Photoshop養成ギプス

【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ【3】

-
psgips
【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ【3】
【Photoshop講座】ランダムに生成した模様をベースに、トーンカーブで木目模様を刻んでいきます。表面の質感や反射する光を加えて、生木にオイルフィニッシュを施したような色に仕上げましょう。
リアルな質感を表現する!
身の周りにある木板を観察してみると、木目模様と同じ方向に流れた細かいデコボコがあります。このようなデコボコは、陰影の差で見えるものなので、直接的な色の描画を行わず、別のレイヤー上で作成したテクスチャをさりげなく合成しておくといいでしょう。ノイズによる色の変化も加えておくと、さらにリアルな質感が表現できます。
表面に質感を加える
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックし、[レイヤー 1]を作成します。[編集]メニューから[塗りつぶし]を選びます。[使用]に[50%グレー]を選択して、[OK]をクリックします。[フィルター]メニューから[スマートフィルター用に変換]を選びます。
スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
no573_01a.png
[レイヤー 1]を作成
no573_01b.png
[スマートフィルター用に変換]を確認
[フィルター]メニューから[フィルターギャラリー]を選びます。[テクスチャ]→[粒状]を選択します。
no573_02.png
[フィルターギャラリー]操作パネル
no573_03.png
[粒状]ダイアログ
[粒子の種類]に[凝集]を選択し、[密度]に「10」、[コントラスト]に「50」を設定します。
[粒状]は色の変化に仕込んでおきます。[密度]の設定値を大きくすると、色の変化が強くなります。
[新しいエフェクトレイヤー]をクリックし、[テクスチャ]→[テクスチャライザー]を選択します。
no573_04a.png
[新しいエフェクトレイヤー]をクリック
no573_04b.png
フィルター効果の複製を確認
no573_05.png
[フィルターギャラリー]操作パネル
no573_06.png
[テクスチャライザー]ダイアログ(部分)
[テクスチャ]に[砂岩]を選択し、[拡大・縮小]に「100」%、[レリーフ]に「4」、[照射方向]に[左上へ]を設定して、[OK]をクリックします。
デコボコを強くしたい場合は、[レリーフ]の設定値を大きくしてください。
no573_07c.png
[ぼかし(移動)]ダイアログ
[フィルター]メニューから[ぼかし]→[ぼかし(移動)]を選びます。[角度]に「0」°、[距離]に「16」pixelを設定して、[OK]をクリックします。
no573_07a.png
[スマートフィルター]適用前(部分拡大)
no573_07b.png
[スマートフィルター]適用後(部分拡大)
[レイヤー]パネルで、描画モードに[オーバーレイ]を設定します。
[スマートフィルター]に適用したフィルターは、適用順にリスト表示されます。
no573_08a.png
[スマートフィルター]を確認
no573_08b.png
描画モードを[オーバーレイ]に設定
no573_09a.png
[スマートフィルター]適用前(部分拡大)
no573_09b.png
[スマートフィルター]適用後(部分拡大)
単調でフラットだった木目模様の表面に、木の質感を加えることができました。
効果の結果が確認しにくい場合は、描画モードを[オーバーレイ]に設定してから、[スマートフィルター]の各設定を見直してください。
【スタイル】木・木目調【フリー】
大好評!「木目調」レイヤースタイル公開中!
「Photoshop養成ギプス」のオリジナルレイヤースタイルをダウンロードすると、文字や図形に多彩な効果がワンクリックで適用できます。
関連記事
psgips
Posted bypsgips