Photoshop養成ギプス

【テクスチャ】放射状に広がる光(2)

-
psgips
【テクスチャ】放射状に広がる光(2)
【Photoshop講座】「膨張した煙」を背景にし、複数のフィルターを組み合わせて、星のように散らばるランダムな点を作成します。ランダムな点に[ぼかし(放射状)]を適用し、中心点から放射状に広がる光を作成します。これらは、適用後も再編集ができる[スマートフィルター]で作成することができます。
ランダムな点をフィルターだけで作成する!
ランダムな点を作成する方法はたくさんあります。ブラシツールで描画することも、そんなに難しいことではないでしょう。ここでは、適用後も再編集ができる[スマートフィルター]に着目し、設定値を変更するだけで、ランダムな点の密度や大きさを変えて合成します。偶然に作り出されるものをコントロールしながら、効率的な作業を行いましょう。
白で塗りつぶした新規レイヤーを作成する
[レイヤー]メニューから[新規]→[レイヤー]を選びます。[描画モード]に[スクリーン]を設定し、[スクリーンの中性色で塗りつぶす(黒)]にチェックマークを入れ、[OK]をクリックします。
no487_01.png
[新規レイヤー]ダイアログ
no487_02.png
新規レイヤー(レイヤーのみ表示した場合)
no487_03.png
階調を反転する(ドキュメントの表示)
no487_04.png
[レイヤー]パネル
command〔Ctrl〕+Iキーを押して、階調を反転します。すると、ドキュメントの表示は真っ白になります。[レイヤー 1]が白で塗りつぶしたレイヤーに変更されたのを確認できたら、[フィルター]メニューから[スマートフィルター用に変換]を選びます。
作例では、新規で作成する[レイヤー 1]を[新規レイヤー]ダイアログで設定し、階調を反転することで白塗りのレイヤーにしていますが、白で塗りつぶしたレイヤー、描画モードを[スクリーン]に設定という条件が結果的に揃えば、作り方はどんな方法でもかまいません。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】ゼロから放射状に広がる光のテクスチャを作成する
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
ランダムな編み目模様を作成する
[フィルター]メニューから[フィルターギャラリー]を選びます。[フィルターギャラリー]のカテゴリから[テクスチャ]→[ステンドグラス]を選びます。
[ステンドグラス]ダイアログで、[セルの大きさ]に「18」、[境界線の太さ]に「20」、[明るさの強さ]に「3」(作例では影響がありません)を設定します。引き続き別のフィルターを適用するので、[OK]はクリックしません。
no487_05.png
[ステンドグラス]ダイアログ
no487_06.png
プレビュー(部分拡大)
[ステンドグラス]の初期設定値は、[セルの大きさ:10]、[境界線の太さ:4]、[明るさの強さ:3]です。[セルの大きさ]はステンドグラス模様の密度を調整するもので、設定値が大きくなるほど「セル(面)」が大きくなります。[境界線の太さ]は、ステンドグラス模様の「線」の太さを調整するもので、設定値が大きくなるほど「線」が太くなります。ステンドグラス模様の「線」は、現在設定されている描画色が反映されます。[明るさの強さ]は、画像の中心に光る効果の強さを調整するもので、設定値が大きくなるほど、光る効果が強くなります。「セル(面)」の明度がMAX値の場合(適用する画像が白で塗りつぶされたものなど)は、どの設定値に調整しても効果は現れません。
no487_07.png
[フィルターギャラリー]操作パネル
編み目模様の角を丸くして点にする
[フィルターギャラリー]操作パネルの右下にある[新しいエフェクトレイヤー]ボタンをクリックします。
[フィルターギャラリー]は、複数のフィルターを同時に適用することができます。現在のフィルターに別のフィルターを適用するには、[新しいエフェクトレイヤー]ボタンをクリックします。すると、現在のフィルターと同じエフェクトレイヤーが前面に複製されます。選択されたエフェクトレイヤーに別のフィルターを設定して、フィルターの種類を置き換えます。
[フィルターギャラリー]のカテゴリから[スケッチ]→[スタンプ]を選びます。
[ステンプ]ダイアログで、[明るさ・暗さのバランス]に「25」、[滑らかさ]に「25」を設定し、[OK]をクリックします。
no487_08.png
[スタンプ]ダイアログ
no487_09.png
プレビュー(部分拡大)
no487_10.png
ドキュメント
[フィルターギャラリー]が適用されました。
[スタンプ]の初期設定は、[明るさ・暗さのバランス:25]、[滑らかさ:5]です。このフィルターは、現在設定されている描画色と背景色を反映します。[明るさ・暗さのバランス]は、適用画像の明るい部分と暗い部分を分ける境界線を調整するもので、設定値を中間値の「25」から小さくすると明るい領域が増え、大きくすると暗い領域が増えます。[滑らかさ]は、明るい領域と暗い領域を分ける境界線を滑らかにするもので、設定値が大きくなるほど滑らかになります。
no487_11.png
[ぼかし(放射状)]ダイアログ
点を放射状にぼかす
[フィルター]メニューから[ぼかし]→[ぼかし(放射状)]を選びます。[量]に「75」を設定し、[方法]に[ズーム]を選択して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(放射状)]の初期設定は、[量:10]、[方法:回転]、[画質:標準]です。[量]は、ぼかす量(強さ)を調整するもので、設定値が大きいほどぼかし量は大きくなります。[方法]は、ぼかす方向を[回転]、または[ズーム]に選択するもので、いずれも中心点のぼかし量が小さく、外側にいくほど大きくなります。[画質]は、ぼかしの画質(ノイズの粗さ)を設定するもので、[低い]はノイズが粗く、[高く]はノイズが細かくなります。
no487_12.png
ドキュメント
[ぼかし(放射状)]が適用されました。
no487_13.png
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネルで、[不透明度]に「50%」を設定します。
放射状に広がった光の明るさが弱まりました。
no487_14.png
ドキュメント
関連記事
psgips
Posted bypsgips