
[編集]メニューから、[変形]→[自由変形]を選択、または[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
バウンディングボックスの外側を[shift]キーを押しながらドラッグし、文字を15°回転します。
文字を15°回転
文字を15°回転
文字が回転できたら、[enter]キーを押して変形を確定します。
STEP 2→文字を回転することができた
15°単位で回転できる!
変形のバウンディングボックスを回転するとき、[shift]キーを併用すると、±15°単位で正確な回転角度を設定することができます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字にゆがみを加える
オプションバーで、[ワープテキストを作成]をクリックして、[ワープテキスト]ダイアログを表示します。
[ワープテキストを作成]をクリック
[ワープテキストを作成]をクリック
[ワープテキスト]ダイアログで、[スタイル]に[円弧]を選択します。
ワープスタイルの適用方向に[水平方向]をクリックします。
[スタイル]に[円弧]を選択
[スタイル]に[円弧]を選択
[カーブ]に「−25」%、[垂直方向のゆがみ]に「+25」%を設定して、[OK]をクリックします。
各項の変形率を設定
各項の変形率を設定
STEP 3→文字にゆがみを加えることができた
ワープテキストとは?
[ワープテキスト]とは、文字をさまざまな形に変形できる15種類のワープスタイルと、数値でゆがみをコントロールするスライダーが搭載された、テキストレイヤー限定のオプション機能です。テキストレイヤーの文字列すべてが変形の対象となり、一部の文字だけを変形することはできません。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字の大きさと位置を調整する
[編集]メニューから、[変形]→[自由変形]を選択、または[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
バウンディングボックスの右下コーナーハンドルを[shift]+ドラッグして、文字の大きさを調整します。
文字の大きさを調整
文字の大きさを調整
バウンディングボックス内をドラッグして、文字の位置を調整します。
文字の位置を調整
文字の位置を調整
文字の大きさと位置が調整できたら、[enter]キーを押して変形を確定します。
STEP 4→文字の大きさと位置を調整することができた
[自由変形]を活用しよう!
テキストレイヤーはもちろん、シェイプレイヤーやスマートオブジェクトなどの変形は、[command(Ctrl)]+[T]キーでバウンディングボックスが表示できる[自由変形]を活用しましょう。バウンディングボックス内をドラッグして移動できるほか、座標値や変形率などの数値入力もできる万能ツールです。
文字の選択範囲を作成する
[レイヤー]パネルで、[レイヤーの表示 / 非表示]をクリックし、テキストレイヤーを非表示にします。
[レイヤーの表示 / 非表示]をクリック
[レイヤーの表示 / 非表示]をクリック
テキストレイヤーサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックします。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
すると、文字の選択範囲が作成できます。
文字の選択範囲を作成することができた
文字の選択範囲を作成することができた
[選択範囲]メニューから、[選択範囲を変更]→[滑らかに]を選択します。[選択範囲を滑らかに]ダイアログで、[半径]に「16」pixelを設定して、[OK]をクリックします。
[選択範囲を滑らかに]ダイアログを設定
[選択範囲を滑らかに]ダイアログを設定
[選択範囲を滑らかに]適用前(拡大)→[選択範囲を滑らかに]適用後(拡大)
エッジを滑らかにする!
作例では、こぼれた水滴の文字を想定したフォントを選びましたが、まだ鋭いエッジの部分があります。この鋭いエッジの部分を滑らかにして、水滴らしさを演出するため、[選択範囲を滑らかに]を適用しました。
選択範囲を塗りつぶす
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックして、[レイヤー 1]を作成します。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[ブラック]を選択して、[OK]をクリックします。
[内容]に[ブラック]を選択
[内容]に[ブラック]を選択
選択範囲がブラックで塗りつぶせたら、[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。
選択範囲を塗りつぶすことができた
選択範囲を塗りつぶすことができた
文字は何色でも可能!
作例では、文字の色に[ブラック]を選択しましたが、背景色に対して見やすい色を設定してください。何色で塗りつぶしても、これから設定する効果には影響ありません。
水のシルエットを描く
[ツール]パネルから、[ブラシツール]を選択します。
[ブラシツール]を選択
[ブラシツール]を選択
オプションバーで、[クリックでブラシプリセットピッカーを開く]をクリックし、[ハード円ブラシ]を選択します。
[直径]に「32 px」を入力します。
ブラシ先端を設定
ブラシ先端を設定
ドキュメント内をドラッグして、テーブルの上に撒かれた水滴と、グラスからこぼれる水のシルエットを描きます。
水のシルエットを描くことができた
水のシルエットを描くことができた
水のシルエットは水滴の集まり!
テーブルの上に撒かれた水は、表面張力で上面が球体になっています。水滴だけで捉えると、ブラシの形状が正円よりも楕円形の方が、少し重力が加わった大きめの水滴が表現できます。たとえば、[ブラシ先端のシェイプ]に[真円率]を「50%」から「75%」を入力して、楕円形の点から線へ展開していくと、水のシルエットがそれっぽく描けるでしょう。
[真円率]に「60%」を設定
[真円率]に「60%」を設定
水のシルエットを透明にする
[レイヤー]パネルで、レイヤーサムネールの右端をダブルクリックします。
レイヤーサムネールの右端をダブルクリック
レイヤーサムネールの右端をダブルクリック
すると、[レイヤースタイル]ダイアログが表示されます。
[レイヤースタイル]ダイアログを表示
[レイヤースタイル]ダイアログを表示
[レイヤースタイル]ダイアログで、[高度な合成]セクションの[塗りの不透明度]に「0」%を入力します。
[塗りの不透明度]に「0」%を入力
[塗りの不透明度]に「0」%を入力
すると、水のシルエットが透明になります。
STEP 8→水のシルエットを透明にすることができた
塗りの不透明度とは?
レイヤーの塗りの部分のみ不透明度の調整を適用できる機能です。と言っても、あまりピンときませんよね。たとえば、レイヤースタイルのように、レイヤーのオブジェクトに対して効果をつける場合、レイヤーの不透明度と、オブジェクトの塗りの部分は一対で、レイヤーの不透明度を50%にすれば、レイヤースタイルの効果も50%の適用率になります。しかし、[塗りの不透明度]では、レイヤースタイルの効果をそのままに、オブジェクトの塗りの部分にだけ不透明度が適用されます。
光沢の表現だけで立体化する
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから[ベベルとエンボス]をクリックします。
[ベベルとエンボス]をクリック
[ベベルとエンボス]をクリック
[構造]セクションの[サイズ]に「26」pxを入力します。
[サイズ]に「26」pxを入力
[サイズ]に「26」pxを入力
[陰影]セクションの[角度]にある[包括光源を使用]のチェックマークを外します。
[角度]に「0」°を入力します。
[高度]に「70」°を入力します。
[陰影]セクションの[角度]などを設定
[陰影]セクションの[角度]などを設定
[光沢輪郭]にある[アンチエイリアス]にチェックマークを入れます。
[ハイライトのモード]の[不透明度]を「100」%に入力します。
[シャドウのモード]に[スクリーン]を選択し、[シャドウのカラーを設定]に[ホワイト]を設定します。
[シャドウのモード]の[不透明度]に「60」%を入力します。
[陰影]セクションの[光沢輪郭]などを設定
[陰影]セクションの[光沢輪郭]などを設定
[ベベルとエンボス]を設定
[ベベルとエンボス]を設定
シャドウを光の効果に変える!
[ベベルとエンボス]の[ハイライトのモード]と[シャドウのモード]は、光と影の強さや色を設定する項目です。それぞれの効果は、設定した[角度]で向き合うように反映され、オブジェクトの立体化を表現しています。
不透明オブジェクトの陰影→透明オブジェクトの陰影
しかし、水やガラスなどのような透明オブジェクトの陰影は、透過される光の方が強いので、影の影響はほとんどなくなります。それどころか、表面に乱反射される光が集積されるので、逆に明るくなっているものです。そのような乱反射する光を、[シャドウのモード]で再現しましょう。
光沢をランダムに崩して流動的にする
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[ベベルとエンボス]の[テクスチャ]をクリックします。
[ベベルとエンボス]の[テクスチャ]をクリック
[ベベルとエンボス]の[テクスチャ]をクリック
[クリックでパターンピッカーを開く]をクリックし、パターンピッカーから[雲模様]を選択します。
[パターン]に[雲模様]を選択
[パターン]に[雲模様]を選択
[比率]に「1000」%を入力します。
[深さ]に「+50」%を入力します。
[エレメント]セクションの[比率]などを設定
[エレメント]セクションの[比率]などを設定
[ベベルとエンボス]の[テクスチャ]を設定
[ベベルとエンボス]の[テクスチャ]を設定
パターン[雲模様]がない?
パターンピッカー内に[雲模様]がリストアップされなかったら、パターンピッカーメニューから[パターン]を選んでください。
水滴の内側に屈折した陰影をつける
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[シャドウ(内側)]をクリックします。
[シャドウ(内側)]をクリック
[シャドウ(内側)]をクリック
[構造]セクションの[描画モード]にある[シャドウのカラーを設定]をクリックし、[H:28° S:60% B:60%]を設定します。
[不透明度]に「100」%を入力します。
[構造]セクションの[シャドウのカラーを設定]などを設定
[構造]セクションの[シャドウのカラーを設定]などを設定
[角度]にある[包括光源を使用]のチェックマークを外します。
[角度]に「45」°を入力します。
[距離]に「13」px を入力します。
[サイズ]に「26」px を入力します。
[構造]セクションの[角度]などを設定
[構造]セクションの[角度]などを設定
[画質]セクションの[輪郭]にある[アンチエイリアス]にチェックマークを入れます。
[画質]セクションの[輪郭]などを設定
[画質]セクションの[輪郭]などを設定
[シャドウ(内側)]を設定
[シャドウ(内側)]を設定
包括光源を使用ってなに?
[包括光源を使用]は、レイヤースタイルに含まれる複数の光源の[角度]を共通に設定する項目です。初期設定ではチェックマークが入れられ、最後に設定した光源の[角度]が優先されます。光源に別々の[角度]を設定したい場合は、まず、[包括光源を使用]のチェックマークを外してから行いましょう。
水滴の外側にドロップシャドウをつける
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[ドロップシャドウ]をクリックします。
[ドロップシャドウ]をクリック
[ドロップシャドウ]をクリック
[構造]セクションの[描画モード]にある[シャドウのカラーを設定]をクリックし、[H:28° S:60% B:60%]を設定します。
[不透明度]に「100」%を設定します。
[構造]セクションの[シャドウのカラーを設定]などを設定
[構造]セクションの[シャドウのカラーを設定]などを設定
[角度]にある[包括光源を使用]のチェックマークを外します。
[角度]に「45」°を入力します。
[距離]に「6」px を入力します。
[サイズ]に「13」px を入力します。
[構造]セクションの[角度]などを設定
[構造]セクションの[角度]などを設定
[画質]セクションの[輪郭]にある[アンチエイリアス]にチェックマークを入れます。
[画質]セクションの[輪郭]などを設定
[画質]セクションの[輪郭]などを設定
すべての設定ができたら、[OK]をクリックします。
[レイヤースタイル]ダイアログの[OK]をクリック
[レイヤースタイル]ダイアログの[OK]をクリック
[シャドウ(内側)]を設定
テーブルにこぼれた水滴の文字が完成した
シャドウの色にこだわろう!
レイヤースタイルに含まれるさまざまなシャドウの色の初期設定は、すべてブラックで統一されています。影=黒は必然ですが、適用する画像によっては不自然に見える場合もあります。元画像の色とシャドウの色を乗算で重ねた、限りなく黒に見える影色をつくり出せれば、ひと味違ったリアルな表現が可能になるでしょう。
関連記事
psgips
Posted bypsgips