Photoshop養成ギプス

ホワイトバランス

-
psgips
ホワイトバランス
【デジタルカメラ】ホワイトバランスとは、太陽光や蛍光灯など、光源の種類に合わせた色調整をおこなう機能です。光源の種類は色温度によって分けられ、K(ケルビン)という単位で表されます。太陽光が約5500K、蛍光灯が約4500Kで、色温度は数値が高くなると青くなり、低くなると赤くなります。
光の三原色のバランスを整える!
キラリと光り輝く「スペキュラハイライト」など、わずかな領域が「白トビ」している部分は、R、G、Bカラーのそれぞれの「明度」が100%になり「真っ白な色」として画像に出力されます。ホワイトバランスのしくみは、この原理を利用したもので、被写体の白い部分の「光の三原色」が、同一の数値になるように定式化、または自動的に補正するものなのです。
ホワイトバランスを未設定にした撮影比較
適切なホワイトバランス設定をしていない場合、オート撮影でも光源の種類により大きく色調が変わることがあります。次の撮影比較は、太陽光下、蛍光灯下、電球下でオート撮影したもので、各色温度の違いにより色調の変化が顕著に現れた例です。
太陽光下
太陽光下(AOUT未設定)
蛍光灯下
蛍光灯下(AOUT未設定)
電球下
電球下(AOUT未設定)
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
光源に応じたホワイトバランスを設定する
デジタルカメラのホワイトバランスの設定は、撮影モードを[プログラムオート]、または設定メニューから[ホワイトバランス]を選び、[太陽光]、[蛍光灯]、[電球]などの光源に応じた項目を設定します。光源の種類が複数ある場合は、色かぶりが起こりやすくなるので、被写体の白い部分で色温度の調整を行いましょう。
光源の種類によるホワイトバランス設定例
光源の種類によるホワイトバランス設定例
関連記事
psgips
Posted bypsgips