Photoshop養成ギプス

【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキのエンブレム

-
psgips
【ロゴ】フォントでつくる!金属メッキのエンブレム
【Photoshop講座】たとえば、実際の製品に付けられたロゴをグラフィック表現しなければならない場合、その材質や質感のイメージを損なうことなく、アレンジするテクニックが求められます。乗用車や家電製品に多く見られる「メッキのエンブレム」は、その代表的なものです。リアルなメッキの光沢感をグラフィック表現しましょう。
エッジの側面に乱反射をつくる!
金属メッキの大半は、グラデーションによる平面的な映り込みで表現できます。たとえば、具体的な像が映る「鏡面」には、グラデーションに変えて、実写の風景などを使う方法も考えられます。課題とされるのは、立体的にするエッジの側面です。通常の質感を持つオブジェクトでは、光の入射角度に対して明るくなりますが、金属メッキのオブジェクトでは逆方向にして、階調のねじれを表現することがコツです。
テキストをメッキのエンブレム風に加工
これから行う操作は、入力したテキストをメッキのエンブレム風に加工する方法です。レイヤースタイルに特定の設定値を入力することにより、リアルな金属メッキの光沢感を表現します。使用するフォントは任意で設定しますが、鏡面反射の効果が十分に発揮できる太い書体を選んでください。
画像にテキストを入力→テキストをメッキのエンブレム風に加工
ベースのフォントを入力する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:720 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。背景に敷く素材は、工法とは直接関係しないので、どんな画像でも対応できます。もちろん、白地でもかまいません。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール]パネルで、[横書き文字ツール]を選択します。
[横書き文字ツール]を選択
[横書き文字ツール]を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に「350 pt」を入力します。
[アンチエイリアスを設定]に[滑らかに]を選択します。
[アンチエイリアスを設定]に[滑らかに]を選択
[アンチエイリアスを設定]に[滑らかに]を選択
任意のフォントを設定!
作例では、「AddCityboy」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
文字を入力
文字を入力
文字の間隔を空けよう!
金属メッキの効果は、エッジの側面に乱反射する光を付けるため境界線を設けるので、隣接する文字が近いとスペースが足りなくなってしまいます。あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し空けておくと効果的です。文字列が欧文の場合は、[文字のカーニングを設定]に[オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定]に[25]を設定しておくといいでしょう。
カーニングとトラッキングを設定
カーニングとトラッキングを設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
反射する鏡面を作成する
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリック、または右クリックで、コンテキストメニューから[描画ピクセルを選択]を選択して、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
文字の選択範囲が作成されていることを確認します。
文字の選択範囲を確認
文字の選択範囲を確認
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーの[クリックでレイヤーを表示 / 非表示]をクリックして、テキストレイヤーを非表示にします。
[新規グループを作成]をクリックして、[グループ 1]を作成します。
[グループ 1]を作成
[グループ 1]を作成
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーション]を選択して、[グラデーション 1]を作成します。
[グラデーション 1]を作成
[グラデーション 1]を作成
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集]をクリックして、[グラデーションエディター]ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[グラデーションエディター]ダイアログで、グラデーションを設定して、[OK]をクリックします。
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
【設定値】
[位置:0%][不透明度:0%]
[位置:0%][不透明度:0%]
[位置:0%][カラー:(H:210° S:20% B:50%)]
[位置:49%][カラー:(H:210° S:20% B:5%)]
[位置:51%][カラー:(H:210° S:20% B:60%)]
[位置:83%][カラー:(H:0° S:0% B:100%)]
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで、[ディザ]にチェックマークを入れて、[OK]をクリックします。
[ディザ]にチェックマークを入れる
[ディザ]にチェックマークを入れる
反射する鏡面を作成することができた
反射する鏡面を作成することができた
文字の高さに合わせて調整!
グラデーションの中間点は、映り込みをイメージさせる水平線です。たとえば、大文字と小文字が混在する文字列などは、右側のハイライト部分を多く取ったり、左側のシャドウ部分を大きくとったりして、対象となる文字の高さに合わせて、それぞれのカラー分岐点の位置を調整してください。
カラー分岐点の位置を調整
カラー分岐点の位置を調整
反射する鏡面を変形する
[レイヤー]パネルで、[グラデーション 1]のレイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックし、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
文字の選択範囲が作成されていることを確認します。
文字の選択範囲を確認
文字の選択範囲を確認
[レイヤー]パネルで、[グループ 1]を選択します。
[レイヤーマスクを追加]をクリックして、レイヤーマスクを作成します。
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤー]パネルで、[グラデーション 1]を選択します。
[レイヤー]メニューから、[ラスタライズ ]→[塗りつぶし内容]を選択して適用します。すると、[グラデーション 1]がラスタライズ され、描画ピクセルに変換されます。
[グラデーション 1]を選択→[グラデーション 1]をラスタライズ
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを[レイヤーを削除]に[option(Alt)]キーを押しながらドラッグして削除します。
[option(Alt)]+ドラッグ
[option(Alt)]+ドラッグ
[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
[編集]メニューから、[変形]→[ワープ]を選択し、オプションバーで、[ワープ]に[旗]を選択します。
[カーブ]に「5」%を入力します。
[ワープ]を設定
[ワープ]を設定
[変形を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、変形を確定します。
[enter]キーを押して変形を確定
[enter]キーを押して変形を確定
反射する鏡面を変形することができた
反射する鏡面を変形することができた
複数のレイヤーに共通するマスク!
塗りつぶしレイヤーを変形したい場合、レイヤーマスクのリンクがなければ適用できません。マスク領域に変更を加えず、選択範囲内に作成したグラデーションのみを変形するには、グラデーションをラスタライズ しなければなりません。しかし、変形は詳細な調整が必要なことから、できるだけスマートオブジェクトに変換しておきたいので、そうすると、[グラデーション 1]のレイヤーマスクが邪魔になります。ここでは、あらかじめ[グループ 1]を作成し、複数のレイヤーに共通するレイヤーマスクとして、位置を変えて作り直しています。
鏡面のエッジに歪みを加える
[レイヤー]パネルで、[グループ 1]のレイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックし、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
[選択範囲]メニューから、[選択範囲を変更]→[縮小]を選択します。[選択範囲を縮小]ダイアログで、[縮小量]に「5」pixel を入力して、[OK]をクリックします。
[縮小量]に「5」pixel を入力
[縮小量]に「5」pixel を入力
文字の選択範囲を作成→選択範囲を縮小
[選択範囲]メニューから、[選択範囲を保存]を選択します。[選択範囲を保存]ダイアログで、[保存先]セクションの[ドキュメント]に[新規]を選択して、[OK]をクリックします。
[ドキュメント]に[新規]を選択
[ドキュメント]に[新規]を選択
[選択範囲を保存]を実行すると、自動的に白黒のドキュメントが開きます。
白黒のドキュメントが開く
白黒のドキュメントが開く
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「10」pixel を入力して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ファイル]メニューから、[保存]を選択し、「置き換えマップデータ.psd」という名前で保存します。
「置き換えマップデータ.psd」を保存
「置き換えマップデータ.psd」を保存
ドキュメントを表示して、[command(Ctrl)]+[D]キーを押して選択を解除します。
ドキュメントを表示して選択範囲を解除
ドキュメントを表示して選択範囲を解除
[フィルター]メニューから、[変形]→[置き換え]を選択します。[置き換え]ダイアログで、[水平比率]に「0」、[垂直比率]に「-4」を入力し、[置き換えマップデータ]に[同一サイズに拡大/縮小]、[未定義領域]に[端のピクセルを繰り返して埋める]を選択して、[OK]をクリックします。
[置き換え]ダイアログを設定
[置き換え]ダイアログを設定
[置き換えマップデータを選択]ダイアログで、保存した「置き換えマップデータ.psd」を選択して、[開く]をクリックします。
置き換えマップデータを開く
置き換えマップデータを開く
STEP 3→鏡面のエッジに歪みを加えることができた
置き換えマップデータとは?
置き換えマップデータとは、[置き換え]フィルターで使用するグレースケール画像です。ドキュメントに含まれる階調により適用度が変えられるので、意図する変形やピクセル単位の複雑な変形が可能になります。
文字の境界線を作成する
[レイヤー]パネルで、[グループ 1]を選択します。
[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[境界線]を選択して、[レイヤースタイル]ダイアログを表示します。
[境界線]を選択
[境界線]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログを表示
[レイヤースタイル]ダイアログを表示
[構造]セクションの[サイズ]に「5」pxを設定し、[位置]に[中央]を選択します。
[描画モード]に[通常]を選択し、[不透明度]に「100」%を入力します。
[塗りつぶしタイプ]の[カラー]をクリックし、[カラーピッカー]ダイアログで、[H:210° S:5% B:85%]を設定して、[OK]をクリックします。
[境界線]を設定
[境界線]を設定
STEP 4→文字の境界線を作成することができた
文字の太さによって位置を変える!
[境界線]の設定は、オブジェクトの表面を起伏させる「エッジ(側面)」の領域に見立てます。対象となる表面が細い場合には、[位置]を[外側]に設定し、太い場合には[内側]に設定して、イメージが損なわれないようにしましょう。
金属の質感を表現する
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから[ベベルとエンボス]をクリックします。
[ベベルとエンボス]をクリック
[ベベルとエンボス]をクリック
[構造]セクションの[スタイル]に[エンボス]を選択します。
[テクニック]に[滑らかに]を選択し、[深さ]に「100」%を入力して、[方向]に[下へ]を選択します。
[サイズ]に「10」px、[ソフト]に「0」px を入力します。
[ベベルとエンボス]の[構造]セクションを設定
[ベベルとエンボス]の[構造]セクションを設定
[陰影]セクションの[包括光源を使用]にチェックマークを入れ、[角度]に「120」°、[高度]に「30」°を入力します。
[光沢輪郭]に[リング]を選択し、[アンチエイリアス]にチェックマークを入れます。
[ハイライトのモード]の[不透明度]に「100」%を入力します。
[シャドウのモード]の[不透明度]に「75」%を入力します。
[ベベルとエンボス]の[陰影]セクションを設定
[ベベルとエンボス]の[陰影]セクションを設定
STEP 5→[ベベルとエンボス]を適用
オブジェクトを起伏させるエッジの陰影が作成できた
オブジェクトを起伏させるエッジの陰影が作成できた
階調のねじれを設定!
この設定は、トーンカーブに大きな起伏をつけて、階調の中間点付近を明るくし、ハイライトの手前で暗くするといった階調のねじれを設定できます。金属の質感を表現するには、このような階調のねじれが、オブジェクトの側面に必要です。
乱反射する光を加える
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから[光彩(内側)]をクリックします。
[光彩(内側)]をクリック
[光彩(内側)]をクリック
[構造]セクションの[光彩のカラーを設定]をクリックし、[カラーピッカー]ダイアログで、[H:0° S:0% B:100%(ホワイト)]を設定して、[OK]をクリックします。
[エレメント]セクションの[テクニック]に[さらにソフトに]を選択します。[ソース]に[エッジ]を選択します。
[チョーク]に「0」%、[サイズ]に「20」pxを入力します。
[構造]セクションの[不透明度]に「30」%を入力します。
[光彩(内側)]を設定
[光彩(内側)]を設定
STEP 6→乱反射する光を加えることができた
地味だが重要な効果!
[光彩(内側)]の設定は、金属メッキの質感を表現する上で極めて重要です。効果はエッジの部分から内側に向けて、設定カラーのグラデーションが描画されます。設定するコツは、まず[構造]の[不透明度]を「100」%にしておきます。[エレメント]の[サイズ]でグラデーションの距離を決定し、最後に[不透明度]を調整します。
エッジにハイライトを加える
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから[シャドウ(内側)]をクリックします。
[シャドウ(内側)]をクリック
[シャドウ(内側)]をクリック
[構造]セクションの[描画モード]に[スクリーン]を選択します。
[シャドウのカラーを設定]をクリックし、[カラーピッカー]ダイアログで、[H:0° S:0% B:100%]を設定して、[OK]をクリックします。
[不透明度]に「100」%を入力します。
ハイライトのカラーや不透明度を設定
ハイライトのカラーや不透明度を設定
[角度]の[包括光源を使用]のチェックマークを外し、[光源の角度を設定]に「-60」°を入力します。
[距離]に「7」px、[チョーク]に「0」%、[サイズ]に「1」pxを入力します。
ハイライトの角度を設定
ハイライトの角度を設定
STEP 7→エッジにハイライトを加えることができた
STEP 7→エッジにハイライトを加えることができた
角度を逆方向に!
オブジェクトに当たる光源の角度と、逆の方向に[角度]を設定することがポイントです。[サイズ]の設定は光のぼかし度です。高解像度では、「1〜2」pxを設定すると、自然な仕上がりになります。低解像度では、鮮明な「0」pxが効果的です。
影で存在感を演出する
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから[ドロップシャドウ]をクリックします。
[シャドウ(内側)]をクリック
[シャドウ(内側)]をクリック
[構造]セクションの[不透明度]に「75」%を入力します。
[角度]の[包括光源を使用]にチェックマークを入れます。
[距離]に「8」px、[スプレッド]に「25」%、[サイズ]に[8]pxを入力します。
[ドロップシャドウ]の[構造]セクションを設定
[ドロップシャドウ]の[構造]セクションを設定
すべての項目が設定できたら、[OK]をクリックします。
[OK]をクリック
[OK]をクリック
STEP 8→影で存在感を演出することができた
乗用車や家電製品に付いているようなメッキのエンブレムが表現できた
乗用車や家電製品に付いているようなメッキのエンブレムが表現できた
スプレッドとは?
[スプレッド]は、陰影の中間調を増幅させて、少し膨らんだような濃いシャドウが表現できます。[境界線]の設定で太った輪郭の調整にも役立ちます。
関連記事
psgips
Posted bypsgips