Photoshop養成ギプス

【ロゴ】フォントでつくる!紙を焦がした焼き印の文字【4】

-
psgips
【ロゴ】フォントでつくる!紙を焦がした焼き印の文字【4】
【Photoshop講座】新しい製品をアピールする手法として、検品や出荷物などのイメージがある工業的な「焼き印」をモチーフに、ジュッと焼き焦げたインパクトのある文字を作成しましょう。
●使用フォント:Swiss 721 BT Mdeium & Bold(Helvetica)
※Swiss 721 BT Mdeium & Boldは、Bitstream社製のTrueTypeフォントです。
ぼかしに膨張色を取り入れる!
焦げ色の表現は、濃い色から淡い色へ拡散するように設定しますが、これを単なる茶色の濃淡にしてしまうと、焦げ色には程遠い結果になってしまいます。拡散する方向に明度の高い黄色を設定してみましょう。黄色は膨張色なので、背景が白色の場合、視覚的にはオブジェクトに属する色ではなく、溶け込んだ背景側の色として認識されます。このような膨張色をぼかしの拡散側に取り入れると、焦げ色の効果はアップします。
グラデーションマップで着色する
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーションマップ]を選択して、[グラデーションマップ 1]を作成します。
[グラデーションエディター]ダイアログ
[グラデーションエディター]ダイアログ
[グラデーションエディター]ダイアログで、図のようなグラデーションを作成します。設定値は以下のとおりです。
[位置:0%][カラー:H32 S80 B37]
[位置:50%][カラー:H36 S53 B73]
[位置:90%][カラー:H56 S23 B100]
[位置:100%][カラー:ホワイト]
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
「焼き焦げ」の色が着色できました。
[レイヤー]パネル
[レイヤー]パネル
全体に淡いトーンをつける
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーション]を選択し、[グラデーション 1]を作成します。
[グラデーションエディター]ダイアログ
[グラデーションエディター]ダイアログ
[グラデーションエディター]ダイアログで、図のようなグラデーションを作成します。設定値は以下のとおりです。
[位置:0%][カラー:H36 S22 B62]
[位置:100%][カラー:H40 S19 B80]
[レイヤー]パネル(部分)
[レイヤー]パネル(部分)
[レイヤー]パネルで、[描画モード]に[乗算]、[不透明度]に「30%」を設定します。
ドキュメント(部分)
ドキュメント(部分)
紙色を表す淡いトーンが着色できました。
関連記事
psgips
Posted bypsgips