Photoshop養成ギプス

【アルファチャンネル】人物を透明にして背景へ溶け込ませる【選択範囲】

-
psgips
【アルファチャンネル】人物を透明にして背景へ溶け込ませる【選択範囲】
【Photoshop講座】オブジェクトの輪郭に作成した選択範囲を、切り抜きマスクの編集用としてアルファチャンネルに一旦保存し、新たに作成したアルファチャンネルでグラデーションを作成します。この2つのアルファチャンネルから、オブジェクトの一部が背景に溶け込んだ切り抜きをしてみましょう。
アルファチャンネルはPhotoshopの懐刀!
プラスアルファされた特殊なチャンネルだから、作業場が広くなったような感覚ですね。アイデア次第で、さまざまな作業に活用できます。いちばんポピュラーな使い方は、選択範囲を保存することです。たとえば、輪郭とグラデーションなど、複数の選択範囲を合成することもできます。これは強力な武器になりますね。アルファチャンネルは、人知れず隠し持つ「懐刀」のようなものです。
合成画像
合成画像
背景画像
背景画像
背景に合成画像をペーストする
[背景]に合成画像をコピー&ペーストして、[レイヤー 1]を作成します。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
作例では、あらかじめ合成画像に合わせて、背景画像のドキュメントサイズを変更しています。複数のアルファチャンネルを作成して操作するため、合成画像、および背景画像の大きさや位置は、この時点で確定しておく方が効率的に作業を進められます。
合成する画像の選択範囲を作成する
人物の選択範囲を作成します。
人物の選択範囲を作成
人物の選択範囲を作成
作例では、解説の便宜上、選択範囲の作成方法については省略しています。境界線が曖昧なオブジェクトや人物の髪の毛など、各種選択ツールで正確な選択範囲が作成できない場合は、選択範囲の[境界線を調整]オプションを試してください。
選択範囲をチャンネルに保存する
[チャンネル]パネルを表示して、[選択範囲をチャンネルとして保存]をクリック、または[選択範囲]メニューから[選択範囲を保存]を選びます。[アルファチャンネル 1]が作成され、選択範囲がグレースケール画像でチャンネルに保存されました。
[選択範囲をチャンネルとして保存]をクリック
[選択範囲をチャンネルとして保存]をクリック
command+Dキーを押して、選択を解除します。
選択を解除
選択を解除
アルファチャンネルを作成しても、ドキュメントには変化がありません。アルファチャンネルは、同じドキュメント内に作成できる編集用のグレースケール画像です。複数作成することができ、元画像には影響を及ぼしません。
新規チャンネルを作成する
[チャンネル]パネルで、[新規チャンネルを作成]をクリック、またはパネルメニューから[新規チャンネル]を選びます。
[新規チャンネルを作成]をクリック
[新規チャンネルを作成]をクリック
[アルファチャンネル 2]が作成され、ドキュメントウィンドウに[アルファチャンネル 2]が表示されました。
チャンネルの表示を確認
チャンネルの表示を確認
ドキュメントウィンドウに[アルファチャンネル 2]が表示されない場合は、command+7キーを押して切り替えます。
2つのチャンネルを合成して表示する
[チャンネル]パネルで、[RGB]、[アルファチャンネル 1]の[チャンネルの表示 / 非表示]をクリックします。
[アルファチャンネル 1]を表示
[アルファチャンネル 1]を表示
すると、赤色に着色表示された2つのチャンネルが合成されて表示されます。
チャンネルの合成を確認
チャンネルの合成を確認
赤色の着色表示は[クイックマスクモード]と呼ばれるもので、塗りの部分をマスク領域として表示し、元画像を確認しながら、ブラシツールや選択ツールなどで編集作業を行いやすくする機能です。
チャンネルにグラデーションを描画する
[ツール]パネルから[グラデーションツール]を選びます。オプションバーで、[クリックでグラデーションピッカーを開く]をクリックし、プリセット[黒、白]を選択、サブツールに[線形グラデーション]を選択します。
[グラデーションツール]を選択
[グラデーションツール]を選択
オプションバーを設定
オプションバーを設定
ドキュメント内をドラッグして、グラデーションを作成します。
グラデーションを作成
グラデーションを作成
グラデーションツールをドラッグする開始点は、人物を透明にする基点で、終了点は完全な透明にする箇所です。作例では、身体の傾きに合わせて角度を付け、合成画像の右端が欠けている箇所を回避するようにグラデーションを作成しています。
2つの選択範囲を演算する
[チャンネル]パネルで、[アルファチャンネル 1]をcommandキーを押しながらクリックして、人物の選択範囲を作成し、[アルファチャンネル 2]をoption+commandキーを押しながらクリックし、グラデーションの選択範囲を一部削除します。
選択範囲を一部削除
選択範囲を一部削除
人物の選択範囲を作成
人物の選択範囲を作成
グラデーションの選択範囲を一部削除
グラデーションの選択範囲を一部削除
レイヤーマスクを作成する
2つのアルファチャンネルを非表示にして、[RGB]チャンネルを選択します。
[RGB]チャンネルを選択
[RGB]チャンネルを選択
ドキュメントの表示を確認
ドキュメントの表示を確認
[レイヤー]パネルを表示して、[レイヤーマスクを追加]をクリックします。すると、[レイヤー 1]にレイヤーマスクが作成され、人物の切り抜きと、グラデーションで透明になる効果が一度に行えました。
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤーマスクを追加]をクリック
透明になる効果が一度に行える
透明になる効果が一度に行える
[不透明度]を調整すれば、さらに幻想的な溶け込みが表現できます。
[不透明度]に「88%」を設定
[不透明度]に「88%」を設定
人物を透明にして背景へ溶け込ませることができた
人物を透明にして背景へ溶け込ませることができた
関連記事
psgips
Posted bypsgips