Photoshop養成ギプス

【イラスト効果】暗いRAW画像をHDR風に明るくする【Camera Raw】

-
psgips
【イラスト効果】暗いRAW画像をHDR風に明るくする【Camera Raw】
【Photoshop講座】HDR とは、露出を変えて撮影した3〜5枚の画像を合成して、幅広いダイナミックレンジを記録する手法です。暗い部分や明るい部分をくっきり鮮明にできるので、通常の被写体を非現実で不思議な作品にする技法にも使われています。そんな「HDR イラスト風」の作品を、一枚の画像からもっと簡単に作り出してみましょう。
写実的な違和感を狙う!
「無理な補正」と呼ばれていたものが、HDR の出現によって幅広いダイナミックレンジを獲得し「表現」に生まれ変わりました。しかし、写実的なイラストのようにも見える「表現」を特徴付けるものは、明るい部分と暗い部分が明瞭になり、現実的ではない違和感のある陰影を持たせることです。このような表現なら、何も HDR に限定されるものではありませんよね。1枚の画像からでも「HDR イラスト風」は作り出せます。
1枚の画像からHDRイラスト風に加工
これから行う操作は、1枚の画像から HDR イラスト風に加工する方法です。レッスンは JPEG 形式の素材画像を使用していますが、現像前の RAW データ、または一般的な画像フォーマットで保存された RGB カラー画像でも、同じ効果がつくり出せます。非現実で不思議な作品に仕上げましょう。
元画像→1枚の画像からHDRイラスト風に加工
ノイズを軽減する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1920 pixel]、[高さ:1280 pixel] 、[解像度:300 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。RAW データで応用する場合は、任意のファイルを[Camera Raw]で開いてください。
素材画像を開く
素材画像を開く
[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換]を適用すると、[背景]やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、切り抜き後の画像が再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
[フィルター]メニューから、[Camera Raw フィルター]を選択します。[Camera Raw]操作パネルで、[ディテール]をクリックして表示します。
[ズームレベルの選択]で、「100%」以上の表示倍率を選択します。
[ディテール]をクリックしてズームイン
[ディテール]をクリックしてズームイン
[ディテール]パネルで、[ノイズ軽減]セクションの[カラー]に「35」を入力します。
[輝度]に「75」を入力します。
[輝度のディテール]に「60」を入力します。
[ディテール]の[ノイズ軽減]セクションを設定
[ディテール]の[ノイズ軽減]セクションを設定
[ノイズ軽減]適用前→[ノイズ軽減]適用後
暗い画像にはノイズがつきもの!
光量が不足した暗い画像には、粗いノイズが発生しやすいです。[ノイズ軽減]セクションの[カラー]では、カラーノイズが均一に見えるように調整します。初期設定では「25」が設定されています。[ノイズ軽減]の主な調整は、[輝度]で行います。数値を大きくしすぎると、輪郭がぼやけて精細さがなくなるので、できるだけ控えめな適正値を探りましょう。ぼやけた輪郭は、[輪郭のディテール]でハッキリさせることができます。
[ディテール]パネルで、[シャープ]セクションの[適用量]に「50」を入力します。
[ディテール]の[シャープ]セクションを設定
[ディテール]の[シャープ]セクションを設定
ノイズを軽減しながらディテールをハッキリさせることができた
ノイズを軽減しながらディテールをハッキリさせることができた
シャープの適正値は?
[シャープ]セクションでは、階調の輪郭を強調して、ディテールをハッキリ見せる調整が行えます。シャープは、HDR イラスト風の特徴のひとつではありますが、効果の繊細な部分でもあるので、ここでは標準的な調整に止めておきます。[適用量]の初期設定には「25」が設定されています。一般的な用途では、「25〜50」程度が適正値でしょう。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】暗いRAW画像をHDR風に明るくする
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
暗い部分を明るくする
[Camera Raw]操作パネルで、[トーンカーブ]→[パラメトリック]をクリックします。
[トーンカーブ]の[パラメトリック]をクリック
[トーンカーブ]の[パラメトリック]をクリック
[シャドウ]に「+100」を入力します。
[ライト]に「+25」を入力します。
[トーンカーブ]の[パラメトリック]を設定
[トーンカーブ]の[パラメトリック]を設定
STEP 1→暗い部分を明るくする
スライダーで操作できる!
[Camera Raw]の[トーンカーブ]には、スライダーで操作できる[パラメトリック]があります。従来の[ポイント]では、トーンカーブに追加した調整ポイントで設定する必要がありましたが、[パラメトリック]では、スライダーを動かすとトーンカーブが連動して変化します。
[パラメトリック]の調整範囲
[パラメトリック]の調整範囲
[ハイライト]、[シャドウ]の調整範囲は、中間点を境界にして、それぞれの階調領域に分かれ、[ライト]、[ダーク]の調整範囲は、それぞれの階調領域を中心にして、中間点を超えて干渉し合います。調整ポイントの位置は、[ハイライト]、[シャドウ]が外側、[ライト]、[ダーク]が内側(中間点に近い位置)に設定されています。これなら難しい[トーンカーブ]の操作もカンタン!
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ホワイトバランスを整える
[Camera Raw]操作パネルで、[基本補正]をクリックして表示します。
[ホワイトバランスツール]を選択します。
[基本補正]をクリックして[ホワイトバランスツール]を選択
[基本補正]をクリックして[ホワイトバランスツール]を選択
トラックのいちばん輝いている部分をクリックします。
トラックの輝いている部分をクリック
トラックの輝いている部分をクリック
[基本補正]の[ホワイトバランス]セクションを確認します。
撮影時の設定→[ホワイトバランスツール]で「白色点」を設定
RAWデータでは異なる単位!
RAW データで[Camera Raw]を開くと、[ホワイトバランス]セクションの[色温度]は、 K(カルビン)という単位で表示されます。
撮影時の設定→[ホワイトバランスツール]で「白色点」を設定
色温度は、小さな値になるほど赤く、大きな値になるほど青い光の「波長」を放ちます。たとえば、ロウソクの炎は赤色、電球は黄色、太陽光は白色という、大まかな目安を持っておくといいでしょう。
光源と色温度の概念図
光源と色温度の概念図
色温度は、小さな値になるほど赤く、大きな値になるほど青い光の「波長」を放ちます。たとえば、ロウソクの炎は赤色、電球は黄色、太陽光は白色という、大まかな目安を持っておくといいでしょう。
誇張した補正を行う
[Camera Raw]操作パネルで、[基本補正]の[シャドウ]に「+100」を入力します。
[ハイライト]に「-50」を入力します。
[シャドウ]と[ハイライト]を設定
[シャドウ]と[ハイライト]を設定
シャドウ領域を明るくしてハイライト領域を暗くする
シャドウ領域を明るくしてハイライト領域を暗くする
[黒レベル]に「+100」を入力します。
[コントラスト]に「+100」を入力します。
[黒レベル]と[コントラスト]を設定
[黒レベル]と[コントラスト]を設定
黒レベルを浅くしてコントラストを強める
黒レベルを浅くしてコントラストを強める
[明瞭度]に「+100」を入力します。
[自然な彩度]に「-30」を入力します。
[明瞭度]と[自然な彩度]を設定
[明瞭度]と[自然な彩度]を設定
局所的なコントラストを強めて彩度を落ち着かせる
局所的なコントラストを強めて彩度を落ち着かせる
無秩序に攻める調整!?
ほとんどの設定項目に最大値を与えていますが、これは素材画像が暗いからこそできる無秩序な攻め方です。この設定で着目してほしいところは[黒レベル]と[シャドウ]で、これらは似た働きをしますが、それぞれに異なる調整領域があります。
[黒レベル]の調整領域を表示
[黒レベル]の調整領域を表示
[シャドウ]の調整領域を表示
[シャドウ]の調整領域を表示
ヒストグラムの上にマウスカーソルを置くと、それぞれの調整領域が表示されます。2箇所の幅広い階調から、暗さを底上げしているようなカンジですね。これを[コントラスト]と[明瞭度]で、再び暗い部分をつくり、幅広い階調に再分布しています。
ビネット効果をつける
[Camera Raw]操作パネルで、[効果]をクリックして表示します。
[効果]をクリック
[効果]をクリック
[切り抜き後の周辺光量補正]セクションの[適用量]に「-30」を入力します。
[切り抜き後の周辺光量補正]を設定
[切り抜き後の周辺光量補正]を設定
STEP 4→ビネット効果をつける
すべての設定ができたら、[OK]をクリックします。RAW データの場合は、[画像を開く]をクリックします。
[OK]をクリック
[OK]をクリック
[Camera Raw]による統合的な色調補正ができた
[Camera Raw]による統合的な色調補正ができた
ビネットをコントロール!
[切り抜き後の周辺光量補正]の[適用量]は、「-」側が暗くなり、「+」側が明るくなります。[中心点]は、「0」が最小で、「100」が最大になります。初期設定は中間値の「50」です。[丸み]は、「0」から「-100」が画角に対しての角丸で、「0」から「100」に近付くほど正円になります。「ぼかし」はビネットとの境界のぼかしで、数値が大きいほどぼかしが強くなります。
シャープなタッチで仕上げる
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 0]を[新規レイヤーを作成]にドラッグし、[レイヤー 0 のコピー]を作成します。
[レイヤー 0 のコピー]を作成
[レイヤー 0 のコピー]を作成
[フィルター]メニューから、[その他]→[ハイパス]を選択します。[ハイパス]ダイアログで、[半径]に「3.0 pixel」を入力して、[OK]をクリックします。
[ハイパス]ダイアログを設定
[ハイパス]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、描画モードに[ハードライト]を選択します。
描画モードに[ハードライト]を選択
描画モードに[ハードライト]を選択
1枚の画像からHDRイラスト風に加工できた
1枚の画像からHDRイラスト風に加工できた
ハイパスとは?
[ハイパス]は、画像の輪郭を検出して、その他の領域を明度の中間値(50%グレー)に変換するフィルターです。設定値の[半径]でシャープの大きさを調整、レイヤーの[不透明度]で適用量を調整します。適正値は画像の大きさにもよりますが、「1.0」pixel が「小」、「2.0」pixel が「中」、「3.0」pixel が「大」を目安にするといいでしょう。
関連記事
psgips
Posted bypsgips