AFロック

-
psgips
icon_camera.jpg
【デジタルカメラ】AFロックとは、オートフォーカス機能を固定して撮影する方法です。[AF(オートフォーカス)]は、測距枠(ターゲットフレーム)内のものにピントを合わせるため、被写体が画面内(ファインダー)の中央にないときなどは、被写体以外の部分(背景)にピントが合ってしまうことがあります。これを防ぐテクニックとしてAFロックがあります。
AFロックの操作方法
ピントを合わせたい人物などの被写体を測距枠内に捉えます。シャッターボタンを“半押し”すると[AF(オートフォーカス)]機能が働き、自動的にピントが合います。シャッターボタンを半押しのまま任意の構図に移動して撮影を行います
AFロック01
1.被写体を画面内(ファインダー)の真ん中(測距枠内)で捉えシャッターボタンを“半押し”します。
AFロック02
2.[AF(オートフォーカス)]が被写体にピントを合わせると画面内(ファインダー)に緑色のランプが点灯しAFロックの状態になります。
AFロック03
3.シャッターボタンを半押しのまま任意の構図に移動します。シャッターボタンをさらに押し込んで撮影します。
関連記事
psgips
Posted bypsgips