Photoshop養成ギプス

【色調補正】緑の葉を秋らしく紅葉させる【色相・彩度】

-
psgips
【色調補正】緑の葉を秋らしく紅葉させる【色相・彩度】
【Photoshop基本操作】緑色のものを赤色に変えるなどの「色変換」を、色相の調整だけで済ませてしまうと、単調で不自然な仕上がりになってしまいます。それは色によって、彩度、明度といった「色の属性」も異なっているからです。鮮やかな色にしたい場合は、これらの調整が必要です。葉の色域を2つの系統に分け、赤く染まった部分と、鮮やかな黄色の部分をつくり出しましょう。
必要な系統の色だけを変換する!
ひとつの色には、さまざまな系統の色が含まれています。それが写真ならなおさらです。[色相・彩度]では、調整の対象とする色の系統が選べるので、たとえば、陰影や反射部分に含まれている、補色関係の色をそのまま活かして、自然な仕上がりにすることができます。
指定の色域を変換する方法
これから行う操作は、緑色の葉を赤色に色変換する方法です。[色域指定]を使用して、緑色の葉の幅広い色域を指定し、その領域外をマスクした[色相・彩度]調整レイヤーを作成します。対象の色域をシアン系とグリーン系に分けることで、単調にならない色変換が行えます。
元画像→[色相・彩度]で緑色を赤色に変換
一枚の葉の色をサンプリングする
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:960 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。これから行う操作は、ドキュメントサイズに関係しません。どんな大きさの画像にも応用できます。
素材画像を開く
素材画像を開く
正確なピクセルをサンプリングするため、100%以上の表示倍率でズームインします。
100%以上の表示倍率でズームイン
100%以上の表示倍率でズームイン
[選択範囲]メニューから、[色域指定]を選択します。[色域指定]ダイアログで、[許容量]に「100」を入力します。
[スポイトツール]をクリックします。
[許容量]に「100」を入力して[スポイトツール]をクリック
[許容量]に「100」を入力して[スポイトツール]をクリック
[カラークラスタ指定]を無効に!
[カラークラスタ指定]のチェックマークは外しておきます。チェックマークが入っていると、サンプリングした箇所を中心にして範囲が放射状に限定されます。
特定した一枚の葉の、明るい部分と暗い部分の中間調をクリックします。
一枚の葉の中間調をクリック
一枚の葉の中間調をクリック
中間調をクリック!
この操作は、すべての葉に選択範囲を作成することを目的とします。しかし、緑色の葉の中にも、明るい部分や暗い部分があるので、最終的には複数のサンプリングポイントから抽出します。まず、大まかな領域として、明るい部分と暗い部分の中間調を選択しましょう。
[色域指定]ダイアログのプレビューで、サンプリング結果を確認します。
サンプリング結果を確認
サンプリング結果を確認
[色域指定]のプレビュー(初期設定)→一枚の葉の中間調をサンプリング
指定した色域をプレビューで確認!
[色域指定]の初期設定では、サンプリングする色域に描画色(ブラック)が設定されています。[スポイトツール]でドキュメント内をクリックすると、その箇所の色が選択する色域に設定されます。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】緑の葉を秋らしく紅葉させる
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
すべての葉の領域を選択する
[色域指定]ダイアログで、[サンプルに追加]をクリックします。
[サンプルに追加]をクリック
[サンプルに追加]をクリック
特定した一枚の葉の、いちばん明るい部分をクリックします。
続いて、いちばん暗い部分をクリックします。
葉のいちばん明るい部分をクリック→葉のいちばん暗い部分をクリック
すると、一度のサンプリングで、選択できなかった色域も、白い部分に含まれてプレビューされます。
一枚の葉の中間調をサンプリング→すべての緑の葉を選択
領域内をドラッグしてもいい!
[色域指定]の[サンプルに追加]は、複数のサンプリングポイントを追加して設定できます。ここでは、特定した一枚の葉の領域をサンプルに追加し、画像内のすべての緑の葉を選択しようとしています。なるべく幅広い領域を数カ所クリックするか、ドラッグして追加してください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
許容量を調整して適用する
[色域指定]ダイアログで、[許容量]に「120」を入力して、[OK]をクリックします。
[許容量]に「120」を入力
[許容量]に「120」を入力
緑の葉の領域に選択範囲が作成された
緑の葉の領域に選択範囲が作成された
許容量を少し大きく!
[許容量]の数値を小さくすれば、選択される色域は減り、大きくすれば、選択される色域は増えます。レイヤーマスクは、設定した後でも修正できるので、多少白い部分が残っていてもかまいません。少し大きい数値に調整しておく方が、自然な仕上がりになります。作例では、暫定値の「100」より少し大きい「120」に設定しました。
[許容量]に「0」を設定→[許容量]に「200」を設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
シアン系の色域を黄色に変換する
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[色相・彩度]を選択して、[色相・彩度1]を作成します。
[色相・彩度1]を作成
[色相・彩度1]を作成
調整レイヤーを作成すると、自動的に[属性]パネルが表示されます。
[属性]パネルを確認
[属性]パネルを確認
調整レイヤーとは?
調整レイヤーとは、ドキュメントやレイヤー単位で色調補正が行えるオプション機能です。調整レイヤーを作成することで、元画像の内容をそのまま保つことができ、設定した後でも再編集が可能になります。
[属性]パネルで、色域に[シアン系]を選択します。
[彩度]に「+50」、[明度]に「+30」を設定します。
[シアン系]を選択し暫定値を設定
[シアン系]を選択し暫定値を設定
[色相]に「−100」を入力します。
[色相]に「−100」を入力
[色相]に「−100」を入力
元画像→シアン系の色域を黄色に変換
暫定値で探る!
[色相・彩度]の設定は、葉の色域を[シアン系]と[グリーン系]に分け、色変換が単調にならないように行います。[シアン系]の操作は、葉に含まれているシアン系の色を調整するもので、葉の明るく青っぽい部分に影響します。ここでは、この明るく青っぽい部分を明るい黄色に変換したいので、予測できる暫定値を先に設定しておきます。少しの変化でも印象が変わるので、微調整は後で行いましょう。
グリーン系の色域を赤色に変換する
[属性]パネルで、色域に[グリーン系]を選択します。
[彩度]に「+50」、[明度]に「+30」を設定します。
[グリーン系]を選択し暫定値を設定
[グリーン系]を選択し暫定値を設定
[色相]に「−130」を入力します。
[色相]に「−130」を入力
[色相]に「−130」を入力
元画像→グリーン系の色域を赤色に変換
元画像(部分)→グリーン系の色域を赤色に変換(部分)
必要であれば、[色相]、[彩度]、[明度]の暫定値を微調整します。
緑の葉を秋らしく紅葉させることができた
緑の葉を秋らしく紅葉させることができた
色相でイメージに近づける!
[色相]スライダーを、さらに左側へドラッグすると、マゼンタ系の赤色になり、右側へドラッグすると、黄色から緑色へ変化します。
[色相]に「-180」を設定→[色相]に「-100」を設定
[シアン系]の[色相]を調整すると、鮮やかな緑色を混ぜることもできます。色が単調にならないように、緑色を混ぜるのも効果的です。
[色相]に「-100」を設定→[色相]に「-25」を設定
関連記事
psgips
Posted bypsgips