Photoshop養成ギプス

【文字ツール】アンチエイリアスを無効にして文字を鮮明にする方法【ビットマップフォント】

-
psgips
【文字ツール】アンチエイリアスを無効にして文字を鮮明にする方法【ビットマップフォント】
【Photoshop講座】文字の境界線を滑らかにする「アンチエイリアス」ですが、小さい文字で使用すると、ぼやけて不鮮明に見える場合もあります。文字ツールのオプションでは、目的に応じたアンチエイリアスの種類を選ぶことができ、アンチエイリアスを無効にした「ビットマップフォント」を設定することもできます。
ビットマップフォントを試してみよう!
クライアントから「文字を大きく読みやすく」という要望はよくあります。Web のバナー制作などでは、大きい文字にしたいけどスペースもないし、シャープをかけても効果が出にくい場合もあります。これは Photoshop の弱点ですね。
どうしたもんかと考えに考えて、辿り着いた答えは「ビットマップフォント」にすることでした。書体へのこだわりを捨て、読みやすさに徹したらすんなりOK!ということもあるかも知れません。
アンチエイリアスの種類を設定
各種文字ツールを選択すると、オプションバーに[アンチエイリアスの種類を設定]という選択項目があります。これは、アンチエイリアスの効果を強くしたり、シャープにしたりする「方式」を選択するもので、効果の強弱をコントロールするものではありません。
対象のフォントやフォントサイズ、描画色や背景色などの諸条件によって、適用結果は微妙に異なります。それぞれの効果を比較してみましょう。
適用結果を12 pt で比較する
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。オプションバーで、[アンチエイリアスの種類を設定]をクリックし、メニューからアンチエイリアスの種類を選択します。
横書き文字ツール
横書き文字ツール
[アンチエイリアスの種類を設定]をクリック
フォントには、Mac OS日本語版のシステムフォント[Osaka]を使用しています。[Osaka]は、OS X でも標準インストールされているもので、ビットマップ時の表示が見やすくデザインされています。
Osaka レギュラー 12 pt の適用結果
Osaka レギュラー 12 pt の適用結果
アンチエイリアスの適用結果は、上から[なし]、[シャープ]、[鮮明]、[強く]、[滑らかに]、[Mac LCD]、[Mac]です。白地にはブラック、黒地にはホワイトのテキストカラーを設定しています。
フォントサイズが 12 pt の適用結果では、鮮明さにおいて[なし]が最も適していると思われます。もちろん、これは好みによって違うものですが、小さい文字の役割としての見やすさ、読みやすさという点で、アンチエイリアスを無効にすることが効果的であるというひとつの例です。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!アンチエイリアス
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
ビットマップフォントの設定
ビットマップフォントは、1文字がドットで構成されています。初期のコンピューターでは標準的に使われていて、拡大するとジャギー(ギザギザ線)が目立ち、[フォントサイズを設定]メニューにある限定サイズ以外の拡大・縮小率を設定すると、文字の形(ビットマップ)が大きく崩れてしまうという特徴があります。
滑らかな境界線を持つ「アウトラインフォント」が登場して以来、活躍する場面は少なくなりましたが、画像内に入れる小さな文字や、データ容量を軽減できるなどのメリットも多くあります。
アンチエイリアスを無効にする
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。オプションバーで、[フォントファミリーを設定]に[Osaka]、[フォントスタイルを設定]に[レギュラー]、[フォントサイズを設定]に「12 pt」を設定し、[アンチエイリアスの種類を設定]をクリックし、メニューから[なし]を選択します。
横書き文字ツール
横書き文字ツール
[アンチエイリアスの種類を設定]をクリック
アンチエイリアスを[なし(無効)]にしてテキストを入力、またはテキスト入力後にアンチエイリアスを[なし(無効)]に設定すると、文字の境界線にジャギー(ギザギザ線)が現れます。このようなテキストを、アウトラインフォントの「ビットマップ化」や「ビットマップフォント」と呼ばれています。
12 pt のテキスト例
12 pt のテキスト例
[Osaka]は、システムフォントとして設計されたフォントなので、10 pt、11 pt、12 pt、13 pt などのサイズで、専用にデザインされたビットマップデータが含まれています。しかし、ビットマップフォントと言えども限界はあります。
小さいサイズになればなるほど、複雑な漢字では線を省略したり、形がデフォルメされています。デザイン的には、12 pt くらいが充実しているのではないでしょうか。
12 pt のテキスト例(400% 拡大)
12 pt のテキスト例(400% 拡大)
【スタイル】グラフィック・ボーダーライン【フリー】
大好評!「ボーダーライン」レイヤースタイル公開中!
「Photoshop養成ギプス」のオリジナルレイヤースタイルをダウンロードすると、文字や図形に多彩な効果がワンクリックで適用できます。
ビットマップ崩れと回避方法
ビットマップフォントの「ビットマップ崩れ」は、設定したフォントサイズと、ビットマップデータのフォントサイズが合致しない場合に現れます。
ビットマップデータがないアウトラインフォントでは、常にビットマップ崩れが現れます。このようなことが原因しているとは思いますが、12 pt でテキストを作成しても、文字の形が崩れてしまうことがあります。しかし、これは簡単な方法で回避することができます。
文字の形が崩れた例
文字の形が崩れた例
文字の形が崩れた例(400% 拡大)
文字の形が崩れた例(400% 拡大)
前述の「ビットマップフォントの設定」と全く同じ条件で作成したテキストでも、このようなビットマップ崩れが現れます。大きく文字の形が崩れているとひと目で気付きますが、ドットがひとつ、ふたつ欠けていたりすることもあるので注意が必要です。
[文字]パネルを表示する
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリックします。すると、[文字]パネルが表示されます。
文字パネルと段落パネルの切り替え
文字パネルと段落パネルの切り替え
[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリック
水平比率を101%に変更する
[文字]パネルの[水平比率]を確認します。[水平比率]には通常、初期設定の「100%」が設定されています。この「100%」を「101%」に変更するだけで、ビットマップ崩れは簡単に回避できます。
水平比率を101%に変更する
n[文字]パネル(初期設定)→[水平比率]に「101%」を入力
「101%」の設定で変化がない場合は、「99%」、または「102%」を試してください。[水平比率]にこれらの数値を設定しても、少量なのでビットマップの比率は変わりません。
「101%」から「100%」に設定を変更しても、文字の形が正常に保たれる場合もあります。テキストレイヤーをコピーしたり、描画色や背景色を変更すると、文字の形が崩れる場合もあります。原因はわかりません。いずれにせよ、微妙な設定で変わるものなので、気をつけてください。
関連記事
psgips
Posted bypsgips