Photoshop養成ギプス

【グラデーション】ディザの有効と無効の違い【オプション】

-
psgips
no88_00.png
【Photoshop基本操作】ディザ(ディザリング)とは、ふたつの単色パターン(粒状のドット)を使って混色を表すことです。たとえば、黄色で塗りつぶされた領域に、赤色のドットが追加されるとオレンジ色に見える…という視覚効果を利用し、ドットの密度により混色の階調(グラデーション)がつくり出せます。
ディザは「有効」にしておこう!
[グラデーションツール]などの設定項目にある[ディザ]。初期設定ではチェックマークが外してあるけど、入れても変化はなさそうだし、「いったいディザって何だ?」って思っていませんか?実はグラデーションには、縞状になってしまう性質があって、[ディザ]はこれを防ぐためのオプションなのです。
ディザを「有効」にする操作
ディザは、グラデーションに関する機能に含まれているオプション項目です。主な機能は[グラデーションツール]、[グラデーション]塗りつぶしレイヤー、[グラデーションマップ]調整レイヤー、レイヤースタイルの[グラデーションオーバーレイ]、および[境界線]の[グラデーション]などがあります。また、[Web用に保存]の設定で、[誤差拡散法]というオプション項目がありますが、これもディザの処理に含まれます。
[グラデーションツール]のオプションバーに[ディザ]という項目があり、ここにチェックマークが入っているとディザ処理が「有効」になります。
グラデーションツール
グラデーションツール
ディザを有効
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログに[ディザ]という項目があり、ここにチェックマークが入っているとディザ処理が「有効」になります。
ディザを有効
ディザを有効
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!グラデーションの作り方
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。
ディザを有効にした場合のメリット
ディザを「有効」にしたグラデーションを作成すると、グラデーションを限られた色のパターン(ピクセルドットで間引かれた粒子)にして、階調が段階的な縞状になってしまう現象「バウンディング」を防ぎます。
ディザを「無効」→ディザを「無効」(概念図)
ディザを「有効」→ディザを「有効」(概念図)
なぜ「無効」があるのか?
パソコンが表示できる色(8-bit / チャンネル画像)には限りがあるので、画素(ドット)を基点にした考えでグラデーションを綺麗に見せる処理が[ディザ]です。
しかし、これはあらゆる対象物に当てはまる訳ではなく、ディザ処理されるパターンが適していない場合もあります。また、ディザを有効にすることで、ファイルサイズが大きくなり、表示スピードも遅くなるというデメリットもあります。グラデーションを綺麗に見せるより、優先されることの方が多いかも?
関連記事
psgips
Posted bypsgips