Photoshop養成ギプス

【イラスト調】ラリーカーをエアブラシアート風にする【3】

-
psgips
【イラスト調】ラリーカーをエアブラシアート風にする【3】
【Photoshop講座】モーターショーで撮影したお気に入りのラリーカーを、プラモデルのパッケージなどで見られるような、精密描写のエアブラシアート風に加工します。写真の生っぽさを軽減させ、細かいディテールを忠実に起こして、マニアックなかっこよさを追求しましょう。
階調を強調して影を起こす!
画像をシャープに補正する[アンシャープマスク]を利用して、輪郭線にハロー(光りがぼやけて見える現象)を出現させます。素材のラリーカーのようなメタリックボディには、乱反射する階調を強調することが有効な手段となります。そして、イラスト調の共通したポイントである、影を明るくフラットな印象にするには、[レベル補正]で、[出力レベル]のシャドウ点を浅く取ります。これらの組み合わせで、写真の生っぽさを軽減させます。
階調のグラデーションを強調する
[フィルター]メニューから、[シャープ]→[アンシャープマスク]を選択し、[アンシャープマスク]ダイアログで、[量]に「100」%、[半径]に「32」pixel、[しきい値]に「0」レベルを設定して、[OK]をクリックします。
[アンシャープマスク]ダイアログ
[アンシャープマスク]ダイアログ
画像がシャープになり、階調のグラデーションがスムーズな印象になりました。
ドキュメント
ドキュメント
[量]はコントラストを強める量を設定し、[半径]は階調の差を調べる範囲を設定します。[アンシャープマスク]フィルターの[しきい値]は「レベル」で表され、階調数の0~255が設定できます。先の[ぼかし(詳細)]フィルターとは性格が異なり、設定値が低いほどシャープな印象となります。
色のバランスを変えて完成
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[レベル補正]を選択して、[レベル補正 1]を作成します。
[レベル補正 1]を作成
[レベル補正 1]を作成
[レベル補正]ダイアログでは、RGB各チャンネルごとに違う数値を設定して、色のバランスを変更します。チャンネルに[レッド]を選択して、[入力レベル]に「0」「1.25」「255」、[出力レベル]に「32」「255」を設定します。
[レベル補正]ダイアログ(レッド)
[レベル補正]ダイアログ(レッド)
チャンネルに[グリーン]を選択して、[入力レベル]に「0」「1.25」「255」、[出力レベル]に「32」「255」を設定します。
[レベル補正]ダイアログ(グリーン)
[レベル補正]ダイアログ(グリーン)
チャンネルに[ブルー]を選択して、[入力レベル]に「0」「2.00」「255」、[出力レベル]に「32」「255」を設定します。
[レベル補正]ダイアログ(ブルー)
[レベル補正]ダイアログ(ブルー)
色のバランスを変えて、さらに写真の生っぽさを軽減すると、エアブラシアート風ラリーカーの完成です。
元画像と適用後の比較
元画像と適用後の比較
関連記事
psgips
Posted bypsgips