Photoshop養成ギプス

【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎【1】

-
psgips
【テクスチャ】ゼロからつくる!大爆発の炎【1】
【Photoshop講座】何もないところから大爆発の炎を作成します。爆発の形状はランダムに作成されるため、結果は出たとこ勝負的ですが、[雲模様 2]の適用回数により変化する形状から簡単に選べるので、きっとイメージに合った大爆発の炎が見つかるでしょう。
グラデーションで周囲を暗くする!
大爆発の形状は球体です。[雲模様 1]で作成した斑点模様に放射状のグラデーションを合成すれば、中央を明るく周囲を暗くすることができます。スマートオブジェクトや塗りつぶしレイヤーを活用すると、再編集可能な状態でこれらのベースが作成できるので、たとえば、大爆発の範囲を小さくしたい場合や、斑点模様を違うものに変えることも簡単に行えます。
大爆発の形状のベースを作成する
1024 x 768 pixelの新規画像を開きます。
新規画像を開く
新規画像を開く
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックし、[レイヤー 1]を作成します。[フィルター]メニューから[スマートフィルター用に変換]を選びます。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートフィルター用に変換]を適用すると、[背景]やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、フィルター適用後の画像が再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
[フィルター]メニューから[描画]→[雲模様 1]を適用します。
[雲模様 1]を適用
[雲模様 1]を適用
ランダムな模様を生成!
[雲模様 1]はランダムに生成されるため、適用結果は異なります。現在設定中の描画色と背景色が反映されるため、適用する前に必ず、描画色が黒、背景色が白に設定されているか確認してください。描画色と背景色を初期設定に戻すには、[ツール]パネルで、[描画色と背景色を初期設定に戻す]をクリックします。
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーション]を選びます。
[グラデーション 1]を作成
[グラデーション 1]を作成
大爆発のベースを作成!
放射状のグラデーションを用いて、中央を明るく周囲を暗くすることで、大爆発の形状のベースを作成します。[グラデーション]塗りつぶしレイヤーは、ドキュメントサイズに応じた放射状のグラデーションを簡単に作成できます。
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集]をクリックし、[グラデーションエディター]を表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[グラデーションエディター]ダイアログで、[位置:0%]に[ブラック]、[位置:100%]に[ホワイト]を設定して、[OK]をクリックします。
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
プリセットから簡単に設定する!
現在設定中の描画色と背景色が初期設定の場合、プリセットの[描画色から背景へ]を選択して設定できます。
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで、[スタイル]に[円形]を選択し、[逆方向]にチェックマークを入れ、[角度]に「0」°、[比率]に「100」%を設定して、[OK]をクリックします。
[グラデーション]を放射状に設定
[グラデーション]を放射状に設定
[レイヤー]パネルで、描画モードに[オーバーレイ]を設定します。
描画モードに[オーバーレイ]を設定
描画モードに[オーバーレイ]を設定
円形のグラデーションで、大爆発の形状に明暗が強調できました。
no582_08a.png
[グラデーション 1]を適用
no582_08b.png
背面の雲模様と合成
関連記事
psgips
Posted bypsgips