Photoshop養成ギプス

【ファイルの配置】文字をパースに合わせて変形する【シェイプに変換】

-
psgips
【ファイルの配置】文字をパースに合わせて変形する【シェイプに変換】
【Photoshop講座】[文字ツール]で入力したテキストにパースを付けるには、[ワープ]のカスタム設定を使用すれば可能です。しかし、この方法では、どうしても違和感が出てしまうし、微調整するのもひと苦労です。テキストレイヤーを[シェイプに変換]でアウトライン化することで、遠近法に忠実な変形が一度で行えます。
デジカメで撮影した画像に合わせよう!
[シェイプに変換]を使用するメリットは、遠近法に忠実な変形が行えることです。遠近法とは、「三点透視図法」に代表されるように、幅、高さ、奥行きの構造線が、遠くへ行くほど1点に集約するものです。これを勘に頼って変形するには、かなりの能力と労力を必要としますよね? いや、不可能と言ってもいいでしょう。
しかし、身の回りの物体や風景には、当たり前のように遠近法の構造線が含まれています。デジカメで撮影した画像のパースに合わせれば、正確な変形が簡単にできます。
ケーキ箱にテキストを貼り付ける
これから行う操作は、撮影した無地のケーキ箱にテキスト(店名などの文字要素)を貼り付ける方法です。テキストレイヤーに[シェイプに変換]を適用し、素材画像のパースに忠実な変形を加えて、違和感のない画像合成を行うことを目的とします。
元画像→パースに合わせて文字を変形
新規ドキュメントを作成する
[ファイル]→[新規]を選択します。[新規ドキュメント]ダイアログで、[幅:512 pixel]、[高さ:256 pixel]、[解像度:72 pixel]、[カラーモード:RGB カラー]を設定して、[作成]をクリックします。
[新規ドキュメント]ダイアログを設定
[新規ドキュメント]ダイアログを設定
新規ドキュメントを作成
新規ドキュメントを作成
ケーキ箱と同じ比率のデザイン紙面!
ここで作成する新規ドキュメントは、撮影した無地のケーキ箱の実際の比率を算出したものです。比率が面倒なら、mm 単位などの寸法で設定しましょう。同じ比率であれば、どんなドキュメントサイズでもかまいません。
ケーキ箱の実際の比率を算出
ケーキ箱の実際の比率を算出
作例では、ケーキ箱の前面の縦横寸法を計測した結果、1:2の比率だったので、[幅]に「512」pixel、[高さ]に「256」pixel を設定しています。
[表示]メニューから、[表示・非表示]→[グリッド]を選択、または[command(Ctrl)]+[@]キーを押して、[グリッド]を表示します。
レイアウトに必要な[グリッド]を表示
レイアウトに必要な[グリッド]を表示
グリッドを設定しよう!
ここでは、[グリッド線]に「64」pixel、[分割数]に「4」を設定しています。[グリッド]の設定は、[Photoshop(編集)]メニューから、[環境設定]→[ガイド・グリッド・スライス]を選択します。
[環境設定]ダイアログでグリッドを設定
[環境設定]ダイアログでグリッドを設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字を入力する
[レイヤー]パネルで、[新規グループを作成]をクリックして、[グループ 1]を作成します。
[グループ 1]を作成
[グループ 1]を作成
デザイン紙面をひとつのグループに!
グループの作成は、複数のデザイン要素をひとつにまとめる役割と、デザイン紙面の領域を決める重要な役割があります。グループ単位での移動も行うので、わかりやすい名前に変更しておきましょう。作例では「confort_logo」を入力しました。
ケーキ箱の実際の比率を算出
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。
[横書き文字ツール]を選択
[横書き文字ツール]を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に「60 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定]に「60 pt」を入力
[フォントサイズを設定]に「60 pt」を入力
ドキュメント内をクリックして文字を入力します。ここでは「Confort」を入力しました。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
同様にして他の文字を入力し、サイズや文字間などを調整して、デザイン紙面を決定します。
デザイン紙面を決定
デザイン紙面を決定
すべてのテキストレイヤーが、グループ「confort_logo」内に作成されていることを確認します。
テキストレイヤーを確認
テキストレイヤーを確認
任意のフォントを設定!
作例では、「Lucida Bright」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
テキストレイヤーをシェイプに変換する
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーを選択します。
テキストレイヤーを選択
テキストレイヤーを選択
[書式]メニューから、[シェイプに変換]を選択して適用します。すると、文字のアウトライン上にパスのアンカーポイントが表示されます。※ベクトル系ツールの選択時のみです。
アンカーポイントが表示される
アンカーポイントが表示される
テキストレイヤーをシェイプに変換
文字のアウトラインパスを作成!
[シェイプに変換]とは、テキストレイヤーの文字をアウトライン化したパスに変換することです。アウトライン? パス? 聞きなれない言葉かもしれませんが、ベクトル画像の分野では基本的な操作です。
テキストレイヤーには、フォントやサイズなどの文字情報が保存されていますが、[シェイプに変換]を適用すると、それらの文字情報から図形情報に変換し、アウトライン化したパスをシェイプレイヤーとして保存します。文字からオブジェクトに変わるワケです。それまでの文字情報は破棄されます。
同様にして他のテキストレイヤーもシェイプに変換します。
すべてのテキストレイヤーをシェイプに変換※図はイメージです。
すべてのテキストレイヤーをシェイプに変換 ※図はイメージです。
複数をまとめて変換できる!
[シェイプに変換]は、選択したすべてのレイヤーに適用できます。複数のレイヤーを選択する場合は、[レイヤー]パネルで、レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックします。
デザイン紙面のアタリを作成する
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックし、[レイヤー 1]を作成します。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[ホワイト]を選択し、[OK]をクリックします。
[塗りつぶし]ダイアログを設定
[塗りつぶし]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、[不透明度]に「30%」を入力します。すると、[ホワイト]で塗りつぶされたレイヤーから、文字が見えるようになります。
[不透明度]に「30%」を入力
[不透明度]に「30%」を入力
文字が見えるようになった
文字が見えるようになった
重要な役割を担うレイヤー!
[レイヤー 1]の役割は、仕上げサイズ(箱の外観)内での塗りの領域を確認するためのものです。この[レイヤー 1]がないと、他のドキュメントに複製したとき、実質的なオブジェクトの領域だけになり、デザイン紙面の領域を失ってしまいます。ドキュメントサイズで塗りつぶしたレイヤーは、[グループ]で一括して変形する場合、パースを合わせる重要な役割を担っています。
グループをドラッグ&ドロップする
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1600 pixel]、[高さ:1200 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGB カラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ウィンドウ]メニューから、[アレンジ]→[2アップ - 縦]を選択します。
デザイン紙面のドキュメントをクリックして選択します。
2つのドキュメントを並べて表示
2つのドキュメントを並べて表示
[レイヤー]パネルで、グループの内容を折りたたみます。
[∨]をクリック→グループを折りたたむ
[グループ]フォルダを、文字を貼付ける元画像にドラッグ&ドロップします。
[グループ]フォルダをドラッグ&ドロップ
[グループ]フォルダをドラッグ&ドロップ
[グループ]のデザイン紙面が配置されたことを確認します。
配置されたデザイン紙面を確認
配置されたデザイン紙面を確認
[グループ]フォルダを確認
[グループ]フォルダを確認
分離したウィンドウも可能!
[グループ]のドラッグ&ドロップは、画像ウィンドウを切り離して、2つのウィンドウを並べても行えます。ドロップした際に、画像の領域外にはみ出してしまうこともあるので注意しましょう。
デザイン紙面を変形する
[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして、デザイン紙面の左上を箱の前面の左上コーナーに合わせます。
箱の前面の左上コーナーに合わせる
箱の前面の左上コーナーに合わせる
[編集]メニューから、[変形]→[自由変形]を選択、または[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
ハンドルを[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして、箱の前面のパース形状に合わせます。
バウンディングボックスのコーナーを合わせる
バウンディングボックスのコーナーを合わせる
バウンディングボックスの調整ができたら、[enter]キーを押して変形を確定します。
4辺のハンドルを[command(Ctrl)]+ドラッグして調整
4辺のハンドルを[command(Ctrl)]+ドラッグして調整
デザイン紙面の変形を確定
デザイン紙面の変形を確定
[レイヤー]パネルで、[グループ]フォルダを展開し、[レイヤー 1]の[レイヤーの表示 / 非表示]をクリックして、レイヤーを非表示、または[レイヤーを削除]にドラッグして削除します。
[レイヤーの表示 / 非表示]をクリック
[レイヤーの表示 / 非表示]をクリック
デザイン紙面に忠実なパースの変形が行えた
デザイン紙面に忠実なパースの変形が行えた
デザイン紙面を他に使用する!
ここでは、ひとつの素材に貼り付けることを前提としていますが、デザイン紙面をシチュエーションが異なる素材に複数使用する場合は、変形のアタリ(レイヤー 1)をシェイプで作成しておく方が便利です。その際は、ドキュメントの端にしっかりスナップさせておきましょう。
共通したカラーを一括して設定する
[レイヤー]パネルで、[グループ]フォルダを折りたたんで選択します。
[レイヤースタイルを追加]をクリックして、メニューから、[カラーオーバーレイ]を選択します。
[カラーオーバーレイ]を選択
[カラーオーバーレイ]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログで、[表示色]セクションの[オーバーレイのカラーを設定]をクリックして、[カラーピッカー]ダイアログを表示します。
[オーバーレイのカラーを設定]をクリック
[オーバーレイのカラーを設定]をクリック
[カラーピッカー]ダイアログで、新しい色に[H:30° S:50% B:45%]を入力して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[レイヤースタイル]ダイアログで、[OK]をクリックします。
[レイヤースタイル]ダイアログで[OK]をクリック
[レイヤースタイル]ダイアログで[OK]をクリック
共通したカラーを一括して設定することができた
共通したカラーを一括して設定することができた
レイヤーオブジェクトに色をつける!
レイヤースタイルの[カラーオーバーレイ]は、レイヤーオブジェクト(塗りの部分)に色をつけることができます。なので、元のシェイプレイヤーのカラーが何色に設定されていても、上からおかまいなく色がつけられるワケです。レイヤースタイルは、グループにも追加できるので、共通したカラーを一括して設定する場合に適しています。
関連記事
psgips
Posted bypsgips