Photoshop養成ギプス

【テクスチャ】放射状に広がる光(3)

-
psgips
【テクスチャ】放射状に広がる光(3)
【Photoshop講座】スマートフィルターで作成した「放射状に広がる光」を複製し、それぞれの設定値を変更して光の数を増やします。レイヤーの[不透明度]を段階的に変更して空間の奥行きを感じさせ、調整レイヤーの[グラデーションマップ]で着色します。
光のにじみ色でリアルに!
光の表現で難しいのは「色」です。どの色を設定してみても「何か違うな」と感じるでしょう。[グラデーションマップ]を活用すれば、適用画像の階調ごとに複雑な色を設定できるので、光のような微妙な色の変化も再現できます。作例では、3原色のグラデーションを設定し、描画モードの特性で「光のにじみ」を簡単に作り出す方法を取っています。
スマートフィルターをレイヤーごと複製する
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を[新規レイヤーを作成]ボタンにドラッグして複製します。
no4881_01.png
[新規レイヤーを作成]ボタンにドラッグ
no488_02.png
[フィルターギャラリー]をダブルクリック
[レイヤー 1 コピー]の[スマートフィルター]→[フィルターギャラリー]をダブルクリックして、[フィルターギャラリー]操作パネルを表示します。
後の手順では、同様にして[レイヤー 1 コピー 2]を作成し、スマートフィルターの設定値を変更します。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】ゼロから放射状に広がる光のテクスチャを作成する
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
no488_03.png
[ステンドグラス]ダイアログ
no488_04.png
[フィルターギャラリー]操作パネル
複製したスマートフィルターの設定値を変更する(1)
[フィルターギャラリー]操作パネルの[ステンドグラス]エフェクトレイヤーを選択し、[ステンドグラス]ダイアログを表示します。
[ステンドグラス]ダイアログで、[セルの大きさ]を「18」から「19」に変更して、[OK]をクリックします。
no481_05.png
[ぼかし(放射状)]ダイアログ
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1 コピー]の[スマートフィルター]→[ぼかし(放射状)]をダブルクリックして、[ぼかし(放射状)]ダイアログを表示します。
[ぼかし(放射状)]ダイアログで、[量]を「75」から「50」に変更して、[OK]をクリックします。
no4881_06.png
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネルで、[不透明度]を「50%」から「75%」に変更します。
no4881_07.png
ドキュメント
no488_08.png
[ステンドグラス]ダイアログ
no488_09.png
[フィルターギャラリー]操作パネル
複製したスマートフィルターの設定値を変更する(2)
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1 コピー 2]の[スマートフィルター]→[フィルターギャラリー]をダブルクリックして、[フィルターギャラリー]操作パネルを表示します。
[フィルターギャラリー]操作パネルの[ステンドグラス]エフェクトレイヤーを選択し、[ステンドグラス]ダイアログを表示します。
[ステンドグラス]ダイアログで、[セルの大きさ]を「18」から「20」に変更して、[OK]をクリックします。
no481_10.png
[ぼかし(放射状)]ダイアログ
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1 コピー 2]の[スマートフィルター]→[ぼかし(放射状)]をダブルクリックして、[ぼかし(放射状)]ダイアログを表示します。
[ぼかし(放射状)]ダイアログで、[量]を「75」から「25」に変更して、[OK]をクリックします。
no4881_11.png
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネルで、[不透明度]を「50%」から「100%」に変更します。
no4881_12.png
ドキュメント
no488_13.png
[グラデーションマップ]ダイアログ
グラデーションマップで着色する
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]ボタンをクリックし、メニューから[グラデーションマップ]を選びます。
[グラデーションマップ]ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集]をクリックして、[グラデーションエディター]ダイアログを表示します。
no488_14.png
[グラデーションエディター]ダイアログ
[グラデーションエディター]で図のようなグラデーションを作成します。設定値は以下のとおりです。
[位置:0%][H322/S100/B76]
[位置:50%][H198/S100/B90]
[位置:100%][H57/S100/B100]
no488_15.png
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネルで、描画モードに[オーバーレイ]を設定します。
描画モード[オーバーレイ]に設定すると、適用画像のシャドウ領域(暗い部分)が[乗算]と同じ効果に、ハイライト領域(明るい部分)が[スクリーン]の効果になるので、グラデーションの開始点の「マゼンタ」がより暗く、終了点の「イエロー」がより明るくなります。
「イエロー」は明度が「100%」なので、それが合成されるハイライト点では、輝度がMAX値の真っ白になります。グラデーションでは「イエロー」から明度が小さくなる方向は「シアン」になるので、放射状に広がる光は、輝度を下げながらグリーンになりシアンになって、シャドウ領域に溶け込んでいきます。このような色の変化が「光のにじみ色」になります。
no488_16.png
[グラデーションマップ]を設定
no4881_17.png
描画モード[オーバーレイ]を設定
関連記事
psgips
Posted bypsgips